· 

【オルタナ・テック】Odysee「反YouTubeの大本命 P2P型動画サイト」

Odysee

反YouTubeの大本命 P2P型動画サイト


概要

種類 動画共有サービス
開設日 2020年12月
創設者 ジェレミー・カウフマン
本社 アメリカ
URL odysee.com

OdyseeはYouTubeとよく似たインタフェースの動画共有サイト。リバタリアンのジェレミー・カウフマンが開発し、2020年9月にベータ版が公開され、2020年末に正式にリリースされた。スローガンはGoogleと同じく「邪悪になるな」

 

Odyseeはブロックチェーンプロトコルの1つであるLBRYを開発したチームが開発した動画共有サイトなのが最大の特徴である。

 

YouTubeがアップロードされた動画を集中管理されたサーバに保存するのに対し、Odyseeは集中管理されたサーバを避けるために、P2Pのようにデータがネットワーク上に分散された状態になっている。

 

この技術は新しいものではなく、ビットコインのような暗号通貨で使われているブロックチェーン技術やBitTorrentのような以前のP2Pシステムのデザインをさらに洗練させたものである。

 

使い方はYouTubeとほぼ同じで、ユーザーは自分のチャンネルにビデオをアップロードでき、視聴者はビデオに「いいね!」を押したりコメントを残すことができる。メインページにはサイトでトレンドになっているビデオが表示される。

 

Odyseeは、大手企業が運営しておらず、一般個人の開発者によって運営されているオープンソースのソフトウェアである。データ自体は、広大な分散型、透明性、追跡可能なネットワークにより安全性は維持されている。その一方で、政府当局や産業界の規制を受けないようにしている

 

Odyseeは、本来、極右や過激派のコンテンツ制作者のためのプラットフォームではないが、多くの人にとって、Odyseeはおもにバックアップや二次的なライブラリとして使われている。また、YouTubeから追放されたユーザーの代替サイトとして使われている。

 

9月にベータテストを開始して以来、公開時には870万人のユーザーが登録しており、幅広い層の視聴者に支持されている。

 

人気チャンネルは右派学者のジョーダン・ピーターソン、右派系YouTuberのタール・ワーウィック、MAGA専門家のイライジャ・シャファーなどの極右コメンテーターが名を連ねている。シャファーは、米国議会での暴動に参加し、2020年の選挙結果が違法であるという陰謀論を広めた。

 

Odyseeのもう一つの特筆すべき点は、広告主や広告に頼ることない収益モデルである。Odyseeでは独自の暗号通貨「LBRYクレジット」の利用が推奨されており、暗号通貨で報酬が支払われる

重要ポイント

  • ブロックチェーン技術と以前のP2Pシステムを洗練させた新しい動画共有サイト
  • 独自の暗号通貨「LBRYクレジット」で報酬が支払われる
  • 使い方はYouTubeとほぼ同じ

仮想通貨を用いた収益構造


3つのマネタイズ方法が用意されている。

 

1つ目は、再生収益である。有効なアカウントを持つユーザーは、有効なアカウントを持つ視聴者に基づいて「ウォレット」に「チップ」として指定されたLBRYクレジット(LBC)の形で支払われる。これは、一種の報酬制度のようなものである。

 

収益は「平均視聴時間」「平均視聴回数」「コンテンツの種類」「エンゲージメント」「クリエイターの所在地」「クレジットの価格」などを条件に、チャンネルごとにレートが決定される。

 

高額クレジットを受け取ったユーザーは、検索結果でのパフォーマンスが向上し、コンテンツがトップリストやトレンドリストに表示される。獲得したLBCの総数は、ユーザーのチャンネルに記載される。

 

2つ目のマネタイズは、視聴者からのチップ、つまり直接の寄付である。視聴者は、個々の動画で「サポート」機能を選択し、LBCの金額範囲から選択する。これらのチップがユーザーに配布される。ユーザーは、ウォレット内のLBCを「アンロック」することで、チップと交換することができ、アンロックする金額を選択することができる。

 

ただし、ユーザーはチップの全額をアンロックしないようにしたほうがよい。アンロックすると、ユーザーのコンテンツが検索結果やトレンド、ディスカバリーの候補に表示されにくくなるためである。

 

アンロックのデフォルト設定は、全額の25%になっている。LBCはデジタル通貨以外の通貨にも交換できるが、まずは暗号通貨の取引所を経由する必要がある。Odyseeは、デジタル通貨交換プラットフォームのBittrex Globalと、暗号通貨としてBitcoinを推奨している。

 

Odyseeが挙げている3つ目のマネタイズは、サイト/アプリのプロモーションである。しかし、この機能については詳細な情報が提供されておらず、今後プラットフォームの成長に合わせて追加していく機能である。


■参考文献

https://gnet-research.org/2021/02/17/odysee-the-new-youtube-for-the-far-right/、2021年10月2日アクセス