· 

中国人民解放軍「中国共産党が所有する21世紀型軍隊」

中国人民解放軍 / People's Liberation Army

中国共産党が所有する21世紀型軍隊


概要


中国人民解放軍は、中国共産党が所有する軍隊である。国が所有する軍隊でもなければ国民が所有する軍隊でもない。

 

人民解放軍は、1995〜1996年の台湾海峡危機を契機として大幅に改善されている。特に2000年以降の兵器の質の改善と量の増加は目覚ましい。人民解放軍は、総合的な能力において米軍に追いつくまでにはいたっていないが米軍との差を縮小させる方向に推移している。

 

戦場までの距離の近い中国本土近傍(台湾、東シナ海)のみを支配するのであれば、人民解放軍に大きな利点を与え、米軍の任務遂行を非常に複雑にする。

 

ハリー・ハリス米太平洋軍司令官は2018年2月14日、「中国が急速に軍備増強を進め、間もなくほぼすべての分野で米国と競合することになるだろう。米国が遅れをとれば、太平洋軍は将来戦場で人民解放軍に苦戦を強いられることにある」と話している。

 

陸海空軍のみで戦うのであれば人民解放軍は米軍だけでなく、台湾や日本などの小国よりも脆弱な可能性があるが、これまで使われたことのない現代兵器(弾道ミサイル、衛星破壊兵器、サイバー・電子線能力)や超限戦を駆使して弱点を克服し、敵国の行動に大きな打撃を与えるだろう。

 

特に超限戦に各国は苦戦をしいられるだろう。超限戦とは、あらゆる制約や境界(作戦空間、軍事と非軍事、正規と非正規、国際法、倫理など)を超越し、あらゆる手段を駆使する「制約のない戦争」である。

 

正規軍同士の戦いである通常戦のみならず、非軍事組織を使った非正規戦、外交戦、国際テロ戦、金融戦、サイバー戦、三戦(世論、心理戦、法律戦)等を駆使し、目的を達成しようとする。善悪、倫理、国際法を超越して目的のために手段を選ばない戦法である。

 

 

中国人民解放軍は、陸軍・海軍・空軍・ロケット軍・戦略支援部隊の5軍を軍種とするが、正規軍たる人民解放軍とは別に、中国民兵中国人民武装警察部隊が中国共産党および中華人民共和国の武装力量に定められている

 

戦時において国民が軍を積極的に支援する。海上民兵や膨大な数のサイバー民兵である。中国の武装勢力は、人民解放軍のみではなく、人民武装警察部隊、民兵を含んだ総合的なパワーである。

 

今後、発生が予想される舞台はまず台湾である。習近平は、中国共産党創設100周年にあたる2021年までに台湾を占領したいと願っているという噂がある。