· 

【社会運動】ブラック・ライブズ・マター(BLM)「黒人へのあらゆる人種的動機による暴力事件に対して抗議する社会運動」

ブラック・ライブズ・マター(BLM)/ Black Lives Matter

黒人へのあらゆる人種的動機による暴力事件に対して抗議する社会運動


黒い握りこぶしがBLMの象徴とされている。
黒い握りこぶしがBLMの象徴とされている。

概要


「ブラック・ライヴズ・マター(BLM)」は、警察の残虐行為や黒人へのあらゆる人種的動機による暴力事件に抗議して、非暴力的な市民不服従を提唱する分散型の政治的・社会的運動。日本語に直訳すると「黒人の命は大切」。

 

BLMは、黒人に対する警察の暴力に反対するだけでなく、黒人の解放に関連するさまざまな政策の変更を主張するのが一般的な運動趣旨である。たとえば、警察への出資を打ち切り、黒人コミュニティや代替的な緊急対応モデルに直接投資することを提唱している。

 

BLMは、当初、アメリカのインターネット上から始まった。2013年7月、10代のアフリカ系アメリカ人のトレイヴォン・マーティン射殺事件でジョージ・ジマーマンの無罪判決を受け、ソーシャルメディア上でハッシュタグ「#BlackLivesMatter」を使用した抗議運動が始まりとされている。

 

その後、2014年8月9日にセントルイス近郊のミズーリ州ファーガソンで18歳黒人青年マイケル・ブラウンが白人警察官によって射殺された「マイケル・ブラウン射殺事件」に対する抗議行動、および2014年7月17日にニューヨークで逮捕にあたって絞め技を使用して窒息死させた「エリック・ガーナー窒息死事件」に対する抗議行動をきっかけとして、頭デモとしてアメリカ全土に認知されるようになった。

 

ファーガソンの抗議行動以来、運動の参加者は、他の多数のアフリカ系アメリカ人が警察の暴力、また拘束中に死亡した事件に反対するデモを行ってきた。また、2015年夏、2016年のアメリカ大統領選挙でもBLMの活動家が参加している。

 

ハッシュタグと運動参加への呼びかけの発案者であるアリシア・ガルザパトリッセ・カローズオパール・トメティの3人は、2014年から2016年にかけて、このプロジェクトを30以上の地方支部からなる全国ネットワークへと拡大させた。

 

BLMは、2020年5月25日に発生したミネアポリスの警察官デレク・ショーヴィンによる「ジョージ・フロイド殺害事件」をきっかけに、全米だけでなく全世界で抗議デモが拡大し、国際的な注目を集めるようになった

 

2020年に米国で行われたBLMの抗議行動には、全員が組織のメンバーや一部ではないものを含め、推定1,500万人から2,600万人が参加し、BLMは米国史上最大級の運動となった。

 

「BLMグローバル・ネットワーク」のように、単に自身を「BLM」と名乗る特定の組織があるが、基本的にはBLMは幅広い人々や組織の緩やかな繋がりで構成されており、正式なヒエラルキーを持たない活動家たちの分散化されたネットワークである。

 

米国人のBLMに対する認識は人種によって大きく異なるが、すべての人種・民族グループにまたがるアメリカ人の大多数は、この運動への支持を表明している。

 

BLM運動への反響として「オール・リブズ・マター」というフレーズが生まれたが、「ブラック・リブズ・マター」のメッセージを否定したり、誤解を招いたりしていると批判されてきた。

 

BLMに対する人々の接し方は、時間の経過とともに急速に変化している。2018年頃の世論は否定的であったのに対し、2019年と2020年には肯定的な方向へ転換した。

 

2020年のピュー・リサーチ・センターの世論調査によると、白人の60%、ヒスパニック系の77%、アジア系の75%、アフリカ系アメリカ人の86%がBLMを「強く支持する」か「やや支持する」かのどちらかであることがわかった。人種・民族を問わず、成人アメリカ人の67%がBLMに何らかの支持を表明していることがわかった。

 

2020年9月に実施された別の調査では、55%の成人アメリカ人がBLMへの何らかの支持を表明し、運動への支持が低下したという結果も出ている。

2014年12月、カリフォルニア州オークランドで行われたBLMデモ。
2014年12月、カリフォルニア州オークランドで行われたBLMデモ。

文化におけるBLM運動


アートとBLM運動


BLM運動の歴史は2013年にソーシャルメディアでハッシュタグ「#BlackLivesMatter」を付けたことで始まり、その後、映画、歌、テレビ、ビジュアルアートなど、さまざまな芸術形態や媒体で描かれ、記録されてきた。

 

また、いくつかの例では、アートの文脈において「プロテスト・アート」または「アクティヴィズム・アート」「アーティヴィズム」と呼ばれている。

 

これらの文化的表現は、BLM運動を支援したり、広めたりする活動家間において有機的に発展している。

 

多くの都市のストリートで「Black Lives Matter」の壁画が大きな文字で描いている。おもにワシントンD.C.、ダラス、デンバー、シャーロット、シアトル、ブルックリン、ロサンゼルス、アラバマ州バーミンガムなどで活発である。

 

BLM運動と関連のあるアートとして知られているものとしてジョージ・フロイドがミネアポリスの警察官の膝で押さえつけられ死亡した殺害現場の近くで描かれた『ジョージ・フロイド追悼肖像画』『ロバート・E・リー記念碑の改ざん』などがある。

『ジョージ・フロイド追悼肖像画』
『ジョージ・フロイド追悼肖像画』

メディア、音楽、その他の文化的影響


2013年にハッシュタグ「#Black Lives Matter」を付けてBLM運動が始まって以来、この運動は映画、歌、テレビ、文学、映像芸術などで描かれ、記録されてきた。多くのメディアが人種的不正義とBLM運動に関連したコンテンツを提供している。出版された書籍、小説、テレビ番組の人気は2020年に上昇している。

 

マイケル・ジャクソンの「They Don't Care About Us」やケンドリック・ラマーの「Alright」などの曲は、デモの呼びかけ人として広く使われている。

 

短編ドキュメンタリー映画「Bars4justice」では、BLM運動に関与しているさまざまな活動家やレコーディング・アーティストが出演している。この作品は、第24回パン・アフリカ映画祭の公式セレクションに選ばれた。

 

『ステイ・ウォーク The Black Lives Matter Movement』は、2016年のアメリカのテレビドキュメンタリー映画で、ジェシー・ウィリアムズ主演のBLM運動を描いた作品である。

『エッセンス』誌2015年2月号の表紙はBLMに捧げられた。 2015年12月、BLMは『タイム』誌のパーソン・オブ・ザ・イヤー賞の候補者となり、8人の候補者の中で4位にランクインされた。

 

大坂なおみのBLM運動への参加が評価される


大坂なおみは2020年に「社会活動家(アクティビスト)」としても活動はじめ、ジョージ・フロイドの死を受けてミネソタ州で行われたBLMの抗議行動に参加している。

 

また、『エスクァイア』誌にオピニオンを投稿したり、人種差別に対する抗議としてウェスタン&サザンオープンの準決勝試合の欠場をTwitterで示唆したり、警察の銃撃で亡くなった人たちの名前が書かれたマスクを着用するなど、2020年の夏の間に積極的にBLM運動に参加した。

 

一方、日本ではこうした大坂の活動に対して「テニスに政治を絡めてくるなんて不愉快」「不買運動」「日本人をやめてください」などの誹謗中傷が相次いだ。スポンサーからも「人種差別の問題と本業のテニスを一緒にするのは違うのでは」との声が上がっているという。

 

その積極的なアクティビストとしての活動性は国際的に評価され、2020年の「スポーツ・イラストレイテッド 年間最優秀スポーツ選手」への選出につながった。

Artist Alexis Franklin Illustrates 2020 Sportsperson of the Year Covers
Artist Alexis Franklin Illustrates 2020 Sportsperson of the Year Covers

アメリカの警察活動


2002年から2011年までの司法統計局の調査によると、警察と接触した人の中で、"黒人(2.8%)は、白人(1.0%)やヒスパニック系(1.4%)よりも、非致死的な力による脅迫や使用が過剰であると認識する傾向が強かった "という。

 

ワシントン・ポスト紙によると、2019年に米国で警察官が1,001人を射殺した。殺されたのは約半数が白人で、4分の1が黒人だったことから、黒人の死亡率(100万人あたり31人)は、白人の死亡率(100万人あたり13人)の2倍以上となっている。ワシントン・ポスト紙はまた、2019年に13人の非武装の黒人が警察に射殺されたと報告している。

 

『社会心理学・人格科学』誌に発表されたCesario et alらの2019年の研究によると「致命的な銃撃戦、非武装市民の致命的な銃撃戦、無害なものの誤認を伴う致命的な銃撃戦において、反黒人の差異を示す体系的なエビデンスはない」ことが判明した。

 

しかし、Ross et alらによる2020年の研究では、Cesarioらの研究で使用されたデータ分析を批判している。同じデータセットを用いて、Rossらは、非武装の黒人容疑者が関与した警察の銃撃事件には著しい人種的偏りがあると結論づけている。この偏りは、容疑者が武装していた場合には見られない。

 

ハーバード大学の経済学者ローランド・フライヤーの研究によると、黒人とヒスパニックは、警察とのやりとりの中で非致死力を経験する可能性が50%高いことがわかったが、警官が関与した銃撃事件については「生のデータでも文脈的な要因を考慮した場合でも、人種差はない」という。

 

PLOS Oneに掲載された研究では、非武装の白人に比べて非武装の黒人に対する警察の殺害には有意なバイアスがかかっていることが明らかになった。

 

平均的なバイアスの尺度は、非武装のアフリカ系アメリカ人は非武装の白人と比較して撃たれる確率が3.49倍であったが、地域によってはリスクが20倍にもなる可能性があることがわかった。また、この研究では、警察の銃撃事件における人種的な偏りが、地域の犯罪率の違いで説明できないことも明らかになった。

 

ネイチャーの論文によると、白人の方が警察との揉め事で殺される可能性が高いのは事実だが、全体的に黒人は構造的な人種差別の問題で警察との揉め事がはるかに多く、差別的待遇をされていたという。

 

また、論文では、黒人の方が些細な犯罪や全く無犯罪なのに警察に調べられる傾向があることを指摘している。逆に、警察とのやりとりが少ない白人の方が、銃撃事件のようなより深刻な犯罪において警察が武力を行使することが多い傾向があるという。

構造と組織


緩やかな連合体


「ブラック・ライブズ・マター」という言葉は、ツイッターのハッシュタグ、スローガン、社会運動、政治活動委員会、あるいは人種的正義を標榜するグループのゆるやかな連合体を指すことがある。

 

運動としてのBLMは草の根的で分散型であり、指導者たちはリーダーシップよりも地域の組織化の重要性を強調してきた。その構造は、公民権運動のような以前の黒人運動とは異なる。このような違いは、学術的な文献の対象となっている。

 

活動家のデレイ・マッケソンは、この運動は 「黒人の命は重要であると公言し、またそれに応じて時間とエネルギーを捧げているすべての人を包含するもの」と話している。

 

2013年、パトリッセ・カローラズ、アリシア・ガルザ、オパール・トメティの3人は「ブラック・ライブズ・マター・ネットワーク」を結成した。ガルザは、このネットワークを活動家に共通の原則と目標を提供するために存在するオンライン・プラットフォームと説明している。

 

地方にある「ブラック・ライブズ・マター・ネットワーク」の支部は、組織の指導原則リストにコミットすることを求められているが、中央構造やヒエラルキーなしで運営されている。ガルザは、このネットワークは「誰が運動に参加していて誰が運動に参加していないかを取り締まる」ことに関心はないとコメントしている。

 

BLMのゆるやかな構造は、マスコミや活動家の間での混乱を助長しており、集会や個人の行動や発言は、BLM全体に起因することがある。

 

ロサンゼルス・タイムズ紙に書いたマット・ピアース氏は、「BLM」という言葉は政治的なメッセージとして機能しているのかもしれないし、また、活動家の組織に言及しているのかもしれない」と話している。あるいは、人種的不平等に焦点を当てた幅広い抗議や会話を表現するために使われる曖昧なレッテルかもしれないと話している。

 

派生的な運動


BLMの名のもとに、他のさまざまな人権団体や活動家を巻き込んだ派生的な運動も生まれている。

 

2015年には、ジョネッタ・エルジー、デレイ・マッケーソン、ブリタニー・パックネット、サミュエル・シンヤングウェの4人が、警察の残虐行為をなくすための政策改革を推進することを目的とした「キャンペーン・ゼロ」を開始した。

 

警察の改革のための10項目の計画を発表し、割れた窓ガラスに対する操作を止めさせる、警察署のコミュニティの監視を増やす、武力行使のためのより厳格なガイドラインを作成するなどの提言がされた。

 

ほかに、BLMは、LGBTQ活動家、フェミニズム、移民制度改革、経済的正義などの運動とも関わりがある。

 

M4BL(Movement for Black Lives)


M4BL(Movement for Black Lives)は、全米の黒人コミュニティの利益を代表する50以上のグループの連合体である。ブラック・ライブズ・マター・ネットワーク、全米国人弁護士会議、人権団体のElla Baker Center for Human Rightsなどが参加している。

 

Color of Change、Race Forward、Brooklyn Movement Center、PolicyLink、Million Women March Cleveland、ONE DCなどのグループから支持されており、この連合はBlackbirdという組織からコミュニケーションと戦略的支援を受けている。

 

ジョージ・フロイドの殺害事件の後、M4BLは警察を取り巻く抜本的な法改正を求めるBREATHE法を発表した。この政策法案には、警察活動の撤退や地域社会の資源や代替的な緊急対応モデルに対して直接資金を再投資することを求める声が含まれていた。

 

2016年には、M4BLは、米国における強制送還、奴隷制に関連した被害に対する賠償、さらに最近では、住宅、教育政策、大量投獄、食糧不安の生命線に対する具体的な救済を求めた。

 

資金調達


ニュスメディア「ポリティコ」は2015年、民主党の献金者の集まりである「デモクラシー・アライアンス」が、BLM運動を支持する複数の団体のリーダーとの会合を計画していたと報じた。

 

ポリティコによると、デモクラシー・アライアンスのメンバーであるテキサス州の石油富豪レア・ハント=ヘンドリックス率いる献金者連合「ソリダイル」は、2015年までにBLM運動に20万ドル以上の献金をしたという。

 

戦略と戦術


BLMは当初、ハッシュタグ活動を含む様々なソーシャルメディアのプラットフォームを利用して数千人の人々に迅速に宣伝していたが、その後は多様な戦術を取り入れている。

 

BLMの抗議行動は圧倒的に平和的であったが、警察や反対運動家による暴力を受ける事が多い。それにもかかわらず、反対派はBLM運動を暴力的であると嘘を吹聴していた。

 

インターネットとソーシャルメディア


2014年、アメリカ方言協会は「#BlackLivesMatter」をワード・オブ・ザ・イヤーに選んだ。『Yes!』誌は2014年に世界を変えた12のハッシュタグの1つとして#BlackLivesMatterを選んだ。

 

2013年7月から2018年5月1日まで、ハッシュタグ「#Black Lives Matter」は1日平均17,002回、3,000万回以上ツイートされていた。また、この期間は「#Blue Lives Matter」や「#All Lives Matter」というハッシュタグを使ったツイートも増えていた。

 

2020年5月28日には、このハッシュタグを使用したツイートが880万件近くあり、1日平均370万件にまで増加していた。

 

しかし、2016年のダラス警察官の銃撃事件をきっかけに、ネット上では運動のトーンが以前よりもネガティブになり、#BlackLivesMatterというハッシュタグを使ったツイートの39%が運動への反対を表明していた。反対派の半数近くがグループを暴力に結びつけ、多くの人がグループをテロリストと表現した

 

ラトガース大学のカディジャ・ホワイト教授は、BLMが黒人大学生運動の新時代を切り開いたと主張している。傍観者が警察の暴力の生々しいビデオをスマホで撮影し、それをソーシャルメディアに投稿することが簡単にできるようになったことで、世界中で活動が活発化したという。

 

ウィキペディアでは、2020年6月にブラック・ライヴズ・マター運動の取材に特化したWikiProjectが作成された。

Twitterでの#BlackLivesMatterのハッシュタグ数の推移。
Twitterでの#BlackLivesMatterのハッシュタグ数の推移。

直接行動


BLMは一般的に、抗議デモのような直接的な行動戦術を行う。デモで使用されるスローガンは「Hands up, don't shoot」「I can't breathe」「White silence is violence」「"No justice, no peace」「Is my son next?」などがある。

 

2018年の調査によると、BLMの抗議行動は、以前に警察に殺された黒人が多い地域で起こりやすいと分析されている。

アメリカでの注目すべきイベントやデモの年表


2014年


2014年には、ドントレ・ハミルトン、エリック・ガーナー、ジョン・クロフォード3世、マイケル・ブラウン、エジル・フォード、ラクーン・マクドナルド、アカイ・ガーリー、タミール・ライス、アントニオ・マーティン、ジェレーム・リードなど、多数のアフリカ系アメリカ人が警察に殺されたことに対して、BLMはデモを行った。

 

7月、ニューヨーク市でエリック・ガーナーが、ニューヨーク市警の警官に、禁止されている首絞めで死亡した。ガーナー殺害事件はBLM運動の火付け役の1つとして挙げられている。

 

8月のレイバーデーの週末、BLMは「フリーダム・ライド」を組織し、全米から500人以上のアフリカ系アメリカ人がミズーリ州ファーガソンに集まり、現地の組織が行っている活動を支援した。

 

また、8月にはロサンゼルス警察の警官がエゼル・フォードを射殺する事件が起き、BLMは2015年にロサンゼルスで彼の死に対する抗議を行った。

 

11月、ニューヨーク市警の警官が28歳のアフリカ系アメリカ人男性、アカイ・ガーリーを射殺した。ガーリーの死はその後、ニューヨーク市のBLMによって抗議された。

 

カリフォルニア州オークランドでは、一年で最も大きな買い物日の1つであるブラック・フライデーに、ベイエリア高速鉄道(BART)の列車を1時間以上停車させたとして、14人のBLM活動家が逮捕された。この抗議行動は、マイケル・ブラウンを殺害したダレン・ウィルソンの不起訴という決定を受けて、BLMの共同創設者であるアリシア・ガルザが主導したものである。

 

マイケル・ブラウンの不起訴決定から1週間後、ニューヨークではガーナーとブラウンの死の報復として、警察官の殺害予告を表明したイスマイユ・ブリンスリーに2人の警察官が殺害された。

 

また11月には、12歳のアフリカ系アメリカ人の少年タミール・ライスがクリーブランドの警察官に射殺された。ライスの死はBLM運動の火付け役になったとも言われている

12月、ミネソタ州ブルーミントンのモール・オブ・アメリカには、非武装の黒人男性が警察に殺害されたことに抗議するため、2,000~3,000人が集まった。モールの警察は暴動防止のための装備と爆弾探知犬を装備しており、少なくとも20人の抗議者が逮捕された。

 

2015年


2015年、BLMは、チャーリー・リューナン、トニー・ロビンソン、アンソニー・ヒル、ミーガン・ホッカデー、エリック・ハリス、ウォルター・スコット、フレディ・グレイ、ウィリアム・チャップマン、ジョナサン・サンダース、サンドラ・ブランド、サミュエル・デュボーズ、ジェレミー・マクドール、コリー・ジョーンズ、ジャマー・クラークの殺害事件など、警察の行動に対する多数のアフリカ系アメリカ人の死に反対するデモを行った。

 

3月、BLMはシカゴ市のラーム・エマニュエル市長のオフィスで抗議行動を行い、シカゴ警察内部の改革を要求した。また、43歳のカメルーン人のチャーリー・リューナンがロサンゼルス警察の警官に射殺された。LAPDはBLMのデモの後、14人を逮捕した。

 

4月、全米のBLMは、2015年のボルチモアでの抗議を含むフレディ・グレイの死を巡って抗議を行った。また、サウスカロライナ州ノースチャールストンでウォルター・スコットの銃撃事件の後、BLMはスコットの死に抗議し、警察に対する市民の監視を求めました。

 

5月、サンフランシスコで行われたBLMによる全国規模の抗議活動「Say Her Name」の一環で、ミーガン・ホッカデー、アイヤナ・ジョーンズ、レキア・ボイドらの死を含む黒人女性や少女の警察による殺害を非難するデモが行われた。オハイオ州クリーブランドでは、ティモシー・ラッセルとマリッサ・ウィリアムズの射殺事件で警官が裁判で無罪判決になった後、BLMが抗議活動をした。ウィスコンシン州マディソンでは、トニー・ロビンソンの射殺事件で警官が不起訴になり、BLMが抗議した。

 

6月、サウスカロライナ州チャールストンの歴史的に黒人の多い教会でディラン・ルーフが銃撃された後、BLMは声明を発表し、この銃撃をテロ行為として非難した。全国のBLMは銃撃事件の後数日間、行進、抗議、徹夜活動を行った。チャールストン銃乱射事件の後、多くの南部連合国の記念碑に「Black Lives Matter」と落書きされ、また破壊行為が行われた。

 

また、テキサス州マッキニーでのプールパーティーで警官が少女(女性)を膝で地面に押し付けている映像が公開された後、約800人がテキサス州マッキニーで抗議行動を行った。

 

7月、テキサス州ウォーラー郡の留置場で絞首刑にされていたとされるアフリカ系アメリカ人女性サンドラ・ブランドの死をめぐって、全米のBLM活動家が抗議行動を開始した。また、オハイオ州シンシナティでは、シンシナティ大学の警察官に射殺されたサミュエル・デュボースの死をめぐり、BLMが集会を開き抗議活動を行った。

 

ニュージャージー州ニューアークでは、1000人以上のBLM活動家が警察の残虐行為、人種的不公平、経済的不平等に反対して行進した。 また7月には、ミシシッピ州で警察に逮捕されて死亡したジョナサン・サンダース氏の死に抗議した。

8月、BLMの主催者がワシントンD.C.で集会を開き、トランスジェンダー女性への暴力の停止を訴えた。ノースカロライナ州シャーロットでは、非武装の黒人男性ジョナサン・フェレルを殺害したシャーロットの白人警官の裁判で裁判官が無効審理にした後、BLMは抗議行動を行い、ダイ・イン(参加者が死者になりきることで行われる抗議の一形式)を実施した。また、ペンシルベニア州フィラデルフィアでは、ジャネル・モナエ、ジデンナらBLMの活動家たちが、警察の残虐行為とBLMへの意識を高めるために、北フィラデルフィアで行進した。

 

マイケル・ブラウンの一周忌となった8月9日頃、BLMはセントルイスを中心に全国各地で集会を開き、徹夜で活動を行い、行進した。

 

9月には、テキサス州オースティンで500人を超えるBLMの抗議者が警察の残虐行為に反対して集会を開き、数人が州間高速道路35号線に抗議の横断幕を掲げた。メリーランド州ボルチモアでは、フレディー・グレイ事件の公聴会が始まると、BLM活動家が行進して抗議した。カリフォルニア州サクラメントでは、約800人のBLM抗議者が、警察の監視を強化するカリフォルニア州上院法案を支持するために集まった。 BLMはジェレミー・マクドールの銃撃事件に抗議した。

 

10月、シカゴで行われた警察署長会議の抗議行動中にBLM活動家が逮捕された。「Rise Up October」ではBLMキャンペーンに関連したさまざまな抗議行動が行われた。「Rise Up October」に参加したクエンティン・タランティーノとコーネル・ウェストは、警察の暴力を非難した。

 

11月、ミネアポリス警察によってジャマール・クラークが射殺された後、BLM活動家たちが抗議行動を行った。ミネアポリス第4分署警察では、継続的な抗議行動が組織された。野営中の抗議行動では、抗議者や外部の扇動者が警察と衝突し、署内を破壊したり、SUVで署内に突っ込もうとした。

 

11月下旬、第4分署からミネアポリスのダウンタウンまで、ジャマー・クラークを称える行進が行われた。行進の後、銃器とボディーアーマーを身に付けた男たちの集団が現れた。BLMの広報担当者によれば、抗議者たちを人種差別的な中傷で呼び始めたという。抗議者が武装した男たちに立ち去るように要請したあと、男たちは発砲し、5人が負傷した。負傷者は入院を必要としたが、命に別状はなかった。男たちは現場から逃走し、後に発見され逮捕された。逮捕された3人の男性は若い白人で、彼らを白人至上主義者と呼んでいたという。

 

2017年2月、逮捕された男性の1人であるアレン・スカーセラは、銃撃事件に関連する暴行と暴動の12件の重罪で有罪判決を受けた。スカセラが銃撃事件の前に友人に送っていた数ヶ月間の人種差別的なメッセージの一部に基づいて、裁判官はスカセラが「ナイーブ」だったという弁護側の主張を却下し、2017年4月に最高で20年の刑期のうち15年の刑を言い渡した。

ジャマール・クラーク銃乱射事件への抗議デモ行進(2015年11月、ミネソタ州ミネアポリス)
ジャマール・クラーク銃乱射事件への抗議デモ行進(2015年11月、ミネソタ州ミネアポリス)

2016年


2016年、BLMは、ブルース・ケリー・ジュニア、アルトン・スターリング、フィランド・カスティル、ジョセフ・マン、アブディラーマン・アブディ、ポール・オニール、コリン・ゲインズ、シルヴィル・スミス、テレンス・クラッチャー、キース・ラモント・スコット、アルフレッド・オランゴ、デボラ・ダナーなど、多数のアフリカ系アメリカ人が警察の行動で死亡したことに反対するデモを行った。

 

1月、2015年12月2日にサンフランシスコ警察官に射殺されたマリオ・ウッズの射殺事件に抗議するため、数百人のBLM抗議者がサンフランシスコでデモ行進を行った。行進はスーパーボウルのイベント中に行われた。BLMは 「マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの過激な遺産を取り戻す」ことを目標に、全国各地で抗議行動、コミュニティ・ミーティング、ティーチイン、直接行動を行った。

 

2月、17歳のソマリア難民アブドゥラヒ・オマル・モハメドが、他人との争いに巻き込まれる事件が発生した後、ユタ州ソルトレイクシティの警察に銃撃され、負傷した。この銃撃事件はBLMの抗議活動を促した。

 

6月、BLMとColor of Changeのメンバーは、女性を逮捕しようとした警察官を止めようとした2015年の事件で、ジャスミン・リチャーズのカリフォルニア州での有罪判決に抗議した。リチャーズは「平和的な捜査で合法的な拘留状態から人を不法に奪おうとした」という罪で有罪判決を受けていた。

 

7月5日、ルイジアナ州バトンルージュで37歳の黒人男性アルトン・スターリングが、白人のバトンルージュ警察の警官2人に地面に固定された状態で至近距離から数発撃たれた。

 

7月5日の夜、バトンルージュでは100人以上のデモ隊が「正義も平和もない」と叫び、花火を打ち上げ、交差点を封鎖してスターリングの死に抗議した。7月6日、BLMはバトンルージュで「We love Baton Rouge」を唱え、正義のためのコールをしながらキャンドルヴィグルを開催した。

 

7月6日、フィランド・カスティーリャはセントポール郊外のファルコン・ハイツで車を駐車した後、ミネソタ州セントアンソニーの警察官ジェロニモ・ヤネスに射殺された。カスティーリャは、ヤネスと別の警官に車を止められたときに、ガールフレンドと彼女の4歳の娘を乗客として車を運転していた。

 

彼のガールフレンドによると、免許証と登録証を聞かれた後、武器の携帯所有免許証も持っており、車の中に1つ銃を所有していたと警官に話したという。彼女は次のように話している。「巡査は動くなと言った。彼が両手を上げようとしたとき、警官は彼の腕を4、5発撃った」。

 

彼女は銃撃の直後にフェイスブックでビデオをストリーミング配信した。射殺事件の後、BLMはミネソタ州とアメリカ全土で抗議活動を行った。

フィランド・カスティーリャ射殺事件への抗議デモ行進(2016年7月7日、ミネソタ州セントポール)
フィランド・カスティーリャ射殺事件への抗議デモ行進(2016年7月7日、ミネソタ州セントポール)

7月7日、テキサス州ダラスで、アルトン・スターリングとフィランド・カスティーリャの死亡に抗議するために組織されたBLMの抗議行動が行われた。平和的な抗議行動の終盤、待ち伏せしていたマイカー・ザビエル・ジョンソンが発砲し、警察官5人を殺害し、他の7人と民間人2人を負傷させた。その後、ロボットによる爆弾によって銃撃犯は殺害された。

 

警察によると、亡くなる前、ジョンソンは「彼はBLMで動揺していた」と述べ、「彼は白人、特に白人警官を殺したいと思っていた」と述べていたという。テキサス州のダン・パトリック副知事や他の保守派議員は、今回の銃撃事件をBLM運動のせいにした。

 

BLMネットワークは銃撃事件を糾弾する声明を発表した。7月8日、全米各地で行われたBLMの抗議行動では100人以上が逮捕された。

 

7月前半には、アメリカの88都市で少なくとも112件の抗議行動があった。7月13日には、NBAスターのレブロン・ジェームズ、カーメロ・アンソニー、クリス・ポール、ドウェイン・ウェイドが2016年のESBY賞のオープニングにBlack Lives Matterのメッセージを掲げた。

 

7月26日には、BLMはテキサス州オースティンでラリー・ジャクソン・ジュニアの銃撃死から3周年を記念して抗議行動を行った。

 

7月28日、シカゴ警察の警官がポール・オニールを後ろから撃ち、カーチェイスの後に死亡させた。 銃撃後、数百人がイリノイ州シカゴで行進した。

 

8月1日、ボルチモア近郊のメリーランド州ランドルスタウンで、警察官が23歳のアフリカ系アメリカ人女性コリン・ゲインズを射殺し、息子も射たれて負傷した。

 

8月にはペンシルバニア州ピッツバーグで、前年1月に警察から逃げようとした際に警察犬を刺して致命傷を負ったブルース・ケリーJr.の死を受けて、BLMが抗議行動を行った。

 

8月に入り、複数のプロスポーツ選手が国歌斉唱の抗議行動に参加するようになった。ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)では、サンフランシスコ49ersのコリン・ケーパーニックが、2016年のチームの3回目のプレシーズンゲームの前に、「立つ」という伝統に反して、国歌斉唱中に「座った」ことをきっかけに抗議行動が始まった。試合後のインタビューで彼は彼の立場を説明し、「私は黒人や色の人々を抑圧する国の旗に誇りを示すために立ち上がるつもりはありません」と話した。

 

9月には、オクラホマ州タルサのテレンス・クラッチャーとノースカロライナ州シャーロットのキース・ラモント・スコットの警察官による射殺事件にBLMが抗議した。

 

シャーロット・オブザーバー紙によれば、「銃撃事件の数時間後、夜になると抗議者が集まり始めた。彼らは「私たちを殺すのをやめろ」や「ブラック・ライブズ・マター」と書かれた看板を持ち、「正義なしに平和はない」と唱えた。現場は時に混沌とした緊迫したもので、水筒や石が警察の列に投げつけられることもあったが、多くの抗議者が平和を求め、仲間のデモ隊に暴力的な行動をしないよう呼びかけた。

 

アルフレッド・オランゴの銃撃事件の後、9月と10月にカリフォルニア州エルカジョンで複数の抗議行動が行われた。

 

2017年


BLMは2017年2月10日にテネシー州ナッシュビルで発生したジャック・クレモンの銃撃事件に抗議した。

 

2017年5月12日、デビッドソン郡のグレン・ファンク地方検事が警察官ジョシュア・リッパートの不起訴を決定した翌日、BLMのナッシュビル支部はバンダービルト大学のキャンパス近くでデモを行い、ナッシュビル市長メーガン・バリー氏の邸宅に至るまでデモを行った。

 

ウィリアム&メアリー大学で9月27日、バージニア州シャーロッツビルで開催されたユナイト・ザ・ライトの集会の権利をACLUが争ったことを理由に、ブラック・ライヴズ・マターに関連する学生がACLUのイベントに抗議した。ウィリアム&メアリー大学のテイラー・リベレー学長は、オープンディベートへの大学のコミットメントを擁護する声明を発表した。

 

2018年


2018年2月と3月、バージニア州リッチモンドにあるユニテリアン・ユニヴァーサリズム協会は、社会正義に焦点を当てた活動の一環として、第2回目となる「ブラック・ライブズ・マター展」が開催された。

 

バージニア・コモンウェルス大学のキャベル図書館の大型スクリーン(ジャンボトロン)には、展示作品が投影された。

 

展覧会に出品したアーティストは、バージニア・コモンウェルス大学のヒブス・ホールにある小さな円形劇場で行われたイブニング・フォーラムで、自分の作品について議論した。彼らはその後、映画『A Raisin in the Sun』の地元上映会にも招待された。

 

4月にCNNが報じたところによると、BLM運動の一環と主張していた最大のフェイスブックのページが、オーストラリアの白人男性と結びついた「詐欺」だったと報じた。CNNによると、このアカウントは70万人のフォロワーを持ち、米国のBLM運動のためと称して10万ドル以上を集める募金活動をしていたが、一部はオーストラリアの銀行口座に振り込まれていたという。フェイスブックは違反ページを停止した。

 

2020年


2020年2月23日、ジョージア州グリン郡で非武装の25歳のアフリカ系アメリカ人男性アマド・オーブリーがジョギング中に射殺された。オーブリーは、2台の車を運転していた計3人の白人住民に追われていた。3人の男性はその後全員、殺人を含む9つの罪で起訴されている。

 

3月13日、ルイビルの警察官が26歳のアフリカ系アメリカ人のブレオナ・テイラーのアパートのドアを蹴破り強制捜査を行った。彼女は麻薬所持の疑いで強制捜査による捜査令状が出ていた。

 

警察は数発の発砲し、彼女を射殺。当時一緒にいた彼女のボーイフレンドが911に電話し、「誰かがドアを蹴って彼女を撃った」と話した。その後、ルイビルでは警察改革を求める抗議行動が行われた。

 

5月25日、ニューヨークのセントラルパークで黒人のバードウォッチャー、クリスチャン・クーパーさんが、犬の放し飼い禁止エリア「ランブル」で白人女性に犬を鎖に繋いでくれと頼んだことから、白人女性と口論になった。白人女性が「アフリカ系アメリカ人男性に脅されている」と警察に通報したことをきっかけに、トラブルがエスカレートした。

 

7月6日、マンハッタン地方検事局は、この白人女性が第3度の事件を虚偽報告した罪で起訴すると発表した。

 

ジョージ・フロイド殺害事件


5月末には、上記のような人種差別的な出来事が相次いだことに拍車がかかり、米国と3大陸の都市や町で450以上の大規模な抗議デモが開催された。

 

突破口となったのは、主にミネアポリスの警察官デレク・ショーバンがジョージ・フロイドを殺害した事件である。

 

警察官のショーバンが約9分間にわたってフロイドの首を膝で押さえ付け、一方でフロイドが「I can't breathe(息ができない)」と何度も命乞いをしているビデオがネットを通じて拡散された後、彼は第二級殺人罪で起訴された。

 

抗議者の追加起訴要求で、他の3人の警官が第二級殺人幇助罪で起訴された。

 

BLMは5月30日以降、米国をはじめ世界中で集会が組織化され、多くの抗議者がフロイドの最期の瞬間を再現し、多くの抗議者が路上や橋の上で横たわって「I can't breathe」と叫びながら、何千人もの単位で行進した。

 

ほかに、「Tell your brother in blue」「don't shoot"—"Who do you call when the murderer wears a badge?」「Justice for George Floyd」などのプラカードが掲げられた。

膝で首を押さえつけられるジョージ・フロイド。
膝で首を押さえつけられるジョージ・フロイド。

BLMが呼びかけた「警察の財政打ち切り」というスローガンは、警察制度の廃止、警察や刑務所の売却、有色人種のコミュニティの社会サービスへの再投資など、様々な解釈がある。

 

2020年、ワシントンD.C. BLM支部の要求は、警察への資金提供の中止、新しい刑務所の建設の停止、セックスワークの非定型化、学校からの警察の排除、デモ参加者の無罪化、メリーランド州での現金保釈の廃止であるとNPRは報じている。

 

ワシントンD.C.のミュリエル・クッパ市長は6月5日、ホワイトハウスの外の通りの一部の名称を正式に「ブラック・ライブズ・マター・プラザ」に改名したことを発表した。

 

6月7日、世界的なジョージ・フロイドの抗議デモとBLMの「警察への資金提供を中止せよ」という呼びかけを受け、ミネアポリス市議会は警察部門を解散し、有色人種のコミュニティの社会プログラムに資金をシフトすることを決議した。

 

また、ミネアポリス公立学校、ミネソタ大学、ミネアポリス公園レクリエーションがミネアポリス警察との関係を断ち切った後、議会の投票が行われた。

 

7月20日、BLMによって組織された「ブラック・ライブズのためのストライキ」では、フロイドの死後、全米の何千人もの労働者が、人種差別への意識を高めるための行進をした。5月22日から8月22日まで、米国では10,600件以上のBLM抗議イベントが開催された。

ワシントン国立大聖堂のファサードに映写された「Black Lives Matter」の文字。2020年6月10日。
ワシントン国立大聖堂のファサードに映写された「Black Lives Matter」の文字。2020年6月10日。

そのほかのブラック・ライブズ・マター関連記事


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Black_Lives_Matter、2020年12月5日アクセス

https://en.wikipedia.org/wiki/Black_Lives_Matter_movement_in_popular_culture、2020年12月5日アクセス