· 

【環境活動家】グレタ・トゥーンベリ「「気候のための学校ストライキ」創始者」

グレタ・トゥーンベリ / Greta Thunberg

「気候のための学校ストライキ」創始者


2018年8月、ストックホルムのスウェーデン議会前で行動を行うグレタ・トゥーンベリ
2018年8月、ストックホルムのスウェーデン議会前で行動を行うグレタ・トゥーンベリ

概要


生年月日 2003年1月3日
国籍 スウェーデン
職業 環境活動家
活動期間 2018年から現在
ムーブメント 気候のための学校ストライキ

グレタ・トゥーンベリ(2003年1月3日生まれ)はスウェーデンの環境活動家。地球温暖化によってもたらされるリスクに焦点を当て活動に取り組んでいる。

 

トゥーンベリは、2018年8月、15歳のときに登校せずスウェーデン議会前で活動はじめる。スウェーデン語で「気候のための学校ストライキ(Skolstrejk för klimatet)」というプラカードを掲げ、気候変動に対する積極的な行動を呼びかけ、注目を集めるようになる。

 

彼女のよびかけに応じてすぐにほかの学生たちも彼らのコミュニティで同様の抗議活動をはじめる。トゥーンべリとともに他の学生たちも「未来のための金曜日(Fridays for Future)」という名称のもと、学校ストライキ運動を組織化するようになった。

 

トゥーンベリが2018年の国連気候変動会議に出席してから、毎週世界のどこかで学生ストライキが行われるようになる。2019年には、100万人以上の学生が参加したストライキが少なくとも2つ以上の都市で確認されている。

 

トゥーンベリは公共や政治家指導者と集会の両方の場所で、率直に科学的事実を告げる発言方法でよく知られており、気候変動危機に対する対処するため即時行動することを強く呼びかけている

 

自宅では、空の旅(飛行機、ヘリコプター、熱気球など)を使った移動をやめ、肉を食べないなど、二酸化炭素排出量を減らすためのさまざまなライフスタイルを選択するよう両親に説得してきたという。

 

彼女の急激な世界的な名声の高まりは、彼女を運動のリーダーにさせ注目の対象にさせた。2019年5月、トゥーンベリは『Time』誌の表紙に取り上げられ、「次世代のリーダー」と銘打たれ、多くの人が彼女を次世代のロールモデルと認識しはじめた。

 

トゥーンベリと学校ストライキ運動は、世界30カ国以上に支部を持つデジタルメディア『Vice』で、「Make the World Great Again」というタイトルで30分の特集が組まれた。一部のメディアは彼女が世界へ与えたインパクトに対して「グレタ・トゥーンベリ効果」と表現している。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Greta_Thunberg、2019年9月28日アクセス