· 

【オルタナ・テック】DuckDuckGo「Googleの代替を自負する検索サービス」

DuckDuckGo

Googleの代替を自負する検索サービス


概要


種類 検索サービス
創設者 ガブリエル・ワインバーグ
本社  米国ペンシルバニア州
URL duckduckgo .com
創設日 2008年9月25日

DuckDuckGoは、ユーザーのプライバシーの保護を第一とする検索エンジンサービス。個人情報を積極的に収集するGoogleに反発する検索精度の高い検索エンジンとして2010年代から徐々にシェアを伸ばしている。

 

そして、大規模な広告キャンペーンを打ち、 Chrome、Firefox、Safari、その他のブラウザ用のモバイルアプリと拡張機能を投入したDuckDuckGoは、Google検索の直接の競合相手と自負しはじめている。

 

インターネットをするとブラウザに個人データが蓄積されるのが一般的だが、そこにはクッキー、閲覧履歴、開いているタブ、およびそのほかのさまざまな情報が含まれている。

 

DuckDuckGoもブラウザにそうした情報が蓄積される点では同じだが、Googleのように蓄積された個人データが外部に送信され利用されることはない

 

また、パンデミック以降は、Googleでは検閲され検索結果で表示されないワクチンに関する情報や陰謀論に関する興味深いコンテンツを積極的に検索結果に反映している(これは、DuckDuckGo独自というよりもBingの検索結果がおもに利用されていることとも関連している)。

 

DuckDuckGoはは、Yahoo!(英語版)やBing、ウィキペディアなど複数のベンダーの検索結果と独自の独自のクローラーを組み合わせた検索結果を表示させている。そして自身のウェブクローラーであるDuckDuckBotを含む400種以上のソースから構成されている。

 

2013年5月の平均では1日あたり180万件の直接検索があった。2013年6月にトラフィックが大幅に増加しと発表した。同社のTwitterアカウントによると、2013年6月17日(月)の1日の直接検索数は300万件となった。

 

2013年9月の後半、検索エンジンは1日あたり400万回の検索数になり、2015年6月には1日あたり1,000万回の検索数を記録した。2017年11月、1日あたり2,000万回の検索数を記録。2019年1月、DuckDuckGoは月間10億回の検索の記録を打ち立てた。

 

同年11月、1日あたり5000万の検索数を記録。2021年3月の時点で、2021年1月11日、1日あたり1億220万回を超える検索数となった。 

 

また、2021年にEメールトラッカーをブロックする新サービス「Email Protection」を発表した。

 

サービス名は米国の子供のゲーム「Duck, duck, goose」を由来としている。同社はデラウェア・ウェイであるペンシルバニア州のパオリに拠点を置いており、2021年8月時点で136人の社員が在籍している。

トラフィックチャート
トラフィックチャート

重要ポイント

  • 個人情報を収集、利用しないことを第一の方針としている
  • Googleが検閲するコンテンツが検索結果上位表示される
  • Bing、Yahoo!など400以上のサービスをもとに独自の検索結果を表示させている

Googleの寡占状態を打ち破る可能性


Googleの思想統制から逃れるためのサービス


ウェブ検索の習慣を単一の企業に設定することには重大なリスクがある。その企業、または企業が独占的な市場を形成してしまうからだ

 

現在Googleは、ウェブブラウザ市場(ブラウザのほぼ3分の2がChromeである)とウェブ広告(グーグル広告は2021年にすべてのデジタル広告の推定29%のシェアを持っている)で支配的な状況にある。

 

ブラウザ、検索、広告のこの3点の組み合わせは、世界中の競争および独占禁止法の規制当局から関心を集めている

 

さらに、検索サービスの独占状態は商業的利益とは別にもう一つ厄介なことがある。それは、Googleにとって都合の悪い情報は意図的に隠蔽されてしまうことだ。

 

これは中国のインターネット環境を見ればわかるだろう。中国の大手検索サービス「百度」は、天安門事件や欧米の情報など中国共産党にとって都合の悪いコンテンツは検索結果に表示されないようになっている。

 

Googleの影響力は、ウェブ検索結果だけにとどまらない。毎月20億人以上がGoogleが所有するYouTubeを使用しているが先日、YouTubeは反ワクチンに関するコンテンツをすべて削除すると発表した。

 

商業的利益とは別に、現在のGoogleは思想統制、または政治的影響を与えるビッグテックになりつつある。Googleが政治家に現金を渡して直接ロビイ活動する必要はない。

 

Google自身が巨大化すればするほど政治力を持つようになるのだ。最終的にGoogleは世界市民の言論と思想を完全にコントロールするようになるだろう。

 

こうした最悪の事態を回避するためには、積極的に代替サービスを利用、サポートする必要がある。MicrosoftのBing検索エンジンは、Microsoftブランドから離れるのに苦労しつつも、米国では適度な人気がある。

 

広告がなく、ユーザーのプライバシーを確保すると主張するDuckDuckGoは、おそらくTORブラウザープロジェクトとの関連付けを通じて、関心が高まっている。

Googleのようにブラウザから個人情報を収集しない


「靴」を検索したあと、その後のウェブサービスの広告で靴の広告ばかりが表示されることがあり、不愉快な気分になることがある。そんなときはDuckDuckGoを利用したい。

 

DuckDuckGoは入力した検索ワードをもとに個人情報を追跡しないことを約束している検索エンジンである。

 

Googleはユーザーの役に立つサービスを提供するために、以下のようなデータを収集し、利用している。

  • 検索内容
  • アクセスしたウェブサイト
  • 視聴した動画
  • クリックまたはタップした広告
  • 現在地
  • 端末情報
  • IPアドレスとCookieのデータ

これらのデータを収集することで、関連性の高い検索結果を表示したり、個人の趣味嗜好に合った広告を表示したりすることが可能になっている。

 

DuckDuckGoは基本的に、このような閲覧履歴と個人データに基づいて広告を配信して収益を上げてきたGoogleやFacebookなどのほかのビッグテックとは逆のアプローチを採用している。

 

Googleはこの慣行をやめると言っているが、位置や検索活動を含むあなたに関する大量のデータを収集している。それは、シークレットモードであっても同じだ。

 

DuckDuckGoは広告で収益を上げているため、検索結果に広告が表示されることがある。ただし、Googleとの違いは、広告が個々のユーザーに合わせてパーソナライズされていないことである。 

Googleが検閲するコンテンツが結果に表示される


Googleは現在、陰謀論やコロナウイルスに関する情報に対してかなり検閲をかけており、人によっては欲しいと思っている情報がなかなかな手に入らないことがある。

 

しかし、DuckDuckGoはおもに、このようにGoogleが不適切と判断するコンテンツの多く検索結果に表示される(これはBingの検索結果が反映されることとも関連している)。Google検索ではたどりつけない情報をDuckDuckGoを使えばたどりつけることがある

Eメールトラッカー保護


2021年にEメールトラッカーをブロックする新サービス「Email Protection」を発表した。

 

Email Protectionは、「(ユーザー名)@duck.com」という無料のメールアドレスをユーザーに発行する(パーソナルDuckアドレス)。

 

メールトラッカーによって、ユーザーのメッセージの開封、開いた時間や場所、使用しているデバイスといった情報が収集され、それらがターゲットに広告に利用されるのを防ぐ。

歴史


DuckDuckGoはガブリエル・ワインバーグによって創設され、2008年2月29日にペンシルバニア州バレーフォージでサービスを開始した。その後、2018年にモバイル版ウェブブラウザをリリースした。

 

ワインバーグは、今は亡きソーシャルネットワーク「Names Database」を立ち上げたことのある起業家である。

 

2011年まではワインバーグが自己資金で運営していましたが、その後は、ユニオン・スクエア・ベンチャーと数名のエンジェル投資家が支援していた。

 

DuckDuckGoは、広告やアフィリエイトプログラムにで収益を得ている。検索エンジンはPerlで書かれており、nginx、FreeBSD、Linuxで動作する。

 

DuckDuckGoは、さまざまなベンダーの検索APIを中心に構築されているが、現在はBingを中心に組まれている。このため、TechCrunchはこのサービスを「ハイブリッド」検索エンジンと呼んでいる。

 

ワインバーグは、子供の遊びである「ダック、ダック、グース」が社名の由来だと話している。「ある日突然、頭に浮かんできて、気に入ってつけた」という。

 

DuckDuckGoは2008年にTechCrunchのエレベーター・ピッチ・フライデーで紹介され、2008年のボス・マーシャブル・チャレンジで最終選考に残った。

 

2010年7月、ワインバーグはDuckDuckGoのコミュニティサイト(duck.co)を立ち上げ、一般の人々が問題を報告したり、検索エンジンの使用を広める手段を議論したり、機能を要求したり、コードのオープンソース化を議論したりできるようにした。

 

2011年2月22日にドメイン名dg.ggを登録し、2018年12月にはduck.comを取得。これらはduckduckgo.comにリダイレクトする短縮URLのエイリアスとして使用されている。

 

2011年10月にユニオン・スクエア・ベンチャーズとエンジェル投資家がDuckDuckGoに投資するまで、自己資金で運営されていた。

 

ユニオン・スクエアのパートナーであるブラッド・バーナムは、「我々がDuckDuckGoに投資したのは、検索における競争の基盤を変えることが可能であるだけでなく、それを実行する時が来たと確信したからです」と述べている。

 

さらに、Trisquel、Linux Mint、およびMidori Webブラウザーは、デフォルトの検索エンジンとしてDuckDuckGoを使用するよう切り替えた。

 

2012年5月、1日に150万回の検索を達成した。ワインバーグは、2011年に115,000ドルの収益を上げ、3人の従業員と少数の契約社員を雇用していると報告している。

 

Compete.comは、2012年2月のユニークビジター数を266,465人と推定している。

 

ワインバーグの野心性のない目標は、彼をオンラインで特に奇妙で危険な競争相手にさせている。GoogleやBingがビジネスモデルに損害を与える可能性があるためにできないことを、ワインバーグはほとんどすべて行うことができる。

 

また、ユーザーがDuckDuckGoの方が好きだと気づけば、ワインバーグはビッグテックにダメージを与えることができる。これは非対称的なデジタル戦争であり、ユニオン・スクエア・ベンチャーズの支援者は、Googleが脆弱であると述べている

 

GNOMEは2013年9月26日にWeb 3.10をリリースしたが、このバージョンからデフォルトの検索エンジンがDuckDuckGoになった。

 

2014年9月18日に開催された「WWDC 2014」の基調講演で、Appleは、iOS 8とOS X Yosemiteの両方で、DuckDuckGoをSafariブラウザの検索のオプションとして搭載することを発表した。

 

3月10日、ウェブブラウザ「Pale Moon」は、バージョン24.4.0からDuckDuckGoをデフォルトの検索エンジンとして搭載し、ブラウザのトップページに掲載した。

 

2014年5月、DuckDuckGoはDuckDuckHackを通じてベータテスターに再設計されたバージョンを公開した。

 

2014年5月21日、DuckDuckGoはよりスマートな回答とより洗練された外観に焦点を当てた再設計されたバージョンを正式にリリースした。新バージョンでは、画像、ローカル検索、オートサジェスト、天気、レシピなど多くの新機能が追加された。

 

2014年11月10日、MozillaはFirefox 33.1にDuckDuckGoを検索オプションとして追加した。 

 

2016年5月30日、The Tor Project, IncはTor Browser 6.0のデフォルト検索エンジンをDuckDuckGoにした。

 

2016年7月、DuckDuckGoは、Yahoo!とのパートナーシップの延長を正式に発表し、検索エンジンのすべてのユーザーに、結果の日付フィルタリングやサイトリンクの追加などの新機能を提供した。

 

また、Bing、Yandex、Wikipediaとも提携し、検索結果に反映させたり、提供された機能を利用している。また、これまでのポリシー通り、ユーザー情報をパートナー企業と共有しないことも確認している。

 

2018年1月23日、DuckDuckGoは、インターネットユーザーの「検索ボックスの向こう側」の安全性を確保するために、ブラウザの拡張機能とモバイルアプリを刷新した。

 

刷新された拡張機能とアプリには、暗号化や広告追跡ネットワークの使用状況に基づいてウェブサイトを評価するツールや、広告追跡ネットワークをブロックする機能が含まれている。

 

2018年12月、GoogleがDuck.comというドメイン名の所有権をDuckDuckGoに譲渡したことが報じられた。

 

2019年1月15日、DuckDuckGoは、デスクトップ端末とモバイル端末の両方で、すべての地図と住所関連の検索にApple Mapsを採用することを発表した。

 

2019年3月、GoogleはChrome 73のデフォルト検索エンジンリストにDuckDuckGoを追加した。

 

2021年3月の時点で、1日の平均検索回数は97,653,174回である。

 

2021年7月、DuckDuckGoは、電子メール転送機能「Email Protection」をリリースした。この機能により、ユーザーはサービスで生成された「@duck.com」の電子メールアドレスを主張することができます。その受信箱がEメールを受信し、データトラッカーを除去した後、ユーザーのプライベートEメールアドレスに転送することができる。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/DuckDuckGo、2021年9月30日アクセス

あわせて読みたい

オルタナテック「ビッグテックの代替サービス」

Rumble「YouTubeの代替動画サイト」

GETTR「Twitterの代替SNS」