デイジー&ヴァイオレット・ヒルトン姉妹

デイジー&ヴァイオレット・ヒルトン姉妹 / Daisy and Violet Hilton

世界で最も有名な美人シャム双生児


概要


生年月日 1908年2月5日
死没月日 1969年1月4日
死亡原因 香港風邪
職業 エンターテイナー、食料品店員
配偶者

ハロルド・エステップ(デイジー)

ジェームズ・ムーア(ヴァイオレット)

デイジー&ヴァイオレット・ヒルトン(1908年2月5日-1969年1月4日)はイギリスの結合双生児。二人は1920年代から1930年代にかけて、子どものときからヨーロッパで展示され、アメリカのサイドショーやヴォードヴィル、バーレスクサーカスに出演した。

略歴



2人は、1908年2月5日、イギリス・ブライトン・リレイロード15番地で生まれた。彼女たちの母のケイト・スキナーは未婚者だった。

 

二人は腰から臀部にかけてつながった状態だった。血液循環器を共有しており、骨盤は融合していたが、心臓など主要な器官は独立していた。

 

医師ジェームス・オーガスタス・ルースは、英国医学雑誌に出生時の医療記録や二人の状態の記録を提供した。また彼は二人を世界に送り出した。サセックス・メディコ・キュリアル学会が分離手術を考慮したが、手術を行うと少なくともどちらか一人は死亡する確率が高いと考えられ中止になった。

 

実母ケイト・スキナーが働いていたパブの経営者であるメアリー・ヒルトンは二人の出産に協力したが、明らかに二人のビジネス的な可能性を感じ取っていたとみなされている。出産後、ヒルトンは事実上、母親から二人を買い取り養育する。二人ははじめブライトンにあるクイーンズ・アームパブにいたが、のちにイブニング・スターパブに移った。

 

姉妹の自伝によればメアリー・ヒルトンと彼女の夫と娘は肉体的な虐待で二人を厳しい管理下に置いていた。二人はメアリーを「ルーおばさん(Auntie Lou)」、メアリーの夫を「サー(Sir)」と呼ばなければならなかったという。彼らは二人に歌やダンスの訓練を施した。

パフォーマーとして


ヒルトン姉妹とマイヤーズ夫妻
ヒルトン姉妹とマイヤーズ夫妻

ヒルトン姉妹は3歳のとき、1911年に"結合双子"というキャッチで初めてツアーを行った。ドイツ全国をまわったあと、オーストラリアへ、その後1916年にアメリカへまわった。

 

メアリーは姉妹で稼いだお金をすべて自分のものにした。1926年にタップダンスができる姉妹とともに『ダンスメディアンズ』と呼ばれる演技を行っている。

 

メアリーがアラバマ州のバーミングハムで亡くなると、姉妹はメアリーの娘のエディス・マイヤーズとエディスの夫のマイヤー・マイヤーズに譲られることになった。

 

マイヤーズ夫妻は姉妹のマネジメント業を受け継いだ。姉妹はほとんど奴隷状態で、姉妹はメイヤーズ夫妻の言うことを聞かなかったときはぶたれたという。夫妻はしばらくの間、公衆から遠ざけ、ジャズ音楽の訓練を行った。ヴァイオレットは熟練したサックス奏者となり、デイジーはヴァイオリにとになった。

 

彼らはテキサス州サンアントニオにある邸宅に住んでいた。1930年のアメリカの人口調査では、姉妹はマイヤーズ夫妻の姪として登録されていた。