プーチンは難治性の肛門扁平上皮癌

余命12ヶ月


2022年9月18日、郭文貴氏はGETTRのライブ配信で、「ロシア国内の戦友とプーチンの個人医療チームを含め、彼が最も信頼している人からの情報によると、プーチンは難治性の肛門扁平上皮癌である」と速報した。

 

プーチンは手術を受けたが失敗し、肛門扁平上皮癌によって非常に苦しんでいる。私はプーチンの余命は 12 か月を超えないだろうと信じている。

 

プーチンは肛門扁平上皮癌に悩まされており、最近は健康を維持するためにあらゆる種類の副作用のある薬物を使用している。

 

具体的に扁平上皮肛門癌とはどのような病気なのか?肛門扁平上皮癌とは、ほとんどが肛門管と肛門周辺に発生し、肛門萎縮、痔核、手術痕、いぼ、化膿性汗腺、および潜在性毛包などの長期慢性刺激障害によって引き起こされる

 

主に、引っかき傷、湿潤性のかゆみ、肛門の横に小さなしこりができ、その後痛みが出て、筋肉痛の潰瘍ができる。郭氏の専門医の友人の一人によると、扁平上皮癌は転移後の平均余命は一般的に6か月未満であるのがほとんどである。

 

しかもこれは、さまざまな高度な治療保証があって初めて可能になるのだ。扁平上皮癌は非常に悪性度が高く、成長も速いので、いったん広がると病状が悪化するのが非常に早いと言われている。

 

(原文:桜時事丨プーチンは癌を宣告され余命わずか、狡猾な習近平は一刻も早く台湾を占領する計画