· 

【環境活動家】グレタ・トゥーンベリ「「気候のための学校ストライキ」創始者」

グレタ・トゥーンベリ / Greta Thunberg

「気候のための学校ストライキ」創始者


2018年8月、ストックホルムのスウェーデン議会前で行動を行うグレタ・トゥーンベリ
2018年8月、ストックホルムのスウェーデン議会前で行動を行うグレタ・トゥーンベリ

概要


生年月日 2003年1月3日
国籍 スウェーデン
職業 環境活動家
活動期間 2018年から現在
ムーブメント 気候のための学校ストライキ

グレタ・トゥーンベリ(2003年1月3日生まれ)はスウェーデンの環境活動家。地球温暖化によってもたらされるリスクに焦点を当て活動に取り組んでいる。

 

グレタは、2018年8月、15歳のときに登校せずスウェーデン議会前で活動はじめる。スウェーデン語で「気候のための学校ストライキ(Skolstrejk för klimatet)」というプラカードを掲げ、気候変動に対する積極的な行動を呼びかけ、注目を集めるようになる。

 

彼女のよびかけに応じてすぐにほかの学生たちも彼らのコミュニティで同様の抗議活動をはじめる。グレタとともに他の学生たちも「未来のための金曜日(Fridays for Future)」という名称のもと、学校ストライキ運動を組織化するようになった。

 

グレタが2018年の国連気候変動会議に出席してから、毎週世界のどこかで学生ストライキが行われるようになる。2019年には、100万人以上の学生が参加したストライキが少なくとも2つ以上の都市で確認されている。

 

グレタは公共や政治家指導者と集会の両方の場所で、率直に科学的事実を告げる発言方法でよく知られており、気候変動危機に対する対処するため即時行動することを強く呼びかけている

 

自宅では、空の旅(飛行機、ヘリコプター、熱気球など)を使った移動をやめ、肉を食べないなど、二酸化炭素排出量を減らすためのさまざまなライフスタイルを選択するよう両親に説得してきたという。

 

彼女の急激な世界的な名声の高まりは、彼女を運動のリーダーにさせ注目の対象にさせた。2019年5月、グレタは『Time』誌の表紙に取り上げられ、「次世代のリーダー」と銘打たれ、多くの人が彼女を次世代のロールモデルと認識しはじめた。

 

グレタと学校ストライキ運動は、世界30カ国以上に支部を持つデジタルメディア『Vice』で、「Make the World Great Again」というタイトルで30分の特集が組まれた。一部のメディアは彼女が世界へ与えたインパクトに対して「グレタ・トゥーンベリ効果」と表現している。

重要ポイント

  • 気候のための学校ストライキ発案者
  • 気候変動に対処するための即時行動の呼びかけ
  • 次世代のロールモデルとして世界から注目集める

略歴


健康状態


グレタ・トゥーンベリは2003年1月3日、スウェーデンのストックホルムで生まれた。オペラ歌手のマレーナ・エルンマンと俳優のスヴァンテ・トゥンベルグの娘である。

 

トゥンバーグ氏によれば、彼女が初めて気候変動問題に耳したのは2011年、彼女が8歳の時で、なぜその問題についての取り組みがほとんど行われていないのか理解できなかったという。

 

この状況が彼女をうつ状態にした。彼女は話すことも食べることもやめ、2ヵ月で10キロ(22ポンド)も痩せた。最終的には、アスペルガー症候群、強迫性障害(OCD)、選択性突然変異症と診断された。

 

気候変動対策を要求する最初のスピーチの中で、トゥンバーグは、彼女の状態の選択的変異性の側面を「必要な時だけ話す」という意味だと説明している。

 

グレタがスクール・ストライキを始める前の3、4年間、彼女はうつ病と闘っていた。彼女が抗議活動を始めたとき、両親は活動を支持していなかった。

 

父親は学校を休んだことに対してあまりよい感情を持っていないが 「私たちは、彼女が嫌がっていることを尊重しています。彼女は家にひきこもって本当に不幸になるか、抗議活動することで幸せになるかのどちらかです」と話している。

 

彼女のアスペルガー診断に関することを、同じような状況にある他の家族を助けるために、2015年5月に母親がスウェーデンで全国で話し始めた。

 

アスペルガーに関しては「以前は自身の行動を制限していた」ものであることを認めながらも、今は病気とは考えておらず、代わりにそれを彼女の「超能力」と呼んでいる。

自宅での活動


約2年間、グレタは両親に対して、菜食主義者へなったり、アップサイクリング活動をしたり、飛行機に乗ることをやめ、家庭におけるの二酸化炭素排出量と環境への全体的な影響を配慮するよう要求するようになった。

 

家族は彼女の意見を尊重したので飛行機の搭乗の断念は、オペラ歌手だった母親は国際的な仕事を断念しなければならなくなった。グレタは、両親の最終的な対応とライフスタイルの変化が、彼女に希望を与え、他者に変化をもたらすことができるという自身を持つようになった。トウェンベリ一家の物語は、2018年に出版された『心のシーン』で語られている。

 

2019年12月にBBCのインタビューを受けた彼女の父親は、妻が気候ではなく、自分たちの娘を「救う」ために飛行機に乗るのをやめたと話している。彼は「正直に言うと、(彼女の母親は)気候問題が動機ではない」と付け加えている。

 

母親が子供を救うために飛行機に乗らなくなったのは、それが自分にとってどれほどの影響があるのかをわかったで、それを実行すると、どれほどグレタが成長したのか、どれほど彼女が活力を得るようになったのかわかったからだという。

抗議活動の開始


スウェーデンの立法府でのストライキ


2018年8月、グレタは学校での気候ストライキや公開演説を始め、国際的に認められた気候活動家となった。

 

『Democracy Now!』のエイミー・グッドマン氏とのインタビューでグレタは、2018年2月にアメリカで起きた学校銃乱射事件で数人の若者が学校に戻ることを拒否するようになったことに影響を受け、気候変動ストライキのアイデアを最初に思いついたと語っている。

 

フロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校にいたこれらの10代の活動家は、銃規制の強化を支持して「March for Our Lives」を結成した。

 

2018年5月、グレタはスウェーデンの新聞社「Svenska Dagbladet」が開催した気候変動エッセイコンテストで優勝。「安全だと感じたい。人類史上最大の危機にあることを知っているのに、どうすれば安全だと感じることができるのだろうか?」と書いている。

 

論文の発表後、グレタは気候変動問題に興味を持っているグループ、Fossil Free Dalslandのボー・トーレンから連絡を受け、彼らの会合に何度が出席することになる。

 

そのうちの会合の1つで、グレタは、学生たちが気候変動のためにストライキを実行すること提案する。グレタは他の若者にもストライキに参加するよう呼びかけたものの、誰もまったく興味を示さなかったので、最終的にはグレタ一人でストライキを実行することになった。

 

2018年8月20日、9年生になったばかりのグレタは、9月9日に行われる2018年スウェーデン総選挙まで不登校ストライキをすることを決める。彼女の抗議は、少なくとも過去262年の間にスウェーデンで最も暑い夏の間に熱波と山火事の後に始まった。

 

彼女の要求は、スウェーデン政府がパリ協定に沿って炭素排出量を削減することであり、彼女は「Skolstrejk för klimatet(気候のための学校ストライキ)」という署名を掲げて、学校の時間中に3週間毎日スウェーデンの立法府の外に座って抗議した。

 

グレタは、主張するために授業を欠席したことについて、教師たちは意見が分かれていると話している。「人としては私がやっていることは良いことだと思うが、教師としては、私にやめるべきだと言う」。

ソーシャルメディアのアクティビズム


グレタはインスタグラムとツイッターにストライキの初日の写真を投稿すると、ほかのソーシャルメディアのユーザーがすぐに彼女のツイートを取り上げた。

 

知名度の高いほかの若者の活動家たちが彼女のインスタグラムの投稿を拡散させ、2日目には他の活動家たちと一緒にストライキに参加することになった。

 

フィンランドの銀行ノルデアの担当者は、20万人以上のフォロワーに向かってグレタのツイートを引用した。その後、グレタのソーシャルメディアの内容に地元の記者たちが注目するようになり、「気候変動のための学校ストライキ」に関する記事は1週間もしないうちに国際的に報道された。

 

スウェーデンの気候に焦点を当てたソーシャルメディア企業「We Don't Have Time」(WDHT)のイングマール・レンツホグは、彼女が世間の注目を集め始めたのは、フリーランスの写真家と一緒に活動し、カメラマンのフェイスブックページとインスタグラムのアカウントにグレタの写真を掲載したこと、そして同社のYouTubeチャンネルに投稿した英語の字幕動画を公開した後だと主張している。

 

レンツホグは、その後、グレタにWDHTのボランティア・アドバイザーになってくれるよう依頼し、レンツホグが最高経営責任者を務めるWDHTの営利子会社We Don't Have Time ABは、グレタの名前と画像を無断で使用して数百万ドルの資金を調達したという。

 

グレタはWDHTが自分の名前でお金を稼いでいることに気づき、WDHTのボランティア・アドバイザーを辞める。

 

2018年10月以降、グレタの活動はこれまでの孤独な抗議活動から、ヨーロッパ中のデモに参加へ移行する。いくつかの注目度の高い公開演説を行い、ソーシャルメディアのプラットフォーム上でフォロワーたちをデモへの参加を呼びかけた。

 

2018年12月の総選挙後、グレタは金曜日のみのストライキを続けた。彼女は世界中の学生たちに学生ストライキに参加するよう呼びかけた。その月には、少なくとも270の都市で2万人以上の学生がストライキが実施された

ヨーロッパでの抗議と演説


2018年の国連気候変動会議(COP24)の全体会議での彼女のスピーチが話題になった。彼女は、出席している世界の指導者たちは 「あるがまま話すことに完全に成熟していない」とコメントした。

 

2019年前半、彼女はヨーロッパ各地の様々な学生抗議行動に参加し、様々なフォーラムや議会に招かれて講演した。2019年1月に開催された世界経済フォーラムで、グレタは「私たちの家は燃えている」と宣言した。

 

グレタはイギリス、ヨーロッパ、フランスの議会でも演説したが、右派の政治家のなかには彼女をボイコットするものもいた。教皇フランシスコは、グレタとの短い会談の中で、彼女に感謝の意を表し、今後も活動を続けていくように促した。

 

2019年3月まで、グレタは毎週金曜日にスウェーデン議会の外で定期的に抗議行動を行っており、他の学生も時折参加していた。

 

父親によると、彼女の活動は学業に支障をきたしていないが、余裕のある時間が少なくなっているという。彼女は低学年は良い成績だった。

 

2019年7月、タイム誌はグレタは学校から長期休学を取り、気候変動運動の活動家たち会いながらアメリカ大陸を旅するつもりでいると報じた。

長期休学


ヨットでの大西洋横断


2019年8月、グレタは、ソーラーパネルと水中タービンを装備した60フィート(18メートル)のレーシングヨット「Malizia II」で、イギリスのプリマスからアメリカのニューヨークまで大西洋を横断した。

 

この旅は、カーボンニュートラルな大西洋横断の旅として、排出量削減の重要性を宣言したグレタの信念を実証するものとなった。

 

フランス24は、数名の乗組員がニューヨークに飛び、ヨットをヨーロッパに向けて出航すると報じた。航海は2019年8月14日から28日までの15日間に及んだ。グレタは、9月18日の気候危機に関する米下院特別委員会での証言に招待された。

証言をする代わりに、彼女は8つの声明を出し、1.5℃の地球温暖化に関するIPCC特別報告書を証拠として提出した。

国連気候行動サミット


9月23日、グレタはニューヨークで開催された国連気候行動サミットに出席。 同日、国連児童基金(ユニセフ)が主催した記者会見では、グレタはアヤカ・メリタファ、アレクサンドリア・ヴィラセニョール、カタリーナ・ロレンソ、カール・スミスら15人の子どもたちと一緒に会見を行った。

 

合わせて、パリ協定の公約で約束した排出削減目標を達成できていない5カ国に対して、公式に苦言を呈したことを発表した。アルゼンチン、ブラジル、フランス、ドイツ、トルコである。

 

訴状は、子どもの権利条約の第三選択議定書の下で、これらの国に異議を申し立てるものである。

 

この議定書は、子どもの権利が侵害されたと考える子どもやその代理人が、関連する「条約機関」である「子どもの権利委員会」に苦情を提出することを可能にする準司法的な仕組みである。

 

苦情が成功した場合、各国は回答を求められるが、いかなる提案も法的拘束力もない。

 

サミットでの演説で、グレタは世界の指導者たちにこう言った。

 

「これはすべて間違っている。私はここにいるべきではない。私は海の向こう側の学校に戻いるべきだ。なのにあなたたちは希望を求めて 若者たちのところに来ている。よくもそんなことを! あなたたちは空虚な言葉で私の夢と子供時代を奪った それでも私は幸運な一人だ。人は苦しんでいる、人類は滅亡しかけている。生態系全体が崩壊している。私たちは、大量絶滅の始まりにいる。しかし、あなたたちが話すことは、お金と永遠の経済成長のおとぎ話だけです」と述べた。

秋の世界的な気候のストライキ


カナダでは、モントリオール、エドモントン、バンクーバーの各都市で、気候に関する抗議行動に参加。9月27日には、モントリオールで行われた世界気候ストライキの一部として参加して気候デモを主導した。

 

2019年9月20日と27日の「気候のための学校のストライキ」では、共同主催者の1人によると、400万人以上が参加したという。何十万人もの人々が、市の歴史の中で最大のものと説明された抗議に参加した。

 

各都市で行われた基調講演でグレタは、自分がもともと先住民族が所有していた土地に立っていることを認めることから始め、次のように述べた。「これらの人々に与えられた莫大な不正を認めると同時に、今日でも世界が利益を得ている奴隷や年季奉公人の労働にも言及しなければなりません」

COP25への参加


グレタは、当初12月にチリのサンティアゴで開催される予定だった国連気候変動会議(COP25)に出席するため、アメリカ大陸に残る予定だった。

 

しかし、チリでの深刻な国民不安のため、COP25はスペインのマドリッドで開催されることになった。

 

グレタは、空の旅で排出される二酸化炭素を理由に飛行機に乗ることを拒否しているため、大西洋を横断するための乗り物が必要だとソーシャルメディアに投稿した。

 

48フィート(約15メートル)の双胴船「ラ・ヴァガボンド」で世界中を航海していたオーストラリア人のライリー・ホワイトラムさんと妻のエレイナ・カラウスさんの2人は、彼女を連れて行くことを申し出た。

 

2019年11月13日、グレタはバージニア州ハンプトンからポルトガルのリスボンに向けて出航した。彼女の出発のメッセージは、彼女が活動を始めたときから変わらないものだった。「アメリカ人への私のメッセージは皆と同じです - それは科学のもとに団結し、科学に基づいて行動することです」

 

グレタは、2019年12月3日にリスボン港に到着し、その後、COP25で講演し、未来の気候ストライキのための地元の金曜日と一緒に参加するためにマドリードに移動した。

 

デモ行進前の記者会見で、彼女は、温室効果ガスの排出量が2015年から4%上昇していることから、前年に世界的に起こった学校ストライキの波から「何も達成していない」と主張し、より多くの「具体的な行動」を求めた。

欧州での更なる活動


2019年12月30日、グレタはBBCラジオの代表的な時事問題番組「Today Programme」のゲスト編集者を務めた。

 

グレタ、デビッド・アッテンボロー卿、イングランド銀行のマーク・カーニー総裁、マッシブ・アタックのロバート・デル・ナージャ、シェル石油のマールテン・ウェッツェラール重役らと気候変動に関する対談をおこなった。

 

2020年1月11日、グレタはドイツ企業シーメンスに対し、インド企業アダニ・グループにカーマイケル炭鉱への鉄道機器の納入を中止するよう求めたが、1月13日、シーメンスはアダニとの契約を継続して履行すると述べた。

 

2020年1月21日、スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムに参加したグレタは、2回のスピーチを行い、ニューヨーク・タイムズ紙と世界経済フォーラム主催のパネルディスカッションに参加した。

 

2020年3月4日、グレタは欧州議会の環境委員会の臨時会合に出席し、欧州気候法について話した。そこで彼女は、欧州委員会が発表した気候法の新案を降伏とみなすことを宣言した。

グレタと芸術文化


グレタは大衆文化や芸術に影響を与えている。フランシス・リンカーン・チルドレンズ・ブックスから出版されたゾエ・タッカーとゾーイ・ペルシコによる本『グレタと巨人』は、グレタの生涯に触発されたものである。

 

アメリカの画家エリザベス・ペイトンは、彼女が制作した2019年のグレタのポートレイトを、個展におけるリーディングイメージの1枚として選んだ。

 

グレタはストリート・アートとしてもよく主題として描かれている。ブリストルでは、2019年5月にアーティストのジョディ・トーマスが、高さ15メートル(49フィート)のグレタの壁画を描いている。上昇した海面の下に彼女の顔の下半分が描かれている。

グレタは2019年5月号のTime誌の表紙に登場し、ロールモデルや「次世代リーダー」の一人と評価された。 2019年9月にはファッション誌「Vogue(ヴォーグ)」の表紙に彼女と他の15人が登場した。

グレタのスピーチの一部は音楽にも取り入れられている。2019年、グレタは同名のイギリスのバンドの曲「The 1975」のリリースにナレーションを寄稿した。グレタはこの曲の最後にこう促している。「だから、そこにいるみんな、今こそ市民的不服従の時間だ。反抗する時が来たのだ」

 

2019年9月、ジョン・メレディスはグレタの国連行動サミットのスピーチをデスメタル風にアレンジした。

 

オーストラリアのミュージシャン、メーガン・ワシントンと作曲家のロバート・デイヴィッドソンは、音楽の未来を探るイベントでのパフォーマンスで、「よくもそんなことを!」のスピーチを使用している。

 

DJのファットボーイ・スリムは、このスピーチを彼のダンス・ヒット曲 "Right Here, Right Now "でマッシュアップした。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Greta_Thunberg、2019年9月28日アクセス