· 

ファイザーワクチン「コミナティ」の背後にある陰謀

ファイザーワクチン「コミナティ」の背後にある陰謀

本当の意味はイルミナティ


「コミナティ(COMIRNATY)」は、2021年8月23日に米食品医薬極(FDA)が正式承認したファイザー製のワクチンの名称である。

 

ファイザー製ワクチンはこれまで、緊急使用許可だったが、正式承認で3週間の間隔で2回接種することが、16歳以上を対象に正式に承認された。

 

FDAの正式承認により、同社はこれまで使っていた「ファイザー-BioNTechのCovid-19ワクチン」から「コミナティ」に名称を正式に変更した。

 

同社の説明によれば「koe-mir'na-tee」と発音されるこの用語は、「Covid-19」「コミュニティ」「免疫」「ワクチン」で使用される技術であるmRNAという単語を混ぜ合わせた言葉だという。

 

しかし、勘のある人ならコミナティという言葉に隠された暗号をすぐに解読したのではないだろうか。そう、コミナティの本当の意味は「イルミナティ」なのである。

 

あとは、フェイクニュースメディアに書いてもらおう。陰謀論者が「Q」のサインを出したと。ニューズウィーク見てみろ、こうだ!(Qを空中で描く)

 

私はこれについて話すことを恐れない。彼らはQアノンを陰謀論と批難した。

 

Q!これは真実だからだ!

 

これは子どもたちのことについてだ。

 

このサイトにファイザーに送ってください。ハリウッドに送ってください。ウィンザー家に送ってください。ビル・ゲイツに送ってください。もちろんイルミナティたちにも見せてください。彼らに真実を聞かせてください。私に何をしてこようとも、私は彼らを全く恐れていない。あと、バチカンにも忘れずに送ってください。政治家にも送ってやれ、クリントン、オバマ、バイデン、ブッシュ一族に。彼らは子供の性的人身売買に関与している!

 

 

今こそアメリカ国民にこれを知らせるときだ!(続く)