CONSPIRACY

CONSPIRACY · 01日 6月 2021
【陰謀論】ビル・ゲイツ「社会問題を利用して巨万の富を稼ぐ悪魔主義者」
ビル・ゲイツはアメリカの悪魔主義者。アメリカ国民にマイクロチップを埋め込み、ビッグテックによる超監視体制で人々を支配し、巨万の富を得ようとしている。 COVID-19パンデミックでは、感染症のエキスパートのアンソニー・ファウチと共謀して人工パンデミックで起こして、あからじめ準備しておいたワクチン・ビジネスを展開する。一方で、パンデミックの責任をジョー・バイデンの民主党とともに中国共産党に押し付け、中共の世界的覇権をくじくことに成功する。 中共の覇権をくじく計画はパンデミックが起こるかなり前から綿密に計画されており、中国で米国で制限されていた機能獲得実験を支援しつつ、わざと中国でトラブルを起こす。これをビル・ゲイツの超限戦という。 現在はビル・ゲイツの超限戦計画の1つとして気候変動問題や子どもの性的人身売買を利用し、新たな死のビジネスを計画しているが、リン・ウッドやQアノンなどが彼の野望を告発し、邪魔している。 なお、リン・ウッドはビル・ゲイツに関わるものはすべて触らないように注意している。なぜなら、ビル・ゲイツの真の目的は世界人口の削減だからだという。
CONSPIRACY · 16日 5月 2021
【リン・ウッド】リン・ウッド弁護士議長選で落選 「偽の会長」と不正選挙を訴える
政治家に転身した弁護士のリン・ウッドは、サウスカロライナ共和党の議長選に出馬したが、現職のドリュー・マッキシックに敗れた。 マッキシックは68%の得票率で3期目を勝ち取った。ウッドは、マキシックの582票に対して239票と、2番目に多い票を獲得したと州GOPは土曜日に発表した。 ウッドはマキシックが不正をすると予言し、もし彼が勝てば、ジョー・バイデン大統領が「偽の大統領」であるように、彼も「偽の会長」になると陰謀論を展開した。
CONSPIRACY · 30日 4月 2021
世界の陰謀論一覧
これは注目すべき陰謀論の一覧である。多くの陰謀論は「秘密の政府計画」や「精巧な殺人計画」と関連している。 単一の悪の組織が既存の制度に潜入し、堕落させる計画を実行するというものである。 ユダヤ人やフリーメイソン、中国共産党、またはカトリック教会が行っていると疑われている工作に焦点を当てた陰謀論で一般的なものである。 陰謀論は通常、コンセンサスを否定するか、歴史的または科学的方法で証明することはしない。 何もないところに「陰謀」を発見するのは、パレイドリアと呼ばれる精神的現象に起因すると心理学者は考えている。
CONSPIRACY · 23日 4月 2021
【陰謀論】電磁波「発がん性や催奇性を含む有害な電波」
ここで言う「電磁波」とは、われわれの身の回りに飛び交うさまざまな有害電波の総称。電気と磁気のエネルギーの波。 電磁波研究の世界的権威ロバート・ベッカー博士によれば、電磁波は成長細胞を傷つけ、催奇性や発がん性を持ち、がんを促進させるという。また、神経ホルモンや生理リズムを乱れさせてストレス反応を起こし自殺や異常行動を誘発する。学習能力の低下や免疫力低下の原因にもなっている。 日本では電磁波問題に触れることは「タブー」とされているためマスコミやNHKが取り上げることはない。なぜなら、そこには経済的、軍事的な超巨大利益が絡むからだという。
CONSPIRACY · 04日 2月 2021
【用語解説】悪魔主義「キリスト教徒が敵対者に向かって指す罵声語」
悪魔主義(サタニズム)とは、悪魔に基づいたイデオロギーや哲学信仰の一群。現代の宗教的な悪魔主義の慣習は、公式には1966年の悪魔教会の創設から始まったとされているが、それ以前からも存在はしている。 公の慣習以前、悪魔主義という言葉は現代のようなアイデンティティを指す言葉ではなく、さまざまなキリスト教の宗派たちが、自分たちの観念的敵対者を告発する際に使われてきた言葉である。「邪教」や「カルト」という言葉の使い方とよく似ており、もともとは批難される側に向かって使う言葉である。
CONSPIRACY · 13日 12月 2020
【社会運動解説】プラウド・ボーイズ「白人大量虐殺の陰謀論を唱える極右グループ
プラウド・ボーイズは、アメリカとカナダで積極的に政治的暴力を推進、関与しようとする極右勢力。ネオファシスト、男性のみで構成される政治団体。 2016年、『Vice』メディアの共同創設者の元コメンテーターのギャビン・マクインズの指導のもと、極右雑誌『Taki's Magazine』で結成された。その名称は、2011年のディズニーミュージカル「アラジン」の「プラウド・オブ・ユア・ボーイ」を由来としている。 プラウド・ボーイズはオルタナ右翼の一部として現れたが、マクインズは2017年初頭、オルタナ右翼が白人至上主義に焦点を当てているのに対し、プラウド・ボーイズは「オルト・ライト」であると主張し、オルタナ右翼から距離を置いていた。 オルト・ライトはオルタナ右翼の人種・民族的ナショナリズムに対して、国民によるナショナリズムを掲揚し、グローバリズムを否定することに焦点を当てている。極右集会「ユナイト・ザ・ライト・ラリー」のあと、再構築の取り組みが活発化した。
CONSPIRACY · 24日 8月 2020
【陰謀解説】Qアノン「ディープステート計画があると主張するトランプ・ファン」
Qアノンは、ドナルド・トランプ大統領と彼の側近たちと敵対する人物や組織が「ディープステート」を進めているとする主張する陰謀論の支持者。 ディープステートとは、アメリカの高級官僚の一部が、トランプを大統領として認めず、民主党や左翼と連携してありとあらゆる手を使い、トランプにダメージを与えようとする工作である。米大手メディアがそろってトランプを叩くのもこのディープ・ステートに支配されているためだと主張する。 大手メディアによるロシア共謀疑惑、ウクライナ疑惑もディープ・ステートによるフェイクニュースなどもディープステートによる工作である。ディープステートの具体的なメンバーとしては、バラク・オバマ、ヒラリー・クリントン、ジョージ・ソロスなどが上げられている。