· 

【完全解説】ルドルフ・ジュリアーニ「犯罪を撲滅させ同時多発テロ時に評価をあげた「アメリカの市長」」

ルドルフ・ジュリアーニ / Rudy Giuliani

犯罪を撲滅させ同時多発テロ時に評価をあげた「アメリカの市長」


概要


生年月日 1944年5月28日
政党 共和党(1980-) 
合衆国准検事総長 1981年2月20日~1983年6月3日
ニューヨーク南部地区連邦検事 1983年6月3日-1989年1月1日
ニューヨーク市市長 1994年1月1日-2001年12月31日

ルドルフ・ウィリアム・ルイ・ジュリアーニ(1944年5月28日生まれ)は、1994年から2001年まで第107代ニューヨーク市長を務めたアメリカの弁護士・政治家。

 

1981年から1983年までアメリカ合衆国准検事総長、1983年から1989年までニューヨーク南部地区連邦検事を務めた。

 

ジュリアーニは、1980年代にニューヨーク市南部地区の連邦検事として、ニューヨーク市のマフィアのボスを連邦検事として起訴した。 1989年のニューヨーク市長選挙で落選したが、1993年に当選し、1997年には犯罪に対する頑強な対処を公約に掲げて再選された。

 

1994年から2001年まで市長としてニューヨークで物議を醸した「市民大掃除」を主導する。ジュリアーニ市長は、警察庁の行政と取り締まりを改革のため、ニューヨーク市の新しい警察長官に外部の人物、ウィリアム・ブラットンを任命した。

 

深刻で暴力的な犯罪者に続いて、徘徊中毒者、万引き、売春婦を引き付けるために、廃墟や破壊行為のような社会的混乱を挙げている「割れ窓理論」を採用した。

 

特に、ジュリアーニはタイムズスクエアから乞食の売人や風俗店を排除することに重点を置き、「家族の価値観」を促進し、この地域のビジネス、劇場、芸術に以前から力を入れていた地域への回帰を促した。犯罪率が全国平均を大きく上回るペースで急降下したため、ジュリアーニは広く評価されたが、後の批評家たちは他の副作用を指摘している。

 

2000年にはニューヨークからヒラリー・クリントン氏に対抗して上院選に出馬したが、前立腺がんと診断されて一度は離脱した。2001年9月11日の同時多発テロ後の市長としてのリーダーシップが評価され、「アメリカの市長」と呼ばれるようになった。

 

2001年にはタイム誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、2002年にはイギリスのエリザベス2世女王から名誉爵位を授与さた。

 

2002年、ジュリアーニはセキュリティ・コンサルティング会社ジュリアーニ・パートナーズを設立し、投資銀行会社ジュリアーニ・キャピタル・アドバイザーズを買収したが、後に売却。2005年には、ブレイスウェル&ジュリアーニと改名した法律事務所を設立。

 

2008年の共和党の大統領候補に選ばれたジュリアーニは、初期の候補者であったが、小選挙区では不振に終わり、辞退し、その後の共和党のジョン・マケイン候補を支持した。

 

2010年のニューヨーク州知事選、2012年の共和党大統領選への出馬を辞退したジュリアーニは、自身の事業会社の活動に専念する。また、公の場でのスピーチや政治的な批評、共和党の選挙活動のサポートにも頻繁に参加する。

 

2018年4月、ジュリアーニはドナルド・トランプ大統領の個人的な法務チームに加わる。トランプ氏の弁護士としての活動は、ジュリアーニが汚職や利益を得ているとの疑惑を含め、メディアの再注目を集めている。

 

2019年後半、ジュリアーニは、トランプの弾劾につながったトランプ・ウクライナスキャンダルの中心人物として、ロビー活動法に違反し、おそらく他にもいくつかの容疑で連邦捜査を受けていると報じられた。

 

2020年の大統領選挙後、ジュリアーニは不正選挙における多くの訴訟でトランプ氏の代理人を務め、投票機の不正操作、投票所の不正、国際的な共産主義者の陰謀などの訴訟をしている。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Rudy_Giuliani、2020年12月10日アクセス