· 

閻麗夢インタビュー「2020年9月22日:インドWIONインタビュー」書き起こし(後半)


-あなたのレポートについて話しましょう、閻博士。あなたは3人の他の研究者とともに26ページのレポートを書きました。しかし、科学界の人々は圧倒的な力であなたのレポートを否定しています。彼らは非科学的で偽物だと言っています。

 

そうですね、彼らがそのように言っているのは知っています。しかし、なぜ私はネット上で公開することを選んだのでしょうか?なぜなら、このようなことが起きるとわかっていたからです。査読を通して、この種の権力を通して、彼らが何をしてきたかわかるはずです。

 

WHOはヒトヒト感染はないと言いました。彼らはすでに知っていたにもかかわらず。WHOはマスクは必要ない、感染爆発はしないと言いました。それから、彼らはヒドロキシクロロキンはとても有害な薬でCOVID-19の治療や予防には効果がないと言いました。これらはすべてウソです。

 

「ランセット」「ネイチャー」「サイエンス」などの査読付きジャーナルは今までいくつの査読済み論文が偽データを使ったり他の問題があったという理由で撤回されたでしょうか?この緊急事態において人々は選択権を与えられるべきです。すべての人がこのレポートを読み、自分自身で検証する権利があります。

 

私は理由を載せました。彼らがどのように作ったのか載せました。レポートの最後に100個以上の参考文献を載せました。あなたは宝の地図のように追跡することができます。これは以前は誰がやったのか?

 

世界の中で、誰がそのようなことをするためにこの伝統的な技術を使い、公表して専門家になったのか?ウイルス自然由来説を支持し、自然由来説を疑っていない、沈黙を保っている科学界の人々がなぜこのレポートをとても恐れているのか理解するでしょう。

 

私は攻撃されても構いません。これは私のためではありません、私自身のためではありません。私は真実を伝えると決意した当初から、私の命はいつでも終わる可能性があるとわかっています。私はただ、人々にレポートを読んで真実を理解してほしいのです。これは、あなたや、あなたの家族、あなたが大切にしたい人や未来に関わることです。

 

そして最も重要なのは、どのようにこの歴史的なパンデミックを終わらせるのかです。最初から未来まで

 

-しかし、あなたの論文は科学論文なのであえて反論します、閻博士。あなたに対する批判はこうです。あなたは査読付きジャーナルに行かなかった。あなたの研究はこのパンデミックと戦う努力に対して悪影響になるかもしれない。あなたが研究をしていた香港大学はこう言いました。あなたはコロナウイルスのヒトヒト感染について研究をしたことがなく、あなたの主張は科学に基づいていない。なぜ、世界中の多くの科学者は、あなたの主張に異議を申し立てているのでしょうか?

 

なぜなら中国共産党は真実を恐れているからです。そして彼らの協力者も真実が明らかになって責任を問われるのを恐れています。私が言えるのは、私の論文を検索してみてくださいということです。

 

彼らは私はただのハムスター飼育係だった、私は何も知らないと言いました。しかし私は、「ネイチャー」に共同執筆した論文を公開したことがあります。COVID-19の動物モデルや感染症モデルの科学者に推薦された良い論文です。多くの引用されているランセットのCOVID-19感染症の論文もあります。私は特許出願中の万能インフルエンザワクチンも持っています。これら全てが示しています。

 

もし香港大学が私の研究を拒否するとしたら、それは滑稽です。私は証拠を持っています。私のレポートは一般に公表する前にアメリカ政府関係者にも読まれました。フィードバックは全て肯定的で強く支持されました。査読されていないとか、無意味な批判があるかどうかにかかわらず、このレポートはすでに有資格者に読まれ認められました。

 

-あなたの論文と共著者は、Rule of Law Societyと呼ばれる組織と関わりがあります。政治組織であり、研究組織ではありません。亡命した中国人ビリオネアの郭文貴氏とトランプ大統領の元首席戦略官スティーブ・バノンと関わりがある組織です。専門家たちは、あなたのこの提携関係は利益相反だと言っています。あなたとRule of Law Societyはどのような関係ですか?なぜ、あなたは研究プロジェクトのために政治組織のサポートが必要なのですか?

 

私はこれについて説明しなければなりません。これは政治とは関係ありません。その組織の人々が政治と関わりがあるだけです。

 

もし、この組織を批判するのなら、私は言えるのは、私はFoxニュースの最初のインタビューに出演した7月から私はすでに言っていましたが、私が香港から香港と中国共産党政府の監視から脱出してアメリカへ来ることができたのは、Rule of Law Foundationが私を助けてくれたからです。

 

この人々は中国共産党に対抗し、真実を伝えようとし、そのために寄付をしている組織です。彼らは真実を伝え邪悪な政府と戦う私のような人々を助けています。私にとってこれは私の命を救ってくれた組織なのです。その後ろに寄付をしてくれたり、命を懸けてくれた多くの人々がいます。

 

私が世界に真実を伝えるのを助けるために彼らの助けがなければ、私は人目につくことはなく、中国共産党に対抗して、世界に真実を伝えたいと思っている証人がいることを誰も知ることはなかったでしょう。

 

政治目的というのはとても滑稽です。例えば、ハーバード大学は以前、中国共産党からお金をもらいましたか?MITは否定できますか?これらの科学者たちはこのような機関で働いています。彼らは中国から中国共産党からお金を受け取っています。彼らは政治目的を持っていると言うことができますか?彼らが研究のためにお金を受け取っているという理由で?

 

それに私は香港を去りました。私は香港大学や他の研究所に所属していると書くことはできません。それは私の論文の事実とは何の関係もありません。組織名を載せたのは、私を助け、私が世界に真実を伝えるためにチャンスをくれた人々に感謝を示すためです。

 

-とても興味深いです。閻博士、中国が投資しているシンクタンクやメディアについても多く書かれています。現在あなたは中国がソーシャルメディア大手も動かしていると言っています。中国は武漢ウイルスに関する研究や発見についても影響を及ぼせると思いますか?

 

私は中国の2つのトップの医学大学で勉強し、医学博士と哲学博士の学位を取りました。私はたくさんの人々を知っており、広大なネットワークを持っています。中国の病院や研究所、軍の研究所もです。政府機関もです。そして私は香港で何年も、約8年間働いていました。WHOの実験室では5年間働いていました。

 

すべての私の経験と知識から中国共産党とお金と力は全世界に影響を及ぼしているということができます。あなたの想像をはるかに超えています。

 

彼らはとても、何と言ったらいいのでしょうか、隠された手段を使っています。(中国に)動かされていることに気づいていない人もいます。最終的に気がついたときには、すでに腐敗していて彼らは何も言うことができません。みんなこれらのことを恐れているのです。もちろん、これらの人々に罪はありません。しかし、私から言えることはこれは彼らの影響力が世界に対してどれだけパワフルかという例です。

 

-中国はウイルスをコントロールする方法についてどのくらい知っていますか?知っているから中国の数字は世界に比べて少ないのですか?もし実験室で作られたウイルスだった場合、世界はその脅威を正しく理解できていますか?

 

それは私が本当にできるだけ早く人々に調査してほしいことです。すべての人の健康と未来に関することだからです。まず最初に覚えておかなければならないのは、これは実験室で作られ、故意に実験室から放たれたということです。それは次のことを示します。

 

まず、私たちウイルスの専門家がわかっているのは、一つの研究中にたった一つのウイルスしか作らないということは決してないということです。通常はウイルス候補のグループを作ります。そしてこのような機能獲得実験をするとき、彼らは他のタイプのウイルスも作ります。想像してみてください、これは一番最初のウイルスでしかなく、それがすでに歴史的なパンデミックを起こしたのです。この後、何が起きるでしょうか?覚えておいてください。中国共産党政府は世界にパンデミックを止めてほしくないのです。ずっと続いてほしいのです。

 

次にこれを起こした人々に責任を取らせなければなりません。中国共産党と一緒に働いた科学者だけではありません。中国共産党政府がこれを起こした張本人なのです。再び同じことが起きないように、彼らに責任を取らせなければなりません。

 

3つ目は実験室に徹底的な調査をしに行かなければなりません。このウイルスについて理解するためのより多くの証拠が出てくる可能性があります。そうすれば、やっとこの問題の解決策を見つけることができるでしょう。

 

-あなたは香港大学の上司にレッドラインを超えるなと言われました。あなたは武漢の李文亮氏のような他の中国人内部通報者がどのような運命になったか見ましたよね。しかし、あなたは出てきて真実を伝えることを選びました。なぜでしょうか?閻博士。

 

なぜなら、私はそれができる博士であり科学者だからです。私が真実を見たとき、私が情報を得たとき、私にはそれが何なのかを知り、理解する知識がありました。私が当時尊敬していたWHOや海外の専門家は何も反応しませんでした。

 

中国共産党はこの手段を使って世界を変えようとしていました。つまり、このときは緊急事態でした。1月17日に私は一人でこのメッセージを伝えると決意しました。私はYouTubeでメッセージを伝えるのを手伝ってもらうため路徳氏に連絡をしました。私は世界に真実を知ってほしかったのです。このときは春節で人々が移動する時期でした。武漢は世界最大の交通拠点です。想像してみてください。人々が保護具なし、監視なしで旅行するのです。このウイルスが中国全土に世界中に広がるのです。

 

海外の専門家は調査をするために中国共産党に圧力をかけ主導権を握るために責任を認めさなければなりません。それが私が路徳氏に言ったことであり、路徳氏のYouTube番組で1月19日に言ったことです。私は自分や家族に命の危険があるとわかっていました。しかし、選択の余地はありませんでした。もし、その時にやらなければ、私は一生後悔することになっていたでしょう。そして私は、その後一生、真実を伝えることはできなくなっていたでしょう。

 

-私はあなたの命の危険があるか聞こうと思っていました。明らかにあるのですね。次は何をする予定ですか?閻博士。

 

まず2番目の科学レポートをできるだけ早く公表をする予定です。それと同時にアメリカの関係者と協力し、多くの証拠を提供します。すでに多くの提供をしています。

 

そして、この状況が正しい方向に行き、より多くの人々が、これは何なのか、なぜこの酷いパンデミックに巻き込まれているのか、わかるようになることを望みます。これは初めから避けられるべきことでした。このパンデミックの中で、誰も命を失うべきではありませんでした。誰も傷つくべきではありませんでした。

 

そして最後に私は人々が、誰が責任を取らなければならないのか、中国共産党は邪悪な政権であると理解することを望みます。私たちは力を合わせてCOVID-19の起源と真実を見つけ、これを起こした人々に責任を取らせなければなりません。中国政府に責任を取らせなければなりません。

 

-あなたは世界があなたのような内部通告者の声を聴いてくれると思いますか?中国がこのようなパンデミックの責任を取ると思いますか?

 

私は他の人をコントロールすることはできません。私ができるのは証拠を提供することです。私は真実を伝えるためベストを尽くしています。人々は私の証拠を検証することができます。しかし、TwitterやFacebookで私を黙らせないでほしいです。とても不公平です。私は最初から現在まで、そして今後もベストを尽くして人々に知らせていきます。

 

人々は自分自身で検証することができます。どちらの話を聞きたいのか選ぶことができます。それはあなたの権利です。重要なのは、あなたは両方の声を聞ける、私のような人々の声も聞ける権利を持たなければならないということです。