アート

アート · 04日 6月 2021
郭文貴《马背英雄》The Hero
郭文貴が新中国連邦一周記念となる6月4日新ミュージックビデオ《马背英雄》The Heroをリリースした。 軍神文貴が歌っているのはモンゴルの伝統軍歌「馬上の英雄」であるという。 低くてまろやかな声、力強いリズム、情熱的な歌詞、深遠なテーマ、エキゾチックなモンゴルのリズム、これらの自然な音楽の要素が一つの曲の中に入っていて、これらのすべてが神の作品の傑作であり、これらのすべてが私たち一人一人にこの曲を聞かせ、共産主義の戦士の精神を高揚させ、心は疾走し、心は舞い上がり、闘争心を高揚させている。 軍神文貴は新中国連盟の位置周年記念日祭でこの音楽で現れ、人々を熱狂させた。 文貴の完璧でハードなダンスは、「乱世に生まれた男は、三足の剣で戦い、後世に語り継がれるような偉業を誓うべきだ!」という三国志の英雄たちの侠気を示している。
アート · 04日 4月 2021
フレデリック・ルイシュ「人間盆栽」
「人間盆栽」はオランダ人の解剖学者フレデリック・ルイシュが制作した悪趣味なオブジェ。木製の台の上に胆嚢と尿管から摘出した結石、および臓器を丘のように据え、そこに導管や血管が樹木のように生けられている。 丘の頂と左右に合計3体の胎児の骨格がある。一体は天を仰ぎ、一体は死神の持ち物である鎌を持ち、もう一体が腹膜のハンカチを手に涙している。 薬剤師として出発し、ライデン大学で解剖学の学位を取得したルイシュは、人体標本というよりは死体を素材にした芸術作品を作製していた。 現在盆栽の実物は現存していないが、その一部は同時代の銅版画家によって今日まで伝えられている。
アート · 31日 3月 2021
【見世物】「人体の不思議展」本物の死体を展示して物議をかもした展示会
「人体の不思議展」はプラスティネーション(プラストミック)という製法で作られた人体標本の展示。日本では1996年から2012年にかけて36の都市を巡回して開催され、650万人以上を動員したとされている。 会場に展示された標本は模型ではなく、すべて人の死体を使用していた。全身標本は、皮膚を剥ぎ取られ、筋肉をむき出しにした状態で弓やアーチェリーを引かせられたり、前方の標本の肩に手を置いて列を組んで並ばされたり、さまざまなポーズをとらされ、死者であるにもかかわらず生きているかのような姿勢を演出されていた。
アート · 21日 3月 2021
【対談】世の中を明るくする蛭子話「みうらじゅん×根本敬」
根本:そういえば蛭子さんさぁ、お母さん死んだんだって、蛭子さん忙しくて葬式間に合わなくて。蛭子さんのお兄さんって船乗りでさぁ、船降りて葬式会場向かったんだって。そしたら場所わかんなくてそのままパチンコしに行ったんだって(一同笑)。...
アート · 08日 10月 2020
【漫画家】リトルサンダー(門小雷)「香港を基盤に活動する20年代注目の漫画家」
リトルサンダー(1984年4月17日生まれ)は香港を基盤に活動している漫画家、イラストレーター。中文名は門小雷。 高校卒業後、香港の雑誌やイラストレーションや漫画を描いて活動を始める。その後、Instagramなどインターネットプラットフォームを積極的に活用して作品を発表し、多くの支持を得るようになった。 2019年7月に作品集「SISTERHOOD」(玄光社)を日本で出版。わずか3ヶ月で3刷りとなるほどの好評を博した。作品集の発売に合わせて、原宿のギャラリー・ルモンドにて「個展「PEEK」を開催。 また、同年7月に6年ぶりに漫画作品「WAKAME AND WAVE AND INFINITY」を香港で出版。長らく漫画活動を停止していたが、本作を機に漫画家再起を誓った。