· 

【文化】LGBTカルチャー

LGBTカルチャー / LGBT culture

レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クエスチョニング、インターセックス


概要


LGBTカルチャー、またはLGBTQIカルチャーは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシャル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)、インターセックス(I)の人たちが共有している文化である。クィア文化と呼ばれることもある。

 

海外において「ゲイ文化(gay culture)」という言葉は、一般的に男性同性愛者に限定された文化を指すもので、LGBTカルチャーと区別されていることに注意したい。

 

LGBTカルチャーは、地理や参加者のアイデンティティによって大きく異なるが、ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダー、インターセックスの人たちの文化で共通する点は以下のものである。

 

  • 現代のLGBTアーティストや政治家。
  • LGBTをアイデンティティとして持つ思われる歴史上の芸術家。多くのLGBTの人たちは彼らの作品に共感を覚えている。
  • LGBT社会運動への理解。
  • LGBTコミュニティに存在する人物や各種アイデンティティ。たとえば、西洋文化におけるLGBTコミュニティには、ドラァグキングやドラァグクイーン、ゲイ・パレード、レインボー・フラッグなどの共通アイデンティが存在する。

 

なお、すべてのLGBTの人たちがLGBT文化を共有しているとは限らない。地理的な要因、サブカルチャーに対する無理解、社会的偏見による不安、自己意思による疎遠などにより孤立・独立している場合もある。