シャム双生児

シャム双生児 / Siamese twins

身体が結合した状態にある双子


概要


シャム双生児とは身体が結合した状態にある双子のこと。医学名では結合双生児という。出生確率は極めて低く、4万9000から18万9000の出生あたりに1組程度の割合で、東南アジアとアフリカで発生率はやや高くなるという。出生した双生児の半分は死産であり、さらに3分の1が出生後24時間以内に死亡する。生き残りやすいのは女性の双生児で、死産しやすいのは男性の双生児である。

 

結合双生児の発生を説明する理論は2つある。もっとも一般的な理論は受精卵が完全に分離せず、部分的に分離して発生するというものである。もう1つは、今では顧みられていない理論だが、一度受精卵は完全に分離するものの、同じ細胞を探し出す幹細胞が、ほかの双子の幹細胞を見つけて再び融合するという理論である。結合双生児は単一の共通の絨毛膜、胎盤、羊膜腔を共用する。

 

最も有名な結合双生児は、シャム(現在のタイ)のチャン&エン・ブンカー兄弟(1811–1874),である。2人はアメリカのサーカス興行師であるP・T・バーナムのサーカス団に長年にわたり参加し、“シャム双生児”というキャッチが与えられ、世界中で有名になった。“シャム双生児”という言葉の由来となったのがこの兄弟である。2人は胸部と腹部の中間付近で結合していた。現代の医学であれば2人は簡単に分離手術ができているという。

長年サーカスで活躍したチャン&エン・ブンカー兄弟。
長年サーカスで活躍したチャン&エン・ブンカー兄弟。
映画「フリークス」にも登場した美人シャム双生児のデイジー&ヴァイオレット・ヒルトン姉妹。
映画「フリークス」にも登場した美人シャム双生児のデイジー&ヴァイオレット・ヒルトン姉妹。