· 

【異端科学】賀建奎「人類で初めて遺伝子編集された赤ちゃんを作成」

賀建奎 / He Jiankui

人類で初めて遺伝子操作された赤ちゃんを作成


概要


生年月日 1984年生まれ
国籍 中国
職業 生物物理学者
代表的な業績 人類初実験的ゲノム編集赤ちゃんの制作「露露」と「娜娜」

賀建奎(英語:He Jiankui、1984年生まれ)は中国の生物物理学者。中国、深センの南方科技大学生物学部の准教授を務めていた。発音はフー・ジェンクェ。

 

テキサス州ライス大学でCRISPRを含むタンパク質の進化に関する博士号を取得した後、カリフォルニア州のスタンフォード大学で博士研究員として遺伝子編集技術(CRISPR/Cas9)を学ぶ。

 

賀建奎は2018年11月に、人類初の遺伝子編集された赤ちゃん「露露」と「娜娜」で知られる双子の女の子を作ったことで広く知られるようになった。双子はHIVに耐性を持たせた遺伝子改変胚から生まれたと述べており、HIV陽性の男性の精子からHIVの遺伝子を除去したという。

 

2018年11月に発表された「ルル」と「ナナ」は、2018年10月中旬までに誕生しており、当初は科学的に大きな進歩があったと報道されたが、実験のプロセスが精査された結果、人間の遺伝子を編集することは法律で禁止されており非難を受け、2018年11月29日、中国当局は彼の研究活動を停止させた。2019年1月21日、賀建奎はSUSTechから解雇された。

 

2019年5月、中国の弁護士は、賀建奎が人類で初めて遺伝子編集された人間を作ったことを踏まえ、遺伝子編集技術によってヒトゲノムを操作した者は、その後に生じる好ましくない状況に対して責任を負うという規則の草稿を報告した。

 

2019年12月、MIT Technology Reviewは、未発表の研究原稿の抜粋を含め、これまでの論争の概要を報じた。2019年12月30日、深圳南山区人民法院は賀建奎に3年の禁固刑と300万元の罰金を言い渡した。

 

米『タイム』誌の「2019年最も影響力のある100人」に選出された。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/He_Jiankui_affair、2021年4月7日アクセス