新型コロナウイルス

新型コロナウイルス · 14日 9月 2021
マイケル・イードン「ワクチンは政府と巨大なプロ集団の陰謀」
マイケル・イードンはイギリスの薬理学者。元ファイザーのアレルギー・呼吸器研究部門のチーフサイエンティスト兼副社長。バイオテクノロジー企業Ziarcoの共同設立者であり、元最高経営責任者。 イードンは、COVID-19ワクチンの危険性を曝露したことで注目集めた。COVID-19ワクチンは女性が不妊症を引き起こす可能性があるという情報を流した人物として知られている。 イードンとドイツ人医師のウォルフガング・ウォダーグは、欧州医薬品庁に宛てた書簡で、mRNAワクチンが精子、卵子、胎盤形成に必要なシンシクリン-1タンパク質を攻撃するという見解を示し、すべてのワクチン試験を中止するよう求めた。この不妊症の情報がソーシャルメディアで広く拡散された。 また、ワクチンは人口削減計画の一部であると主張しており、ワクチン接種者は2年以内に死亡すると主張している。
新型コロナウイルス · 08日 9月 2021
マイケル・イードン最新レポート2021年8月「妊婦は絶対にワクチンを打つな」
コロナワクチンが、安全性の特徴を示すような研究は一切行われていません。通常のワクチンとは異なるため、妊娠中に安全であるかどうかを仮定することはできません。妊娠中や妊娠直前の安全性については、まったくわかりません。 私も、これは皆さんもご存知の通り、複雑な新規実験薬のようなものには、絶対に妊娠中の女性には絶対に投与してはいけません。絶対にです。今していることは60年前のサリドマイド事件以来です。60年前のサリドマイド以来、一度もやったことがないのは、規制があったからです。規制に不注意な失敗があっただけだ。
新型コロナウイルス · 03日 9月 2021
爆弾発言:ノーベル賞受賞者モンタニエ博士が明かす「コロナワクチンは変異体を生み出している」
HIVを発見したことでノーベル賞を受賞し、最近ではパンデミック発生後にいち早く人工ウイルスであると断定したフランスのルック・モンタニエ博士が爆弾発言をした。 爆弾発言は2021年5月初め、「Hold-Up Media」のピエール・バルネリアスとのインタビューの中で起きた。 ウイルスが突然変異して変種を引き起こすことは今や誰でも知っているとおもうが、モンタニエ博士は「ワクチンが変異体を生み出す」と主張しているのである。 この映像はRAIR Foundation USAのために独占的に翻訳されたもので、アジェンダ主導(議題に振り回されて本質的な部分に耳を傾けない人たち)の左翼体制に大きなダメージを与える内容となっている。
新型コロナウイルス · 01日 9月 2021
【コロナ治療】ゼブ・ゼレンコ「錠剤からワクチンまでCOVID-19の医療問題をすべて暴く」
ウラジミール・ゼブ・ゼレンコは、ウクライナ生まれのユダヤ系アメリカ人医師。2000年にバッファロー大学医学部を卒業し、16年間ニューヨーク州北部の町モンローの医療機関で勤める。現在46歳。 ゼレンコ博士は、パンデミックの初期に抗マラリア薬であるヒドロキシクロロキン(HCQ)と硫酸亜鉛とアジスロマイシンの組み合わせで、村の患者を治療し始めたアメリカで最初の最前線の医師の1人として知られている。また、ドナルド・トランプ大統領がヒドロキシクロロキンに関心を持つのに決定的な影響を与えた人物として知られている。 ゼレンコ博士によれば、感染時に軽度または中等度の症状のある数百人の患者でこの3剤のカクテル治療を行った結果、患者の100%が入院も人工呼吸器も必要とせず回復したと主張している。 モンローの超正統派ユダヤ人コミュニティ、キリヤス・ジョエル村の成人人口の約75%のかかりつけ医として長年親しまれていたが、アメリカ医学界からキリヤス・ジョエル村のコロナウイルス感染率に関する偽情報を広めたとして非難され、ユダヤ人コミュニティを去ることになった。
新型コロナウイルス · 31日 8月 2021
【コロナ治療薬】アルテミシニン「マラリアに苦しめられた人民解放軍が発見した伝統的な解毒剤」
2021年8月30日、新中国連邦の創設者である郭文貴がコロナウイルスの解毒剤「アルテミシニン」を世界に発表した。コロナワクチンだけでなくワクチン接種後の副作用にも効果があるという。 郭によれば、中国共産党は少なくとも5種類の解毒剤を所有しており、その1つがアルテミシニンであるという。 東京オリンピックの直前、中国共産党は参加したすべての選手にアルテミシニンとアルテミシニンのスプレーを使用させており、オリンピック選手とすべての中国共産党幹部を保護するために使用された。 アルテミシニンは、1970年代初頭に中国がベトナム戦争時にマラリアに苦しめられたときに解決手段として人民解放軍と屠呦呦が発見した薬で、人民解放軍の伝統的なマラリア薬として知られている。
新型コロナウイルス · 27日 8月 2021
コロナワクチンとマイクロチップ
「コロナワクチンを接種すると磁石がくっつく」という噂がよくSNSなどで流れてくる。 コロナワクチンには磁性を帯びた金属粒子のナノ粒子が混入されているのが理由だと言われているが、現在のところナノ粒子が混入されているかどうかはよくわかっていない。しかし、日本に出荷されたモデルナワクチンの特定のロット番号に金属片の異物が混入されていることが発見された。
新型コロナウイルス · 26日 8月 2021
閻麗夢インタビュー「2020年8月11日:世界を支配したい邪悪政権によって故意に放たれたウイルス」
しかし、中国に何年か滞在したら、中国本土に滞在したら今では香港もですが、これらのことはあなたの想像を遥かに超えていると理解するでしょう。彼らは自分たちが望むことならなんでもすることができます。なぜならそういう政府なのです。そういう政権なのです。彼らは誰からも監視されていません。どのような勢力も彼らをコントロールすることはできません。
新型コロナウイルス · 26日 8月 2021
キャリー・マジェ「ワクチンを利用した人類支配と進化計画を暴露」
キャリー・マジェ博士はアメリカの医者。ジョージア州にある2つの大きな診療所に勤務していた。 20代からワクチンに魅了されて以来、現在にいたるまでワクチンを研究してきたワクチンのエキスパート。 徹底機な研究により、組換えDNAや組換えRNAなどの新しい技術がCOVID-19ワクチンに取り入れられていることを発見し、2020年に6月にいち早く警告を発した。その警告で彼女が明らかにしたことは非常に憂慮すべきことで、SNSなどを通じて拡散され、話題になった。
新型コロナウイルス · 26日 8月 2021
キャリー・マディ博士告発「異物混入ワクチンはヒトをロボットにする」(2020年6月発表)
では話を戻して、ワクチン使用について現在の研究や症例に欠陥があるなら、なぜ私たちはこれほどまでにワクチン接種を押し付けられるのでしょうか? それではお金の流れを追ってみましょう。大抵、いろいろなことが見えてきます。 2011年、ドイツのキュアバックはRNAワクチンの研究開発のために3300万ドルを受け取りました。2013年には、モデルナ・セラピューティックスはRNAワクチンの研究開発のために2500万ドルを受け取りました。 そして2015年、イノヴィオはDNAワクチンのために4500万ドルを受け取りDNAナノテクノロジーを使用していることを認める発言をしました。 ナノテクノロジーというのは、ミクロの極小ロボット生物を使っているということなのですよ。これらの企業はすべてゲイツ財団の支援を受けているか、何らかの形でゲイツ財団と関連しています。
新型コロナウイルス · 25日 8月 2021
キャリー・マディ博士告発「すべてのワクチンは発癌を促進させる」(2020年6月発表)
すべてのワクチンについて知るべきもう1つの重要な事実は、多くのワクチンが1960年代に堕胎した胎児(※14週の白人男児の肺組織)細胞株、MRC-5を使用しているということです。これは「不死化細胞株」といいます。不死化とは死なないことを意味します。 つまり、アポトーシス(細胞が自然に死んでいくこと)を経る能力を失った細胞であり、死のプロセスを経ることが出来ない細胞を癌とよびます。これが癌の定義です。 つまり、彼らは癌細胞を使っていることを気づかれないために、さまざまな言葉を使うのです。

さらに表示する