ブログカテゴリ:自殺



医学/科学 · 08日 9月 2018
ジャック・ケヴォーキアン(1928年5月26日-2011年6月3日)はアメリカの病理学者、安楽死提案者。 末期患者の「死ぬ権利」を尊重し、「死の幇助」を公に支持した人物として知られており、少なくとも130人に死を幇助したと公表している。 そのため、メディア上でよく"ドクター・デス"というキャッチで紹介される。「死ぬことは罪ではない」と彼は話す。