· 

【世界のシリアルキラー】クレメンタイン・バーナベト「夜間にアフリカ系アメリカ人の家族を殺害したブードゥー教の巫女」

クレメンタイン・バーナベト / Clementine Barnabet

夜間にアフリカ系アメリカ人の家族を殺害したブードゥー教の巫女


概要


生年月日 1894年
活動国 アメリカ
確定犠牲者 35
推定犠牲死者 35
活動期間 1911

クレメンタイン・バーナベト(1894年生まれ)は、1つの殺人事件で有罪判決を受け、多数の殺人を自白しているアメリカの女性殺人犯。

 

クレメンタイン・バーナベトは1894年頃、ルイジアナ州セント・マーティンビルでレイモンド・バーナベトとニーナ・ポーターの間に生まれたと考えられている。

 

彼女にはゼフェリンという名前の兄弟が一人いた。バーナベトの父親は家族を虐待していたと言われており、1909年に家族はラファイエットに引っ越した。

 

バーナベトの殺人は一貫したパターンがある。彼女はしばしば一人ではなく家族全員を殺害し、斧を使って犠牲者を屠殺したり、首を切り落としたりした。

 

バーナベトの最初の殺人は1911年2月に起こった。裁判を待っている間に、別の殺人事件が起こった。1911年11月、ノーバートとアシマ・ランドールとその4人の子供たちが殺害された。

 

最終的にバーナベトは35人の殺人を自白した。 殺害理由について彼女はルイジアナ州レイクチャールズにあるキリストの聖化された聖なる教会の分派である生贄教会との関係を説明している。

 

生け贄の教会の司祭が彼女と彼女の友人たちに超自然的な力を与え、当局に見つからないようにする「魔法の袋」(ブードゥー教を参照)を与えたと主張していた。このことがバーナベトを駆り立て、それが本当かどうかを確かめるために最初の殺人を犯すことになった。

 

1912年10月、わずか18歳であったクレメンタイン・バルナベトはアンゴラ州立刑務所で終身刑を宣告された。1913年7月、彼女は脱獄を試みたが捕まってしまった。しかし、1923年8月に釈放されたが、その後の行方は不明である。


■参考文献

・https://en.wikipedia.org/wiki/Clementine_Barnabet、2020年7月9日アクセス