· 

【社会運動】「ブラック・ライブズ・マターの国際的運動」

国際的な運動


ブラック・ライブズ・マター運動は、2015年、メリーランド州ボルチモアでのフレディ・グレイの死後、世界中の黒人活動家たちは、社会改革のための努力をとしてBLMとアラブの春をモデルにしはじめた。この国際的な運動は「黒い春」と呼ばれている。また、ダリットの権利運動のような国際的な取り組みも並行して行われた。

イギリス


2016年8月4日、イギリス・ロンドンのロンドン・シティ空港をBLMのデモ隊が封鎖した。複数のデモ隊が空港の滑走路で人の鎖を作った。

 

この事件で9人が逮捕された。バーミンガムやノッティンガムなどイギリスの他の都市でもBLMをテーマにした抗議行動が行われた。イギリスで行われた抗議行動は、マーク・ドゥーガンの銃撃死から5周年を記念して行われたものだという。

 

2017年6月25日、ロンドンのストラットフォードで、警察に拘束されて死亡したエドソン・ダ・コスタの死をめぐり、BLM支持者が抗議行動を行った。この抗議では逮捕者は出なかった。

 

2019年12月、BLM UKは、気候変動運動における先住民族や有色人種の人たちの声を代表するために、連合の「Wretched of the Earth」と一時的提携を行った。

 

2020年、BLM UKは、米国でのBLMの抗議行動に呼応して行われた。ジョージ・フロイド殺害事件を受けて、ロンドンでは5月31日にトラファルガー広場、6月3日にハイドパーク、6月6日にはパーラメント広場、6月7日にはアメリカ大使館前で抗議行動が行われた。

 

マンチェスター、ブリストル、カーディフでも同様の抗議行動が行われた。イギリスの抗議行動は、米国の抗議者との連帯を示しただけでなく、イギリスで死亡した黒人を追悼し、ジュリアン・コール、ベリー・ムジンガ、ヌノ・カルドーソ、サラ・リードなどの黒人犠牲者の名前を唱えたり、プラカードを掲げたり、ソーシャルメディアの投稿を共有した。

 

6月7日、多くの町や都市で抗議行動が起こった。ブリストルで行われたBLMの抗議行動では、17世紀末から18世紀初頭の慈善家、政治家、奴隷商人であったエドワード・コルストン像が抗議者によって引きずり下ろされ、道路に沿って転がり、ブリストル港に投げ落とされた。この行為は後にプリティ・パテル内務大臣にから非難され、「このフーリガン主義は全く弁護できないものである」と述べた。芸術家のバンクシーは、この行動について代替案をインスタグラム上で提示した。

 

また、ロンドンでは、抗議者たちがウェストミンスターのパーラメント・スクエアにあるウィンストン・チャーチル像に落書きをした。彼の名前の上には黒いスプレー塗料が吹き付けられ、その下には「人種差別主義者だった」という言葉が吹き付けられていた。

ブリストルにあるエドワード・コルストン像の空の台座。2020年6月、像は倒され、汚され、ブリストル港に投げ込まれた。
ブリストルにあるエドワード・コルストン像の空の台座。2020年6月、像は倒され、汚され、ブリストル港に投げ込まれた。
ウェストミンスターのパーラメント・スクエアにあるウィンストン・チャーチル像。
ウェストミンスターのパーラメント・スクエアにあるウィンストン・チャーチル像。

抗議者は、英国の戦没者の記念碑である慰霊碑に掲げられたユニオンジャックの旗を燃やそうとした。デモ隊が花瓶や花火を投げつけた後、合計49人の警察官が負傷した。

 

週末には、合計135人の逮捕者が出た。イギリスのボリス・ジョンソン首相は、抗議について「公共の財産や警察を攻撃する者は-私たちのすべての安全を守ろうとしている警察官を傷つける者は、法律の完全な力に直面するだろう」と述べた。

 

2020年6月14日、リーズのミレニアム広場で、平和的な抗議行動が行われた。6月21日にはウッドハウス・ムーアで2回目の抗議行動が行われた。

 

6月18日、ドミニク・ラーブ外務大臣はラジオのインタビューで、BLMに関連した「膝をつく」ジェスチャーは、「解放と解放の一つではなく、服従と従属の象徴のように私には感じる」と述べ、テレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」に由来していることを示唆し、論争を巻き起こした。

 

6月28日、BLM UKは、検証済みのツイッターアカウントからイスラエルに関する一連のツイートを行ったことで批判にさられて、その中には「主流の英国政治はシオニズムを批判する権利がない」と主張するものが含まれていた。

 

BBCは、BLMを支援する「視覚的なシンボル」を映像に表示しないようにするために、放送中にプレゼンターやゲストがBLMのバッジの着用を禁止した。

 

パトリック・バーノンによれば、2016年に始まったBLM活動は当初敬意をもって迎えられなかった。2018年以降は、グレンフェルやウィンドラッシュスキャンダルのような事件の後に、BLM運動は黒人英国人、特に上級黒人英国人から好意的に見られるようになったと話している。

 

2020年9月、BLM UKは正式名称をBlack Liberation Movement UKに変更し、地域利益社会組織として法的に登録されたが、国外勢力との協力活動においては、現在もBlack Lives Matterの名称を使用している。

 

BLM活動家のチャールズ・ゴードンとサーシャ・ジョンソンは2020年夏に「Taking The Initiative Party(TTIP)」を設立する。

 

2020年10月には「Black Lives Matter」-運動名の他の類似団体が、選挙管理委員会を通じて政党登録を申請していた。しかし、BLM UKは「BLM UKは政党を設立するつもりはない。この人物やグループは私たちとは無関係である」と述べた。

フランス


2020年7月18日、アダマ・トラオレの4回忌を記念して、数千人のデモ隊がパリ近郊をデモ行進した。黒人のトラオレは2016年7月に逮捕され、警察官によって地面に押さえつけれ失神した。その後、警察署で死亡したが、死亡の経緯は明らかになっていない。

 

2020年11月21日、パリ中心部で黒人の音楽プロデューサー「ミシェル」が警官に殴られる様子の映像がアップロードされ、抗議行動が起こった。

 

映像では、ミシェルがスタジオに入った後に警官3人が蹴ったり、殴ったり、警棒でたたいたりする様子が確認できる。男性はマスクを着けていなかったため警官に呼び止められたという。ミシェル氏は、5分間殴られた際に人種差別的な言葉も受けたと主張した。

 

パリで28日、悪意を持って警官の顔の映像や写真を撮ることなどを犯罪行為とみなす法案に対する抗議デモが行われ、警察が抗議者に催涙ガスを発射する事態となった。

 

仏内務省によると、パリ中心部に約4万6000人が集結した。デモ隊の大半は平和的に行進していたが、一部が警官に石や花火を投げ付けるなどして警官隊と衝突した。複数の車や新聞販売店に火がつけられた。当局によると46人が逮捕され、20人以上が負傷した。

デンマーク


デンマークには、19歳のときにザンビアからデンマークにやってきた女性ブワリヤ・ソレンセンが2016年に設立した「Black Lives Matter Denmark」という組織がある。この団体はソレンセンを中心に活動しており、主にデンマークからの追放を宣告された亡命申請者や犯罪者の外国人を支援している。

 

米国の組織とのつながりは明らかでないが、レンセンは、米国の誰かにデンマーク支部を立ち上げるように勧められ、2017年には米国の共同創設者オパール・トメティを訪問したと述べている。

 

2020年6月、ジョージ・フロイドの死を受けて、BLMデンマークはコペンハーゲンで1万5000人の参加者を集めたデモを行った。デモの後、組織とソレンセンは、特に、デモ参加時のルールが民族や人種によって異なっていたため多くの批判を受けた。

 

デモでは、黒人のみが前に立つことができ、白人はいくつかのシュプレヒコールに参加することを禁止された。ほかにも、ソレンセンはアムネスティ・インターナショナルの従業員が白人であることを理由に、アムネスティ・インターナショナルとのデモの共催を拒否したり、資金調達許可証の紛失を平和的な「市民的不服従」と呼びながら、違法に資金を調達して物議を醸した。

 

ソレンセン自身の対立的なスタイルで運動を分裂させたと批判されている。

 

アフロ・デンマーク・コレクティブと名付けられた新組織が2020年6月に設立された。同団体はBLMデンマークと同様の目標を掲げているが、肌の色に基づいてデモに参加する人を区別しないなど、より穏健なアプローチを取っている。

ドイツ


2020年6月6日には、ドイツ全土で数万人の人々がBLM運動を支持するために集まった。 2020年7月18日には、1,500人以上の抗議者がベルリンで反レイシズムの行進に参加し、警察の残虐行為を非難した。

日本


ジョージ・フロイドの殺害をきっかけに、日本では2020年6月7日に大阪で1,000人規模のデモが行われ、2020年6月14日には東京の渋谷と原宿エリアで3,500人規模の街頭行進が行われた。

 

しかし、日本ではBLM運動はいくつかの反発を受けている。特にインターネット上では、一部のユーザーがテニスプレーヤーの大坂なおみ選手が大阪市内で行われたブBLMの行進に参加するよう人々に勧めたことを批判したことなどが知られている。

オーストラリア


2014年8月に警察に拘束されていたドゥーが死亡した後、抗議デモではBLM運動と関連することがあった。2016年7月にはオーストラリアのメルボルンでBLMの集会が開催され、3500人が参加した。この抗議集会では、オーストラリアの警察や政府によるアボリジニの虐待の問題も強調された。

 

2017年5月、BLMはシドニー平和賞を受賞した。この賞は「『正義の平和』、人権、非暴力を推進したノミネート者を表彰する」ものである。

 

2020年6月上旬、アメリカのジョージ・フロイドの抗議行動に続き、オーストラリア各地で抗議行動が行われた。しかし、その多くはアボリジニの拘束死、オーストラリアでの人種差別、その他オーストラリア先住民が直面する不正などの現地の問題に焦点を当てたものだった。

カナダ


2015年7月、オンタリオ州トロントのアレン通りをBLMのデモ隊が通行止めにした。首都圏の黒人男性2人(アンドリュー・ロクとジャーメイン・カービー)が警察に射殺されたことに抗議するためだった。

 

9月には、BLMの活動家たちがトロント通りを閉鎖した。警察の残虐性と「疎外された黒人の生活」への連帯が理由だという。BLMはトロントで行われたTake Back the Nightイベントの目玉の一つであった。

 

2016年6月、BLMはその年のプライド・トロントのパレードで名誉あるグループに選ばれ、約30分にわたりパレードの行進を阻止する座り込みを行った。

 

彼らはプライドがLGBTQの有色人種の人々との関係をよくするために、安定した資金調達、確立されたBlockoramaイベントのための会場提供、組織のスタッフとボランティアの多様性の改善、トロント警察が制服を着てパレードに参加することを禁止することなど、いくつかの要求を出した。

 

プライドのマチュー・シャンテロワ常務理事はBLMの要求書に署名したが、後で、自分は座り込みを終わらせてパレードを動かすためだけに署名したのであって、要求に従うことに同意したわけではないと主張した。

 

2016年8月下旬、トロント支部はオタワでの逮捕中に死亡したアブディラーマン・アブディの死を受け、ミシソーガの特捜部の外で抗議行動を行った。

ニュージーランド


2020年6月1日、ジョージ・フロイド氏の死を受けて、オークランド、ウェリントン、クライストチャーチ、ダネディン、タウランガ、パーマストンノース、ハミルトンなどニュージーランドのいくつかの都市で、複数のBLM連帯抗議行動が行われた。

 

2000人から4000人の参加者が集まったオークランドのイベントは、ニュージーランドのアフリカ系コミュニティの複数のメンバーが主催した。

 

オークランドの主催者であるMahlete Tekeste、アフリカ系アメリカ人駐在員のKainee Simone、スポーツ選手のIsrael Adesanyaは、アフリカ系アメリカ人に対する人種差別、大量収容、警察の暴力を、ニュージーランドの刑務所でのマオリ族や太平洋諸島人の過剰なプレゼンス、物議を醸している武装警察応答隊の裁判、2019年のクライストチャーチのモスク銃乱射事件を含むニュージーランドのマイノリティに対する既存の人種差別と比較した。

 

ヒップホップアーティストであり音楽プロデューサーでもあるMazbou Qは、ジャシンダ・アーダーン首相にも呼びかけ、アメリカ人黒人への暴力を非難した。

 

労働党主導の連立政権のメンバーである左翼の緑の党もまた、アフリカ系アメリカ人の窮状を、マオリとパシフィカのコミュニティが経験した人種差別、不平等、そしてより高い収容率に結びつけて、BLM運動への支持を表明している。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Black_Lives_Matter、2020年12月8日アクセス