· 

【世界のシリアルキラー】アルバート・フィッシュ「ブルックリンの吸血鬼」

アルバート・フィッシュ / Albert Fish

ブルックリンの吸血鬼


概要


生年月日 1956年2月29日
死没月日 2002年10月9日
活動国 アメリカ
確定犠牲者 7
活動期間 1989-1990

ハミルトン・ハワード・"アルバート"・フィッシュ(1870年5月19日-1936年1月16日)は、アメリカの連続殺人犯、児童強姦魔、人食い。

 

「灰色の男」、「ウィステリアの狼男」、「ブルックリンの吸血鬼」、「月の狂人」、「ブギーマン」などさまざまな愛称で知られている。 

 

フィッシュはかつて「すべての州の子どもを殺した」と自慢したことがあり、一時は被害者の数が約100人だったと話していた。

 

しかし、彼がレイプに言及していたのかカニバリズムに言及していたのかは不明であり、また、その発言が真実であったかどうかも不明である。

 

フィッシュは生涯で少なくとも5つの殺人の容疑者だった。警察が殺人と突き止めた3件の殺人を自白し、他にも少なくとも2人を刺したことを自白している。

 

フィッシュは1934年12月13日に逮捕され、グレース・バッドの誘拐と殺人の罪で裁判にかけられた。彼は有罪判決を受け、1936年1月16日に65歳で電気椅子で処刑された。彼の犯罪は2007年の映画『灰色の男』でドラマ化された。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Albert_Fish、2020年6月15日アクセス