ブログカテゴリ:花輪和一



漫画/挿絵 · 16日 6月 2017
編集部:花輪さんも丸尾さんも、描きあがった原稿を見ると、隅から隅まで描き込んであって、ものすごい時間がかかりますよね。 丸尾:あれは要するに空間恐怖症なんですよ。画面に白いところがあれば効果的だって分かっているんだけれど、白い部分があると不安になってくる(笑)。とにかく絵が四角く閉じ込められていないと安心しないんだよね。...
漫画/挿絵 · 16日 6月 2017
編集部:花輪さんの漫画にはよく“極楽”という言葉が出てきますよね。主人公が「しあわせになりたい、しあわせになりたい」っていうところがありましたでしょ。...

漫画/挿絵 · 16日 6月 2017
(出典元:ガロ1992年 5月号) 編集部:ガロ以外にも持ち込みをしたんですか?...
漫画/挿絵 · 16日 6月 2017
花輪和一(1947年埼玉生まれ)は、日本の漫画家。1971年に『月刊漫画ガロ』に「かんのむし」でデビュー。初期は作者自身の幼少期の体験を元にした"業”や"情念”に満ちた内面的世界観を描き出す。絵柄は特に伊藤彦造に影響を受けている。...