· 

【新型コロナの真相】チャールズ・シュミット「コロナウイルスは研究室から流出したのか?」3

チャールズ・シュミット「コロナウイルスは研究室から流出したのか?」3

科学の政治化が進むなら科学はやめたほうがいい

多くの科学者にとって、SARS-CoV-2が自然由来であるという考えに異議を唱えることは、キャリアの自殺行為であると考えられている。しかし、一部の科学者は、この意見を無視したり陰謀論と一緒にしたりすべきではないと言う。(オリジナル記事)2021年3月18日

自然由来説を推し進めたピーター・ダザック


2020年の晩春までに、自然起源派の科学者たちは、意見を形成する上で優位に立っていた。SARS-CoV-2の起源を詳しく調べた研究者はごくわずかで、ブロード研究所のチャンによれば、この問題を調べなかった大多数の研究者は、自分たちが認識している一般的な見解を受け入れただけだったという。

 

科学者たちが結果を恐れてコンセンサスに挑戦しないのであれば、「科学ジャーナリストたちは、特に証拠がない場合、起源について信頼できる記事を書くことが困難である」とメッツル氏は付け加える。

 

自然起源説を支持する科学的意見を盛り上げたのは、ニューヨークに拠点を置く環境衛生の非営利団体「EcoHealth Alliance」の代表、ピーター・ダザックにほかならない。

 

ダザックは武漢ウイルス研究所と長年にわたって協力関係にあり、今年初めに中国を訪問したWHO主導のチームのメンバーでもあり、米国国立衛生研究所から助成金を受けて中国の研究所での研究に協力していたが、関係者の間では利益相反と言われていた。

 

トランプ政権は2020年4月にこの資金を突然打ち切ったが、その後、新たな制限を加えて復活させた。

 

ダザックは、自然起源以外の仮説を陰謀論として非難するランセット声明の初稿を書いたとされている。EcoHealth AllianceとDaszakは、再三にわたり取材を申し込んだが、この記事へのコメントを拒否した。

 

アイオワ市にあるアイオワ大学の微生物学者で教授のスタンリー・ポールマンは、この声明の共著者として挙げられている。

 

同氏はアンダークへの電子メールで、実験室からの漏洩というアイデアには、「ウイルスが実験室で設計されたという記述から、ウイルスが実験室から漏洩したがエンジニアリングされたものではないとするものまで、いくつかの側面がある」と書いている。

 

ランセット誌の記事には、「おそらく悪意のある理由であろうが、幸いにも我々の現在の知識では不可能である」という人工操作に焦点が当てられていたというが、ランセットの声明の実際の文章では、このような区別はされていない。

 

コロラド州立大学微生物・免疫・病理学部の名誉教授であるチャールズ・カリシャーも共著者として名を連ねている。

 

彼は、陰謀論的な表現は大げさだと言っています。「私にとっては残念なことに、(ダザックは)全員をアルファベット順に記載していて、私が一番最初だったのです」と彼は言う。電話がひっきりなしにかかってくるので、「もっと情報が出てくるまでは多くを語れない」と伝えたというカリシャーは話す。

実験室流出シナリオの後退


 決定的な証拠がない限り、起源に関するメッセージは「わからない」にしておくべきだということにレルマンは同意する。

 

ランセット誌の声明、そしてその後に発表された科学者によるSARS-CoV-2の起源に関する論文では、「実験室流出のシナリオはどのようなものであれ、もっともらしいとは思わない」という結論が出された。

 

ランセット誌の声明、そしてその後に発表されたSARS-CoV-2の起源に関する論文では、科学者たちが「実験室ベースのシナリオはありえないと考える」と結論づけており、「驚くほどデータがない」にもかかわらず、スピルオーバーのシナリオを取り上げていると主張する人々に、次第に落胆するようになったという。レルマンは、「反論しなければならない」と思ったという。

 

レルマンは「データが驚くほど不足している」にもかかわらず、流出シナリオを主張していた人々はますます落胆していったことに気づいたという。そして、レルマンは、自分が押し戻さなければならないと感じたと言う。

 

そこで彼は、「いくつかの可能性の中に実験室由来のものが含まれている」「この問題に関わるすべての人々の利害関係を明らかにし、対処しなければならない」「SARS-CoV-2の真の起源を明らかにすることは、再びパンデミックが起こるのを防ぐために不可欠である」と主張する意見書を『Proceedings of National Academy of Sciences』誌に掲載し、広く知られるようになった。

 

そして、SARS-CoV-2の起源を明らかにすることは、新たなパンデミックを防ぐために必要不可欠であると述べている。

 

レルマンによると、この意見書が発表された後、メディアから最初に電話がかかってきたのは、フォックス・ニュースのローラ・イングラハムだった。しかし、彼はインタビューを拒否している。

科学者が自己保身するために自然由来説を推進


レルマンは、なぜダザックらが研究室からの漏洩の可能性の反対の主張を強く推したのかという質問に対して、自分たちの研究が人類を危険にさらしているという認識を避けたかったのではないかと答えている。

 

例えば、「機能獲得」と呼ばれる実験では、ウイルスの進化を調べるために遺伝子を操作をするが、ときには病原性や感染性を高めるような方法を採用することもある。

 

この種の研究は、COVID-19をはじめとするウイルス疾患の治療薬やワクチンにおけるターゲットを明らかにすることが目的であり、武漢ウイルス研究所では、あるコウモリ型コロナウイルスがあと数回変異することで、ヒトのACE2に結合できるようになるだろうという根拠を示す研究に用いられた。

 

『Nature Medicine』に掲載された2015年の論文では、「将来のアウトブレイクに備えて緩和できる可能性と、より危険な病原体を生み出すリスクとを比較検討する必要がある」と指摘している。

 

レルマンは、実験室流出の仮説を抑えようとした人々の中には、「本当に重要な問題に耳を傾ける前に、自分と仲間を守りすぎていた」可能性があると提案している。 

 

また、中国の研究者と共同研究をしている科学者は、「『この脅威は自然界から来ている』以外のことを言うと、仕事上の関係が心配になる」という。

 

他の科学者によると、流出説への反対する利用として、SARS-CoV-2が意図的に作られた可能性があるという一般的な不信感に基づくものであったという。「これが政治的な問題になったのです」とパールマンは言う。

 

ウイルスが自然に進化した後に逃亡したのではないかという点については、「断定するのも否定するのも難しい」とパールマンは言う。

新しい自然由来と生物兵器の流出の同時進行


現在、パンデミック対策は、2つの同時進行の局面に直面している

 

一方では、世界はこの20年間に、SARS、チクングニア、H1N1、中東呼吸器症候群、数回のエボラ出血熱の発生、3回のノロウイルスの発生、ジカ熱、そして今回のSARS-CoV-2など、数多くのパンデミックや疫病の発生を経験してきた

 

コロナウイルスといえば、ノースカロライナ大学チャペルヒル校の疫学者であるラルフ・バリックは、MERSの30%に迫る死亡率を持ち、さらに「より効率的な感染性」を持つコウモリの「亜種が存在しないとは考えられない」と言う。彼は「それは恐ろしいことだ」と付け加えた。バリックは、ウイルスの脅威を先取りするためには、ウイルスの遺伝子研究が欠かせないと力説する。

 

しかし、ラトガース大学の分子生物学者リチャード・エブライトによると、実験室からの放出の危険性も高まっているという。生物兵器やパンデミックを引き起こす可能性のある病原体を扱う研究所の数(2010年には世界で1,500カ所以上)に比例して、その危険性は増大している。

 

エブライトはアンダークへのメールで、「最も劇的な拡大は、過去4年間に中国で起こったもので、米国、ヨーロッパ、日本における生物兵器の拡大に対する軍拡競争のような反応だった」と書いている。

 

「中国は過去4年間に武漢とハルビンの2カ所にBSL-4施設を新設し、さらに数百カ所のBSL-3とBSL-4ラボのネットワークを構築する計画を発表しています」と付け加えた。

 

SARS-CoV-2の起源をめぐる論争は続いており、中には激しいものもある。最近のTwitterでのやりとりで、チャンはQAnonの支持者や反乱分子と比較された。

 

その数カ月前、彼女は研究の完全性の問題についてツイートし、科学者やジャーナル編集者の行動によってウイルスの起源が不明瞭になるのであれば、それらの人々は何百万人もの人々の死に加担していることになると述べた。

科学の終焉:科学の政治化が進むなら科学の時代は終わる


ニールセンは、「みんな感情が高ぶっていて、資格のある科学者が真剣に議論するのは難しい」と言う。

 

オーストラリアでは、ペトロフスキーは今の科学騒動に巻き込まれないようにしているという。彼は、自分のモデリングの成果を公にしないように注意されたと言う。

 

「多くの人から『たとえ良い科学であっても、それを口にしてはいけない』と忠告されました。ワクチン開発に悪い影響を与えるからです。攻撃されたり、信用を落とそうとされたりするだろう』と。

 

しかし、最終的にはそうはならなかったとペトロフスキーは言う。昨年、起源論争の中で、彼のチームは南半球で初めてCOVID-19のワクチンをヒト臨床試験に導入した。

 

「すべての科学が政治化され、誰も真実を気にせず、政治的に正しいことだけを気にするような段階になったら、私たちはあきらめて口を閉ざし、科学をやめたほうがいいかもしれません」と彼は言う。