記事一覧(2021年最新版)


■技術・ウェブサービス

オルタナテック:ビッグテックから追放されたときに使える代替サービス

コンサーバペディア:保守・右翼の視点から編集されたウィキペディア

BitChute:憎悪と陰謀に満ちたYouTube

DuckDuckGo:反Googleを自負する検索サービス

Epik:極右のためのレジストラ

Gab:過激派・右翼のSNS

Odysee:分散型・仮想通貨報酬の新しいYouTube

Rumble:保守系のYouTube

GETTR:保守系・反中共系のSNS

 

■博士 

アンソニー・ファウチ:プランデミックの父

ウラジミール・ゼブ・ゼレンコ:世界で最初にコロナ治療法を発明した医師

閻麗夢:香港から亡命したウイルス学の博士。中共の人工ウイルスの真実を暴いた

賀建奎:人類で初めて遺伝子編集された赤ちゃんを作成

キャリー・マディ:ホメオパシー医師。ワクチンを利用した人類支配と進化計画を暴露

シモン・ゴールド:アメリカ医師最前線のチーフ的ドクター

ジャック・ケヴォーキアン:安楽死を奨励し実行したドクター・デス

石正麗(石正丽):SARSの感染源であるコウモリを発見した科学者」

マイケル・イードン:元ファイザー副社長。ワクチンを使ったプロの詐欺集団の陰謀を曝露

ライアン・コール:アイダホの医師。ワクチンへ血栓ショット、子宮がんが10倍以上に

リュック・モンタニエ:HIVを発見し、パンデミックの真実を暴いたノーベル賞受賞者

ローレンス・セリン:アメリカの退役軍人。中国の生物兵器開発プロセスを研究。

 

■ジャーナリズム

パンデミック特別編集

エポック・タイムズ

シャリ・マークマソン「コロナウイルスの兵器化を議論した中国の文書には「ゾットする」情報が含まれていた」

ニコラス・ウェイド「COVID由来-手がかりを探る」

チャールズ・シュミット「コロナウイルスは研究室から流出したのか?」

 

■インフルエンサー

郭文貴:中国共産党の裏社会と国際的陰謀をすべて曝露

ドナルド・トランプ

スティーブ・バノン

路徳社

李港志

リンウッド:イルミナティやビル・ゲイツの陰謀を告発

 

■陰謀と告発

【超限戦】スティーブン・バノン/郭文貴「ソーシャルメディアのパワー」

ソーク研究所「新型コロナウイルスのスパイクタンパク質がさらに重要な役割を果たしている」

コロナワクチン「コミナティ」の真実

電磁波被害

爆弾発言:ノーベル賞受賞者が明かす「コロナワクチンは変異体を生み出している」

ビル・ゲイツの人口削減計画

SARSの非自然的起源と人が人を制する新型遺伝子兵器

 

■理科

遺伝子組み換え昆虫:新しい駆虫剤

機能獲得研究:ノーベル最悪賞

レトロウイルス

HIV

SARSコロナウイルス(SARS1)

mRNAワクチンの副反応の正体:HIVとの関連を調査中

デルタ株:最悪のコロナ変異種

ハバナ症候群:マイクロ波兵器

 

■犯罪・悪徳

ナチスの人体実験:軍事目的の人体実験

中華人民共和国:中国共産党と人民解放軍

中国共産党の法輪功迫害:江沢民時代の中共の虐殺

中国共産党のウイグル人虐殺:習近平時代の中共の虐殺

人体の不思議展:本物の死体を展示

 

■芸術

A ee mi:台湾のサイケ系イラストレーター

郭文貴《马背英雄》:郭先生の新曲

魚子:自傷癖のある青い女の子

高妍:村上春樹も注目の台湾のイラストレーター

魔ゼルな規犬:和製ストリート・アーティスト

ぴろぴと:20年近くアンダーグラウンドで活動

リトルサンダー:香港の漫画家、イラストレーター

 

■サブカルチャー

オルタナ右翼:2010年代に発生した新しい右翼

Qアノン:悪魔主義の小児性愛者が世界を支配しようとしている

法輪功:中国共産党に迫害されている道徳集団

新中国連邦:中国共産党の転覆をはかる集団

2010年代の記事