中国共産党

中国共産党 · 07日 5月 2021
中国共産党と中国人民解放軍
中国人民解放軍は、中国共産党が所有する軍隊である。国が所有する軍隊でもなければ国民が所有する軍隊でもない。 人民解放軍は、1995〜1996年の台湾海峡危機を契機として大幅に改善されている。特に2000年以降の兵器の質の改善と量の増加は目覚ましい。人民解放軍は、総合的な能力において米軍に追いつくまでにはいたっていないが米軍との差を縮小させる方向に推移している。 戦場までの距離の近い中国本土近傍(台湾、東シナ海)のみを支配するのであれば、人民解放軍に大きな利点を与え、米軍の任務遂行を非常に複雑にする。
中国共産党 · 08日 4月 2021
中華人民共和国「世界で最も自由に科学研究や実験ができる国」
中華人民共和国は、中国共産党が一党独裁する国家。政治的自由や表現の自由はほかの国と比較すると制限されているが、科学に関しては世界のどの国より自由が与えらている。特に人体を使った科学実験に対しては、戦前のナチス・ドイツと同じくらい寛容の自由なため、今後、中国は世界の科学大国の中心地になるだろう。
中国共産党 · 07日 4月 2021
【人権問題】ウイグル人虐殺「ホロコースト以来のジェノサイド」
ウイグル人虐殺は、中国共産党が中華人民共和国新疆ウイグル自治区および周辺でウイグル人およびその他の民族的・宗教的少数者に対して行っている、現在進行中の一連の人権侵害である。 中国政府は2014年以降、習近平政権下の中国共産党の指示のもと、100万人以上のイスラム教徒(その大半はウイグル人)を法的手続きを経ずに秘密裏に収容する政策を進めており、ホロコースト以来の大規模な少数民族・宗教の抑留を行っている。 この中国共産党の方針の批判は「新疆の中国化」と描写され、文化同化政策(エスノサイド)や文化的虐殺を呼んでいるが、一方、一部の政府、社会活動家、独立系NGO、人権専門家、学者、政府関係者、東トルキスタン亡命政府などは民族虐殺(ジェノサイド)と呼んでいる。