· 

【まとめ・解説】法輪功の迫害「臓器狩り!中国共産党による宗教弾圧」

法輪功の迫害 / Persecution of Falun Gong

臓器狩り!中国共産党による宗教弾圧


2001年、天安門広場で警察に逮捕された法輪功学習者
2001年、天安門広場で警察に逮捕された法輪功学習者

概要


法輪功迫害は、国家無神論の教義を維持する中国共産党が1999年に始めた中国における法輪功学習者を排除するための反宗教運動である。

 

中国共産党による多面的なプロパガンダ、強制的なイデオロギー変更、再教育のプログラム、恣意的な逮捕、強制労働、身体的な拷問などのさまざまな非合法的な強制的措置が特徴で、最悪の場合は死に至ることもある。

 

法輪功は、ゆっくりとした動きの運動と瞑想を組み合わせた現代的な気功であり、誠実さ、思いやり、寛容さ(真・善・忍)を中心とした道徳的な哲学を実践する気功教室である。李洪志が1992年5月に吉林省長春市で創始した。

 

1990年代の急成長期を経て、共産党は1999年7月20日に法輪功を「根絶」する運動を開始した。

 

法輪功迫害を指導するため、「6-10官庁」と呼ばれる臨時機関が設置され、国家メディア機関、司法、警察、軍隊、教育システム、家庭、職場などを動員して法輪功への圧力を始めた。特に、テレビ、新聞、ラジオ、インターネットを通じたあらゆるメディアを通じて大規模なプロパガンダによって実行されている。

 

海外の政治学者たちは、数十万人、おそらく数百万人の法輪功学習者が、精神的な修煉を放棄することを拒否したために、労働再教育、収容所、刑務所、その他の収容施設に収容されていると推定している。

 

元受刑者の報告によると、法輪功学習者は労働収容所で一貫して「最長刑期と卑劣待遇」を受けており、いくつかの施設では、法輪功学習者が被収容者のかなりの大部分を占めている。

 

2009年の時点で、少なくとも2000人の法輪功学習者が迫害運動の中で拷問されて死亡したと報告されている。一部の国際的政治学者と司法当局は、法輪功に対する弾圧運動を大量虐殺と表現している。

 

2009年、スペインとアルゼンチンの裁判所は、中国の高官たちが法輪功の弾圧に関与したとして、大量虐殺と人道に対する罪で起訴した。

 

2006年、中国の臓器移植産業に供給するために、多くの法輪功学習者が殺害されたという疑惑が浮上している。最初の調査では、「2000年から2005年までの6年間に行われた4万1500人分の臓器移植の出所が不明である」とし、「改革しない法輪功学習者からの大規模な臓器摘出があり、現在も続いている」と結論づけた。

 

イーサン・ガットマン氏によれば、2000年から2008年までの間に、6万5000人の法輪功学習者が臓器摘出のために殺されたと推定している。

 

2008年、国連特別報告者は、「中国政府は、法輪功学習者から生きたまま臓器を奪った疑惑と、2000年以降、中国で急増している臓器移植の原因となった臓器の供給元について、十分に説明するように」との要請を繰り返している。

1999年の法輪功学習者一斉逮捕


逮捕前夜


法輪功は、法輪大法としても知られている精神的な気功法で、瞑想、エネルギー運動、仏教の伝統に基づいた道徳哲学などを教えている。

 

法輪功は、初期にはかなりの中共政府から公的支援を受けており、国営の気功協会やその他の政府機関から推進されていた。しかし、1990年代半ばになると、中国当局は気功ムーブメントの影響力を抑える方向にはじめ、国内のさまざまな気功宗派に対して、より厳格な要件を課すようになった。

 

1995年に当局は、すべての気功グループに共産党支部の設立を義務づけた。政府はまた、法輪功との関係を公式化し、法輪功の活動をより厳しく管理しようとした。しかし、法輪功は共産化に抵抗し、国営の気功協会からの完全撤退を申請した。国家との提携を断ち切ったことで、国の治安機関やプロパガンダ部門からの批判や監視が強まっていった。

 

1996年7月には、法輪功の書籍の出版が禁止され、公式の報道機関は、法輪功を「封建的迷信」の一形態であると批判し始めた。その「神学的」な志向は、公式のイデオロギーや国家的なアジェンダとは相反するものだった。

 

緊張は1990年代後半までエスカレートし続けた。1999年の調査によると、中国では7000万人もの人々が法輪功を修煉していると推定されている。

 

1999年4月22日、天津市で数十人の法輪功学習者が平和的な座り込みをしていた時、殴られて逮捕された。修煉者は、公安部からの逮捕命令を受け、逮捕された者は北京当局の許可がなければ釈放できないと言われた。

 

4月25日、1万人以上の法輪功学習者が北京の中南海政府施設の近くに平和的に集まり、天津学習者の釈放との法輪功への嫌がらせの終止を要求した。

 

今回の中南海での大規模デモは、中国の歴史上初めてのものであり、1989年以来、北京での最大の抗議行動であった。法輪功の代表者数人が当時の朱鎔基総統と会い、政府は法輪功に反対していないと保証し、天津の学習者を釈放することを約束した。外にいた群衆は平和的に分散し、自分たちのデモが成功したと信じていた。

 

安全保障上の問題を解決するために、中国共産党の江沢民総書記に法輪功問題の断固とした解決策を見つけることを求めた。

一斉逮捕の開始


1999年4月25日の夜、当時の共産党の江沢民総書記は、法輪功の壊滅を望む書簡を発表した。その書簡は、法輪功の人気、特に共産党員の間での人気に警鐘を鳴らしていた。彼は、中南海抗議を「1989年の「6月4日の政変」以来、最も深刻な政治的事件」と呼んだと伝えられている。

 

1999年6月7日の政治局の会議で、江氏は法輪功を共産党の権威に対する重大な脅威であるとし、「50年前の創建以来、国内では前例のないこと」とし、高度委員会を設立して「法輪功の解体作業の準備」を命じた。

 

取り締まりが間近に迫っているという噂が中国全土に流れ始めた。政府はこの報道を公に否定し、「完全に根拠がない」とし、気功活動を禁止しないと断言した。

 

しかし、1999年7月20日午前0時過ぎ、公安は中国各地の都市で数百人の法輪功学習者を自宅から一斉逮捕した。逮捕者の数は、数百人から5,600人以上と推定されている。香港の新聞によると、取り締まりの最初の週には、5万人が拘束されたという。

 

北京の法輪功コーディネーターは「国家機密漏洩」の罪で逮捕され、すぐに裁判にかけられた。公安局は教会、寺院、モスク、新聞、メディア、裁判所、警察に法輪功の弾圧を命じた。

 

その後、三日間に渡って、三十数都市で修煉者による大規模なデモが行われた。北京やその他の都市では、デモ参加者はスポーツスタジアムに勾留された。

 

国営新聞の社説は、人々に法輪功の修煉を諦めるよう促し、特に共産党員は、自分たちは無神論者であり、「法輪功の修煉を続けることで迷信的になることを許してはならない」と注意を促した。

 

李洪志は7月22日、声明を発表した。

 

「我々は今は政府に反対しているわけではないし、今後も反対することはない。他の人々は私たちをひどく扱うかもしれませんが、私たちは他の人々をひどく扱ったり、敵として扱ったりはしません。私たちは、中国で起きている現在の危機を解決するために、世界中のすべての政府、国際機関、善意の人々に、私たちに支援と援助を拡大するよう呼びかけています」

弾圧の理由


海外の観察者たちは、法輪功を弾圧する中国共産党の論理的根拠を、さまざまな要因に基づいて説明しようとしている。

 

その中には、法輪功の人気、国家からの独立性、党の路線に従わないこと、共産党内の権力政治、法輪功の道徳的、精神的な内容が共産党のマルクス・レーニン主義の無神論と対立していることなどがある。

 

ある党幹部は何年にもわたって活動を取り締まることを望んでたが、中南海での抗議行動が起こるまでは、取り締まるのに十分な理由がなかったためできなかった。

 

また、事件発生時には、政治局内にも亀裂があったと言われている。Willy Wo-Lap Lam氏は、江氏の法輪功に対する運動は、江氏自身への党幹部への忠誠を強化するために利用されたのではないかと書いている。ある党のベテランの発言を引用して、「毛沢東的な運動を行うことで、江氏は上級幹部に彼の路線への忠誠を誓わせている」と述べている。

 

ワシントン・ポスト紙によれば、「江沢民は一人で法輪功を排除しなければならないと決定した」とし、「彼は簡単な標的だと思ったものを選んだ」と述べている。

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、法輪功の取り締まりは、中国共産党が宗教を根絶しようとした歴史的な努力を反映していると指摘している。

法輪功撲滅機関「610弁功室」の創設


中国当局は法輪功を弾圧するために1999年に6月10日、共産党主導の保安機関である610弁公室を設立し、法輪功の撲滅計画の遂行にあたった。この事務所は、いかなる立法でも作られものではなく、その正確な職務権限を記載した規定もない。このため、法律外の組織と表現されることもある。

 

それにもかかわらず、UCLAのジェームズ・トン教授によれば、その任務は「中央および地方、党および州機関とやり取りすることであり、設立された事務所と緊密に連携して行動するよう求められていた」という。

 

610弁公室の局長は「政府と党の高官に電話をかけることができ、制度的な資源を利用できる」とし、共産党書記長や首相らと個人的に接触することができるという。室長は共産党の政治部または政治部常任委員会の高位委員が所長を務め、 中国共産党の強力な政治立法委員会と密接な関係がある。

 

中央の610弁公室が設立されて間もなく、地方、区、市、時には近隣の行政レベルなど、法輪功学習者の人口が存在するところでは、各行政レベルに地方支部が設立された。いくつかの例では、大企業や大学の中に610事務局が設置されている。

 

610弁公室のおもな機能は、反法輪功プロパガンダ、監視と情報収集、法輪功学習者の処罰と「再教育」などである。この事務所は、法輪功学習者の超法規的な判決、強制的な再教育、拷問、時には死刑にも関与していると言われている。

 

法輪功弾圧の報道でピューリッツァー賞を受賞したジャーナリストのイアン・ジョンソン氏は、「610弁公室」の仕事は「国内のフレキシブルな社会組織を動員すること」であると書いている。公安局の命令で、教会、寺院、モスク、新聞、メディア、裁判所、警察は政府の計画の素早く追従し、「法輪功を鎮圧するために、どんな過剰な措置もとらない」姿勢をみせた。

法輪功の撲滅と焚書


1999年7月から、中国当局は法輪功を取り締まるための措置を規定した通達と回覧板を発行し、信仰の実践と表現を制限した。

 

・1999年7月22日、民政部は法輪功が無登録(違法)団体であることを宣言する回覧を発表した。

 

・1999年7月22日、公安部は法輪功の実践と伝導を禁止する回覧を発表し、禁止に反対する請願や政府の決定に反対を禁止した。

 

・1999年7月、人事部はすべての公務員が法輪功を修煉することを禁止することを明記した回覧文書を発行。その後の文書では、地方政府部門に「法輪功を修煉した公務員を解雇する」ように指示。

 

・1999年7月26日、公安部は法輪功に関連するすべての出版物の没収と破壊を要求。法輪功の書籍は、細断され、焼却され、ブルドーザーで破壊された。

・1999年7月29日、北京市司法局は弁護士が法輪功学習者を弁護することを禁止する通達を出した。司法部はまた、弁護士が無断で法輪功学習者を弁護してはならないとの指示を出した。

 

・1999年10月30日、全国人民代表大会は、中国全土の「異宗派宗教」を弾圧するための法令(刑法第300条)を改正した。この法律は、「国家にとって危険な存在」とみなされた霊的集団の迫害を遡及的に合法化するためのものである。大規模な集会を禁止し、宗教団体や気功団体が複数の省にまたがって組織したり、海外の団体と連携したりすることを禁止した。

 

・1999年11月5日、最高人民法院は地方裁判所に「異端の組織、特に法輪功を組織したり、利用したりした」罪で起訴された人々の事件を処理するように通知を出した。それは、法輪功学習者を「中国を分裂させる活動を扇動し、民族の団結を危うくし、社会主義体制を破壊する」などの罪で起訴することである。

 

人権専門家や法律専門家は、迫害のために制定された公式の指令や法律文書は国際的な法的基準を満たしておらず、中国独自の憲法の規定に違反していると述べている。

臓器移植産業に法輪功学習者が関与


ギルゴール・マタス報告書


2006年、中国の臓器移植産業に供給するために、多くの法輪功学習者が殺害されたという疑惑が浮上した。これらの疑惑は、カナダの元国務長官デービット・キルガー氏と人権弁護士デービッド・マタス氏による調査を促すことになった。

 

キルガー・マタス報告書は2006年7月、「2000年から2005年までの6年間の4万1500件の移植の出所がわからない」とし、「中国政府とその機関は、1999年以来、国内の多くの地域、特に病院だけでなく、拘置所や「人民法廷」で、多くの未知数の法輪功学習者を死刑にしてきた」と結論づけている。

 

キルガー・マタスの報告書では、中国では臓器の待ち時間が非常に短いことに注目している。カナダでは32.5ヶ月であるのに対し、中国では肝臓は1~2週間であることから、臓器が需要に応じて調達されているという。また、1999年から始まった中国での年間臓器移植数の大幅な増加は、法輪功への迫害が始まった年に対応しているという。

 

中国はいまやアメリカに次ぐ世界第2位の移植大国だ。ところが、ドナー(臓器提供者)の報告がされることもほとんどなかった。しかも、外国人患者向けの臓器移植のあっせん(売買)サイトが多数存在し、肝臓=1000万円~、腎臓=600万円~、心臓=1300万円~、角膜=300万円~などと臓器別の値段を明示し「若くて新鮮な臓器が、早ければ数週間以内に見つかる」などとアピールしている。

 

キルガー氏とマタス氏は、中国の移植センターのウェブサイトで、生きているドナーの臓器がすぐに手に入ることを宣伝している証拠資料と、病院が移植希望者に法輪功の臓器を手に入れることができると伝えた電話インタビューの記録も提出した。

 

彼らの報告書の更新版は2009年に書籍として出版された。日本でも翻訳され2013年に出版されている。キルガー氏は、2016年に680ページに及ぶ報告書でこの調査をアップデートした。Wikipediaのキルガー・マタス報告書を参照。

 

マタス氏は日本にも臓器問題をよびかけてる。

「中国の移植業界と日本とは深いつながりがある。日本人向けの移植ツーリズムの需要に応えた移植センターは、日本の移植ブローカーと連携している。日本で移植技術を学んだ移植外科医も多い。中国は日本から大量の移植関連薬剤を輸入してきた。日本政府が一部資金を提供している中国の移植病院もある。私が報告書を発表してから10年以上経過したが、中国の移植乱用に関して日本が共犯となることを避けるための措置はとられていない。日本の官僚も医療界も、何もしない。日本が何も言わず、何もせず、何も知らないと主張する理由は、能力が不足しているからではないはずだ。見て見ぬフリをしているだけだ。それは沈黙という共謀になる」(マタス氏)

 

■参考文献

中国、人民を殺害し臓器収奪&移植ビジネスの疑惑…病院地下に4千人仮死状態との証言

 

 

ガットマンの調査


2014年には、調査ジャーナリストのイーサン・ガットマン氏が独自の調査結果を発表した。 ガットマン氏は、中国の労働収容所や刑務所に収容されていた元抑留者のほか、中国の移植実務に詳しい元治安担当者や医療関係者への広範なインタビューを実施した。

 

ガットマン氏は、政治犯の臓器採取は1990年代に新疆ウイグル自治区で始まった可能性が高く、その後、全国に広がっていったと報告した。

 

ガットマン氏は、2000年から2008年までの間に、約64,000人の法輪功の囚人が臓器のために殺された可能性があると推定している。

 

2016年、研究者らは、中国で行われている臓器移植の数はこれまで考えられていたよりもはるかに多く、不正な臓器採取による死亡者は150万人にも上る可能性があることを示す研究結果の共同更新版を発表した。 789ページに及ぶこの報告書は、中国の数百の移植病院の記録を分析したものである。

 

2005年12月と2006年11月、中国の副衛生相は、死刑囚から臓器を取り出して移植するという行為が広まっていることを認めた。

 

しかし、中国当局は、法輪功学習者の臓器が採取されていることを否定し、中国は世界保健機関(WHO)の原則を遵守していると主張している。

 

2008年5月、2人の国連特別報告者は、中国当局に対し、疑惑に適切に対応し、2000年以降、中国で臓器移植が急増している理由となる臓器の入手先を明らかにするよう、改めて要請した。

 

2019年6月、中国の良心的囚人からの強制的な臓器採取について調査するために設立された「中国法廷」と名付けられたロンドンの独立法廷は、法輪功のメンバーが臓器のために中国に殺害され続けていると述べている。

 

同法廷は、少なくとも20年以上前から中国で臓器の強制採取が行われているという明確な証拠があると述べた。約1年にわたり中国の臓器収奪問題について50人以上の証言と調査の結果を審議し、議長(元検事総長ジェフリー・ナイス卿)は、中国では移植手術の供給のために臓器収奪が行われているとの事実を、ほぼ認定した。

 

 

 

中国は2015年に死刑囚の臓器使用を停止したと主張し、告発を繰り返し否定してきた。しかし、中国法廷の弁護士や専門家は、投獄された法輪功会員が強制的に臓器を採取する「おそらく主な供給源」であり、今もなお行われていると確信しているという。

法輪功学習者への拷問と超法規的殺人


更生キャンペーン


共産党のキャンペーンの重要な要素は、法輪功学習者の再教育または「更生」である。更生とは、「イデオロギーの更生過程において、修煉者は法輪功への信仰を撤回するまでさまざまな肉体的または心理的方法を使うこと」と説明している。

 

更生のプロセスは通常、刑務所、労働収容所、再教育センターなどの収容施設で行われる。2001年、中国当局は、法輪功学習者に信仰を放棄させるための強制的な措置を命じた。

 

最もアクティブな修煉者は、直接労働収容所に送られ、殴打をはじめ、さまざまな拷問を受けた。元囚人の報告によると、看守は「いかなる手段も過大ではない」と言い、脱会陳述をさせるよう誘導する。法輪功の脱会を拒否した修煉者は、拘束中に殺されることもあるという。

 

法輪功学習者が5つの文書に署名すると、更生に成功したと考えられている。すなわち、法輪功の修煉をやめる「保証」、修煉との関係を断つことを約束する文書、自分の行動と考え方を批判する2つの自己批判文書、法輪功の教義を批判する文書である。

 

脱会の誠意を示すために修煉者は聴衆の前で、またはビデオテープで法輪功を誹謗するように命じられる。これらの記録は、プロパガンダ活動の一環として、国営メディアによって利用されることもある。

 

一部の収容所では、新たに再教育を受けた者は、法輪功の教えを完全に放棄したことを証明するために、他の修煉者に対して身体的虐待を含めた更生に参加させられることもある。

 

更生プロセスに関する説明は、2001年にワシントン・ポストに掲載された。

 

北京西部の警察署では、晩陽さんは裸にされ5時間の尋問を受けた。「もし間違って答えた場合は、つまり「はい」と言わなかった場合、彼らはスタンガンで虐待した」と彼ははなしている。

 

その後、彼は北京の西部郊外の労働キャンプに移された。そこで、看守は彼に壁に直面して立つように命じた。彼が動けば、彼らは彼に打撃を与えた。彼が疲労から倒れれば、さらに打撃を与えた。

 

毎朝、5分で食事をしてほっとする時間があったという。「間に合わなかったらパンツの中に入れた」と彼は言った。「それもショックだった」と彼は言った。

 

6日目までに、彼は顔から3インチの壁を見つめていると、まっすぐに見えなくなったと言っている。膝はより多くの衝撃と殴打で座屈した。彼は看守の要求に屈することになった。

 

それからの三日間、彼は壁に向かって叫びながら、法輪功の教えを糾弾した。将校たちは彼の体にショックを与え続け、彼は定期的に体を痛め続けられた。最後の10日目に、晩陽さんが法輪功を否定すると十分に誠意があると判断された。

 

その後、ほかの法輪功の受刑者のグループの前に連れて行かれ、ビデオカメラが回る中、もう一度法輪功を拒否するよう促された。彼はは刑務所を出て、洗脳教室に入った。20日後、彼は一日16時間法輪功を糾弾した後、「卒業」した。

 

「私への圧力は信じられないほどのものだった。この2年間で、私は人間ができることの中で最悪のものを見てきました。私たちは本当に地球上で最悪の動物です」と話している。

 

法輪功学習者の更生努力は、中央共産党当局が610弁公室を介して発した奨励や指示で進められている。地方政府と収容施設の担当者には、何人の法輪功学習者の更生を成功させなければならないかを規定したノルマが与えられている。

 

このノルマを達成すると、昇進と金銭的な報酬が与えられ、政府が設定した目標を達成した職員には「手厚いボーナス」が与えられ、達成できなかった職員は降格させられる。

 

中央610弁公室は、定期的に新しい更生キャンペーンを実施して、ノルマを改定し、新しい方法を広めています。2010年には、多くの法輪功学習者を更生させるために、全国で3年間のキャンペーンを開始した。

 

党と地方政府のウェブサイトに掲載された文書には、具体的な更生目標が記載されており、「再発」の許容率に制限が設けられている。2013年には、同様の三年間のキャンペーンが開始された。

拘留中の拷問と虐待


更生の目標を達成するために、政府は法輪功学習者に対する拷問と暴力の組織的な使用を認可した。アムネスティ・インターナショナルは、「『更生』プロセスに協力しない抑留者は、拷問やその他の虐待を受け......ますます深刻になるだろう」と書いている。

 

ソフトな拷問では、眠らせない、家族に対する脅迫、衛生設備やトイレへの使用の禁止などが含まれている。

 

肉体的な虐待になると、殴打、24時間監視、独房監禁、電気棒による電気ショック、虐待的な強制給餌、拷問台、ベッドに縛り付ける「タイガー・ベンチ」へとエスカレートしていく。

 

2000年以降、国連の「拷問に関する特別報告者」は、中国での拷問事件を314件、1,160人以上を記録している。法輪功学習者は報告された拷問事件の66%を占めているという。

超法規的殺人


法輪大法情報センターの報告によると、3700人以上の法輪功学習者が、一般的には、自分の信念を撤回することを拒否した後拷問や虐待を受けて死亡したという。

 

アムネスティ・インターナショナルは、この数字は「多くの家族が法的な救済を求めたり、組織的に海外の情報源に知らせたりしていないため、身柄拘束中の実際の死亡者数のごく一部に過ぎない」と指摘している。

 

死亡者の大半は、中国東北部、四川省、北京周辺地域で発生している。

 

欧米の報道で最初に報道された拷問死は、山東省の引退した工場労働者、陳子秀さんの拷問死だった。イアン・ジョンソン氏は、労働収容所の看守が彼女に牛の棒で打撃を与え、法輪功から脱会させようとしたことを報告した。

 

彼女が拒否すると当局は陳に雪の中を裸足で走るように命じたという。二日間の拷問の結果、彼女の足はあざができ、黒い髪は膿と血で絡み合った状態になっていた。その後、意識を取り戻すことはなく、陳さんは2000年2月21日に亡くなった。

 

2005年6月16日、遼寧省の会計士、高栄栄さん(37歳)が拘束中に拷問で死亡した。高さんは死の2年前、龍山強制労働収容所に投獄され、電気ショックの棒でひどく体を傷つけられていた。高さんは二階の窓から飛び降りて労働収容所を脱出し、焼けただれた顔の写真が公開された。その後、彼女は当局による奪還の標的となった。彼女は2005年3月6日に再び拘束され、わずか3ヶ月後に殺害された。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Persecution_of_Falun_Gong、2020年6月3日アクセス