ブログカテゴリ:トッド・ブラウニング



映像 · 14日 10月 2018
『フリークス』はトッド・ブラウニング監督によるアメリカのホラー映画作品。90分のオリジナル版は非常に衝撃的な内容とみなされ、さまざまなシーンがカットされた結果、エディション版は64分に短縮された。オリジナル版は現在存在していない。 この映画はトッド・ロビンズの短編物語『スパーズ』の要素を基盤にしたものである。映画に登場する人物は、カーニバルでサイドショーのパフォーマーで本物の身体障害者の人々によって演じられた。出演はウォーレス・フォード、レイラ・ハイアムズ、オルガ・バクラノヴァ、ロスコー・エイツなど。 身体障害者の出演者は、小人症一家ドール・ファミリー、ヒルトン姉妹、下半身のないジョニー・エック、小頭症のシュリッツやジップ&ピップ姉妹など。
モンスター · 27日 9月 2018
ドラキュラはブラム・ストーカーの1897年のゴシック・ホラー小説『ドラキュラ』に登場するキャラクター。 ブラム・ストーカーのドラキュラは、その後さまざまなフィクションで登場する吸血鬼の原型であり、また典型的な吸血鬼(ヴァンパイア)の両方のイメージとして見なされている。 なおドラキュラは吸血鬼として扱われることが多いが、実際は吸血鬼の側面を持つキャラクターであり、吸血鬼全般をドラキュラと呼ぶのは間違いである。なお、ドラキュラは小説の中では、伝説では狼男を起源とすると描かれている。

映像 · 21日 9月 2018
トッド・ブラウニング(1880年7月12日-1962年10月6日)はアメリカの映画監督、俳優、脚本家、ヴォードヴィル・パフォーマー。 おもにサイレント映画やトーキー映画の時代に活動。代表作は1931年の『ドラキュラ』、1932年の『フリークス』、怪奇俳優ロン・チェイニーや女優プリシラ・ディーンらとの協働したサイレント映画作品である。