SCIENCE

SCIENCE · 26日 5月 2021
【経歴・Wiki】リュック・モンタニエ「HIVを発見したノーベル医学生理学賞学者」
リュック・モンタニエ(1932年8月18日生まれ)はフランスのウイルス学者。ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の発見により、フランソワーズ・バレ・シヌッシ、ハラルド・ズル・ハウゼンと共同で2008年にノーベル医学・生理学賞を受賞。 パリのパスツール研究所の研究員、中国の上海交通大学の世人教授などを歴任。 モンタニエは、予防接種、ホメオパシー、COVID-19パンデミックにまつわる議論の余地のある、検証されていない主張を推進してきた。たとえば、フランス政府のワクチンプログラムに対する彼の批判は、科学界で広く反発を招いた。
SCIENCE · 20日 5月 2021
【UFO】ジェレミー・コーベル「政府は隠していたUFO情報明らかにするときが来た!」
先週、調査映像作家のジェレミー・コーベルが、サンディエゴ沖の海中に消えていく未確認飛行物体を撮影したと思われる未公開映像を公開し、UFOの存在に対するアメリカ国民の関心が再び高まっている。 この映像は、2019年7月15日に海軍の航空機が撮影し、USSオマハの戦闘情報センターに記録されたものである。コーベルによると、この物体は直径約6フィートのトランスメディウム球体のビーグルと考えられている。 国防総省は、この映像が本物であることを確認し、国防総省の未確認空中現象タスクフォースで検討されると述べている。
SCIENCE · 19日 5月 2021
【分子生物学】機能獲得研究(Gain of function research)
「機能獲得(Gain of Function)」とは、遺伝子変異の結果,遺伝子産物が構造変化することによって,他の因子とのタンパク間相互作用が変化するなどして,生理状態ではみられない新しい機能を獲得すること。 そして、「機能獲得の研究」(Gain of Function Research(GoFR))とは、微生物をイン・ビトロやイン・ビボで連続継代することに焦点を当てた医学研究の分野である。これにより、病原性、伝染性、抗原性を高めるような変異を起こすよう、微生物にポジティブな進化的圧力を与える。 こうした研究は、病原体の宿主向性を新たな宿主種や臓器組織に拡大することも可能である。このような研究により、新興感染症をよりよく予測し、ワクチンや治療法を開発するための対象が明らかになる。
SCIENCE · 18日 5月 2021
【経歴・Wiki】アンソニー・ファウチ「人工パンデミックの父」
米国疾病予防管理センターの元所長であるロバート・レッドフィールド博士は、SARS-CoV-2ウイルスの起源は武漢ウイルス研究所にあると考えている。 もしレッドフィールド博士が正しければ、そしてほぼ間違いなくそうだとすれば、アメリカ国立衛生研究所のアンソニー・ファウチ博士は、50万人以上のアメリカ人を殺し、数千万人のアメリカ人を失業に追いやり、アメリカ経済から何兆ドルもの富を奪った世界的なパンデミックの重大な責任を負わなければならない。 SARS-CoV-2が初めて出現したのは、2019年秋、中国・武漢の海鮮市場と武漢の研究室の両方から数キロ以内の場所だった。海鮮市場由来説では、感染した動物が屠殺され、調理され、消費される過程で、ウイルスが動物から人間に感染したと仮定している。また、武漢ウイルス研究所説では、ウイルスが実験室から流出したとし考えられている。
SCIENCE · 12日 4月 2021
【異端科学】賀建奎「人類で初めて遺伝子編集された赤ちゃんを作成」
賀建奎(英語:He Jiankui、1984年生まれ)は中国の生物物理学者。中国、深センの南方科技大学生物学部の准教授を務めていた。 テキサス州ライス大学でCRISPRを含むタンパク質の進化に関する博士号を取得した後、カリフォルニア州のスタンフォード大学で博士研究員として遺伝子編集技術(CRISPR/Cas9)を学ぶ。 賀建奎は2018年11月に、人類初の遺伝子編集された赤ちゃん「露露」と「娜娜」で知られる双子の女の子を作ったことで広く知られるようになった。
SCIENCE · 04日 4月 2021
【異端科学】グンター・フォン・ハーゲンス「プラスティネーション技術の発明者」
グンター・フォン・ハーゲンス(1945年1月10日生まれ)はドイツの解剖学者。「プラスティネーション」と呼ばれる人体標本の保存技術を発明した人物と知られている。 ハーゲンスは自身や同僚の標本作品を展示するため世界中で数多くの「人体の不思議展(Body Worlds)」を企画し、ときにはライブデモンストレーションも行い、その教育的価値を広めるために世界中を旅している。 展示に使われた人体標本の調達先に関して賛否両論があるが、ハーゲンスは献体の提供者に対して生前にインフォームド・コンセントがなされていることを主張しており、そのことを示す広範な文書が公開している。 2011年に、パーキンソン病で自身の死期が近いことを公表し、死後、自身の体をプラスティネーション標本にして、さまざまな場所で永久展示することを希望している。