カテゴリ:キャリー・マディ



新型コロナウイルス · 12日 10月 2021
【経歴・Wiki】キャリー・マジェ(マディ)「ワクチンを利用した人類支配と進化計画を暴露」
キャリー・マジェ博士はアメリカの医者。ジョージア州にある2つの大きな診療所に勤務していた。 20代からワクチンに魅了されて以来、現在にいたるまでワクチンを研究してきたワクチンのエキスパート。 徹底機な研究により、組換えDNAや組換えRNAなどの新しい技術がCOVID-19ワクチンに取り入れられていることを発見し、2020年に6月にいち早く警告を発した。その警告で彼女が明らかにしたことは非常に憂慮すべきことで、SNSなどを通じて拡散され、話題になった。
新型コロナウイルス · 12日 10月 2021
【コロナワクチン告発】キャリー・マディ博士「脳の電磁波には愛の電磁波が有効です」(2021年3月)
愛と愛の周波数はエネルギーに満ち、しかもそれは私たちが知る限りで最高のエネルギーです。 これについては科学的な証拠さえあります。私は私の直観を聖書から手に入れます。でも私は科学を愛しています。科学は聖書が語ることの多くを証明するからです。 愛は高次の周波数です。だから私たちが互いにしっかり結びつき、マスクを外すならば、自分や他人を非人間化することはありません。
新型コロナウイルス · 12日 10月 2021
【コロナワクチン告発】キャリー・マディ博士「医薬品の安全性を回避する「緊急使用許可」の罠」(2021年3月)
米国は「緊急事態準備法」の下にあるのでワクチンは公共の福祉に役立つというわけです。世界中のほとんどの国々で、多少の差はあれ、緊急事態法が施行されています。 緊急事態法が施行されれば、医薬品の安全性をチェックする審査機構を緊急事態の名目で回避することができます。 だから人々はこのワクチンが従来の他のワクチンと同じようなものだと思っています。しかしそうではない! このワクチンが安全で有効だと言える根拠はまったくありません。実験はまだ終わっていないのだから。
新型コロナウイルス · 07日 10月 2021
【コロナワクチン告発】キャリー・マディ博士「接種前に精子や卵子を冷凍保存しろ!」(2021年3月)
次にコードに注目しましょう。このコードは非常に憂慮すべきものです。じっくり調べてみなければならないものがそこに見出されたからです。 まず最初に遺伝子コードの中にHIV-1の18個の要素が確認されました。身体がHIVまたはエイズを引き起こすことはないと言われていますが、本当のところは分かりません。
新型コロナウイルス · 07日 10月 2021
【コロナワクチン告発】キャリー・マディ博士「「今回はよくない」では許されないmNRAワクチン」(2021年3月)
今回のインフルエンザワクチンはよくなかった。効き目もないし、病気になった人もいる。しょうがない、もう二度と間違えないようにしようでは済まないのです。 遺伝子が改変されているかもしれないからです。製薬会社が問題は一時的なものだといっても、本当のところはわかりません。今はライブ実験中であることを忘れてはいけません。
新型コロナウイルス · 02日 10月 2021
【コロナワクチン告発】キャリー・マディ博士「すべてのワクチンは発癌を促進させる」(2020年6月発表)
すべてのワクチンについて知るべきもう1つの重要な事実は、多くのワクチンが1960年代に堕胎した胎児(※14週の白人男児の肺組織)細胞株、MRC-5を使用しているということです。これは「不死化細胞株」といいます。不死化とは死なないことを意味します。 つまり、アポトーシス(細胞が自然に死んでいくこと)を経る能力を失った細胞であり、死のプロセスを経ることが出来ない細胞を癌とよびます。これが癌の定義です。 つまり、彼らは癌細胞を使っていることを気づかれないために、さまざまな言葉を使うのです。
新型コロナウイルス · 02日 10月 2021
【コロナワクチン告発】キャリー・マディ博士「副反応が起きてもワクチン会社に責任なし」(2020年6月発表)
しかも、ワクチンメーカーは大概、製造物責任を免除されています。 つまり、もしそれらが発作や麻痺などを引き起こしたとしても、彼らは責任を負わないということです。彼らはまた、無作為比較試験も免除されています。COVID-19ワクチンはすでにそうですが、細菌では他のワクチンでも同じやり方をしてるようです。
新型コロナウイルス · 02日 10月 2021
【コロンワクチン告発】キャリー・マディ博士「コロナワクチンの本質は「ヒト」を「モノ」化すること(2020年6月発表)
これからやってくる「ワクチン」については、「人間であることと」非常に重要な問題になるので、まず基本的な事実をお伝えします。 ヒトの細胞株や人間に移転すると、私たちが「特許」を取られる可能性がある、ヒトの細胞株が特許を取られる可能性があるということになるのです。そして、特許を取得するということは、所有者が必要となるわけです。私が何を言おうとしているかきっとわかっていただけたかと思います。
新型コロナウイルス · 02日 10月 2021
【コロンワクチン告発】キャリー・マディ博士「異物混入ワクチンはヒトをロボットにする」(2020年6月発表)
では話を戻して、ワクチン使用について現在の研究や症例に欠陥があるなら、なぜ私たちはこれほどまでにワクチン接種を押し付けられるのでしょうか? それではお金の流れを追ってみましょう。大抵、いろいろなことが見えてきます。 2011年、ドイツのキュアバックはRNAワクチンの研究開発のために3300万ドルを受け取りました。2013年には、モデルナ・セラピューティックスはRNAワクチンの研究開発のために2500万ドルを受け取りました。 そして2015年、イノヴィオはDNAワクチンのために4500万ドルを受け取りDNAナノテクノロジーを使用していることを認める発言をしました。 ナノテクノロジーというのは、ミクロの極小ロボット生物を使っているということなのですよ。これらの企業はすべてゲイツ財団の支援を受けているか、何らかの形でゲイツ財団と関連しています。