漫画/挿絵

漫画/挿絵 · 05日 3月 2019
徳南晴一郎(1934年6月1日-2009年12月24日)は日本の漫画家。貸本作家。日曜画家。おもに曙出版を活動の基盤としていたが、貸本業界の崩壊とともに、漫画家を引退。 代表作品は、時計人間に襲われるシュールな作品『怪談 人間時計』。ドイツ表現主義の影響と思われる歪んだデフォルメ表現は、読者になんともいえない不安感を募らせる。これに、SF小説に影響を受けたと思われる難解なストーリーや、「無階」や「指地図夫」といった一度聞くとゾッとしてトラウマになるようなキャラクター名があいまって、カルト漫画の最高峰として評価されている。
漫画/挿絵 · 19日 2月 2019
「リボンの騎士」は丸尾末広が1980年、24歳のときに『エロス'81 劇画悦楽号2月号増刊』誌上に執筆した漫画作品。記念すべき丸尾末広のプロデビュー作品として知られている。 収録当初のタイトルは「リボンの蛇少女」。「リボンの騎士」というタイトルに変更され、青林堂から刊行された単行本『薔薇色ノ怪物』に収録されている。

漫画/挿絵 · 18日 2月 2019
『トミノの地獄』は月刊コミックビーム (エンターブレイン)の2014年3月号 から2019年1月号まで連載されていた丸尾末広による長編漫画。キャリア初となる巻数を配した最大の長編作。
漫画/挿絵 · 15日 2月 2019
丸尾末広は書籍の表紙絵や挿絵も多数てがけている。このページでは丸尾末広の書籍関係の仕事を記録する。

漫画/挿絵 · 13日 2月 2019
丸尾末広(1956年1月28日-長崎生まれ)は日本の漫画家、イラストレーター。 江戸川乱歩や夢野久作、エドガー・アラン・ポー、ルイス・ブニュエル、トッド・ブラウニング、マックス・エルンスト、サルバドール・ダリなど古今東西の怪奇幻想的芸術家たちのビジュアルイメージを合成し、それらを高畠華宵を代表とするレトロで耽美的な画風で独自の世界観を描きだすことで知られる。 丸尾の絵の大半は、セックス&バイオレンス表現であり、日本においては「エログロ:ero-guro」というカテゴリに分類され、また「現代無惨絵」と形容されることがある。丸尾自身も無惨絵を自認しており、1988年には作家仲間の花輪和一とともに、月岡芳年と落合芳幾の『英名二十八衆句』のオマージュ作品として『江戸昭和競作 無惨絵―英名二十八衆句』を刊行している。 代表作は『少女椿』(1984年)で、主人公みどりちゃんは現在、丸尾末広の代表的キャラクターとして広く認知されている。『少女椿』は1992年に原田浩により『地下幻燈劇画・少女椿』という題でアニメーション映画化され、2016年にはTORICO監督によって実写映画化・全国公開
漫画/挿絵 · 01日 9月 2018
丸尾末広はロックバンドのレコードジャケットやCDジャケットも多数てがけている。このページでは丸尾末広の音楽関連の仕事を記録する。

漫画/挿絵 · 28日 8月 2018
江戸川乱歩文庫の装丁を飾った銅版画家多賀新の作品を集めた画集。小社でリニュアルした乱歩文庫は、このイメージが定着し、多くの乱歩ファンを魅了した。今回、最初に出版した時より30年経ち、品切れになって久しいことから、全頁、レイアウトを変え、頁数も増やし、乱歩研究の第一人者・落合教幸氏が全作品の解説を書き改めた。
漫画/挿絵 · 27日 8月 2018
丸尾末広は演劇や舞台関係のチラシ・ポスターも多数てがけている。このページでは丸尾末広の演劇や舞台関係の仕事を記録する。

漫画/挿絵 · 27日 8月 2018
ホラー映画のビジュアルヒストリー決定版! ! ポスター、ロビーカード、広告、宣材物、映画公開と同時に発売された書籍や雑誌など、 600点を超える貴重な品々を紹介。100年にわたるホラー映画の発展を 700本以上のタイトルをあげながら年代順に解説。
漫画/挿絵 · 17日 8月 2018
丸尾末広はロックバンドのレコードジャケットやCDジャケットも多数てがけている。このページでは丸尾末広の音楽関連の仕事を記録する。

さらに表示する