ディープステート「ゲイツ、ソロス、シュワブなどのグローバルな闇の政府」

ディープ・ステート /Deep State

グローバルな闇の政府



ディープステート(または影の政府)とは、有権者に選ばれた者ではなく、政府と選挙で選ばれていない官僚やキャリアによって運営されている組織

 

ディープステートは、政府機関や軍隊の官僚、政府機関の外にいる意思を持った仲間(主流メディア、政党、ロビイスト、コンサルティング会社、大企業など)が連携して、政府の政策の決定、統制、操作に関与している。

 

ディープステートは一般に、リベラルでグローバリスト、そして反生命的な世界観を持っており、最終的には一つの世界政府のユートピアを確立することを目的としている。

 

ディープステートは「行政国家」と似ており、巨大なFDAのような凝り固まったあらゆる連邦政府機関を含んでいる。

 

また、ミッチ・マコーネル、ナンシー・ペロシ、チャック・シューマーなど、権力を維持することに固執する既成政治家は、時間とともにディープステートの協力者となりがちである。

 

情報機関をはじめとする国家安全保障関連機関がディープステートの大部分を占めると考えられているが、ディープステートはあらゆる政府機関に対して非常に強い統制力を発揮しているとみなされている。

 

上級管理職はその顕著な例であり、軍隊の現・元将軍の一部もその例となる。

 

外交問題評議会、ビルダーバーグ・グループ、三極委員会などの非政府組織も、ディープ・ステートの一翼を担い、政府の政策に大きな影響力を持っている。

 

また、多くの人が信じていることとは逆に、少数の人々が世界経済をほぼ完全に支配しており、ウォール街の利益と少数の裕福な左翼のグローバリストの寄付者がディープステートを構成している。

 

目的は民主主義の排除


ディープステートの真の目的は、民主主義を排除することである。

 

ヨーロッパでは、人々がまだ何らかの権利を有していると思わせるために、議会議員に投票することができるが、EUのリーダーは選挙で選ばれていない。他の国家の長達が指名する。投票によって政府を打倒する民衆の権利を、うまく排除する仕組みを作り上げている。

 

その中心人物3名が、ソロス、ゲイツ、シュワブである。それぞれが、異なるものを提供している。

 

シュワブは、より経済面においてです。彼はいわば『マルクス主義の万能薬』を本当に信じている。

 

ソロスは、そのオープン・ソサエティ財団をもって、『統一世界政府』を信じている。彼の考えは、国連が世界の圧倒的な支配者と化すことである。

 

ゲイツの父親は『プランド・ペアレントフッド』のリーダーでした。これは、マイノリティの領域で人口を減らすべく、設立された。

 

シュワブは、若い指導者集団を形成し、未来の国家元首となる人々を養成しています。ニュージーランドの国家元首アーダーンは、その卒業生である。

 

クラウス・シュワブの『洗脳作戦』を卒業した多くの他の者たちについて知るなら、驚くことだろう。

ドナルド・トランプへの攻撃


ドナルド・トランプ大統領は、保守的なアメリカ・ファーストの政策を推進・支持したため、政府官僚やエスタブリッシュメント内部を含む左翼からの大きな反発に直面した。

 

オバマの残党たちは、トランプ大統領のアジェンダを阻止し、リベラルな政策を継続するために行動した。その1つがリーク・陰謀論攻撃である。

 

トランプ政権は、ディープステートから多数の陰謀論の吹聴や情報漏えいの被害に遭った。その多くが米国の国家安全保障を脅かすものだった。2017年7月には、平均して1日1回リークが発生し、それはオバマ大統領やブッシュ2世の7倍ものリークに直面していた。

 

特別顧問で元FBI長官のロバート・ミューラーが率いるロシア疑惑陰謀論に関しては、トランプ大統領に極端に偏った思考の捜査官を雇っていたことが発覚した。結局、トランプとロシアに関係はなかった。

 

2017年5月、民主党のデニス・クシニッチ元米国下院議員は、FOXニュースのインタビューにおいて、「官僚機構内のディープステートが、トランプを大統領職から引きずり降ろそうとしている」と発言した。

 

彼はさらに、次のように詳しく述べた。「アメリカ合衆国の政治プロセスは、情報機関やその機関に属する個人によって攻撃を受けている。(中略)政府機関の政治問題化が進み、大統領の失脚を意図した匿名で身元不明の人々からのリークにつながっている。(中略)これはアメリカにとって非常に危険なことだ。

 

これは共和国に対する脅威であり、我々の生活様式に対する明白な現在進行系の危機を生み出している。そのため、我々は『この人々の動機は何なのか』と問わねばならない。誰がこのようなリークを流しているのか?

 

なぜ誰も、自らの立場を明かさずにメディアを通じて攻撃する代わりに、自らの名前と評判を背景に名乗り出て告発を行わないのだろうか?」

 

保守派の元国家安全保障会議職員リッチ・ヒギンズは、「グローバリスト、銀行家、イスラム教徒、共和党の既成政党」がドナルド・トランプ大統領の地位を弱め、最終的には破壊しようとしているとメモで述べ、ディープステートについて警告した。

 

トランプ大統領の国家安全保障顧問を務めた保守派のセバスチャン・ゴルカは、トランプ大統領の保守的で民族主義的なアジェンダを損なおうとするディープステートが働いている例をいくつか明らかにした。

 

トランプ政権関係者は、ディープ・ステートが自分たちと大統領のアジェンダを傷つけるためにセキュリティ・クリアランスを開始するプロセスを「武器化」したと主張している。

 

一党独裁の情報機関は、トランプ大統領が反トランプの論客であるジョン・ブレナンの機密アクセス許可を取り消したことに反対し、複数の元CIA長官がこの決定に反対する書簡に署名した。

 

国務省はウクライナ共謀罪のスキャンダルをめぐって、トランプ大統領に政治的ダメージを与えるために動いた。