科学

【コロナ治療】ゼブ・ゼレンコ「錠剤からワクチンまでCOVID-19の医療問題をすべて暴く」
科学 · 06日 10月 2022
ウラジミール・ゼブ・ゼレンコは、ウクライナ生まれのユダヤ系アメリカ人医師。2000年にバッファロー大学医学部を卒業し、16年間ニューヨーク州北部の町モンローの医療機関で勤める。現在46歳。 ゼレンコ博士は、パンデミックの初期に抗マラリア薬であるヒドロキシクロロキン(HCQ)と硫酸亜鉛とアジスロマイシンの組み合わせで、村の患者を治療し始めたアメリカで最初の最前線の医師の1人として知られている。また、ドナルド・トランプ大統領がヒドロキシクロロキンに関心を持つのに決定的な影響を与えた人物として知られている。 ゼレンコ博士によれば、感染時に軽度または中等度の症状のある数百人の患者でこの3剤のカクテル治療を行った結果、患者の100%が入院も人工呼吸器も必要とせず回復したと主張している。 モンローの超正統派ユダヤ人コミュニティ、キリヤス・ジョエル村の成人人口の約75%のかかりつけ医として長年親しまれていたが、アメリカ医学界からキリヤス・ジョエル村のコロナウイルス感染率に関する偽情報を広めたとして非難され、ユダヤ人コミュニティを去ることになった。
【科学者】リュック・モンタニエ「HIVを発見したノーベル医学生理学賞学者」
科学 · 05日 10月 2022
リュック・モンタニエ(1932年8月18日生まれ)はフランスのウイルス学者。ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の発見により、フランソワーズ・バレ・シヌッシ、ハラルド・ズル・ハウゼンと共同で2008年にノーベル医学・生理学賞を受賞。 パリのパスツール研究所の研究員、中国の上海交通大学の世人教授などを歴任。 モンタニエは、予防接種、ホメオパシー、COVID-19パンデミックにまつわる議論の余地のある、検証されていない主張を推進してきた。たとえば、フランス政府のワクチンプログラムに対する彼の批判は、科学界で広く反発を招いた。

プーチンは難治性の肛門扁平上皮癌
科学 · 20日 9月 2022
2022年9月18日、郭文貴氏はGETTRのライブ配信で、「ロシア国内の戦友とプーチンの個人医療チームを含め、彼が最も信頼している人からの情報によると、プーチンは難治性の肛門扁平上皮癌である」と速報した。プーチンは手術を受けたが失敗し、肛門扁平上皮癌によって非常に苦しんでいる。私はプーチンの余命は 12 か月を超えないだろうと信じている。
【コロナ治療】長尾和宏「イベルメクチン(ストロメクトール)の作用・飲み方をゆっくり解説」
科学 · 15日 8月 2022
イベルメクチンはコロナに対して2つの作用が基礎実験で明らかになっています。 1つはウイルスがACE2セプターに結合するのを阻害します。もう1つは、細胞内でウイルスが増殖する酵素、インポーチンという酵素を阻害する。この2点が阻害ポイントであることは、間違いのない北里大学から出ている真実です。

気候変動によって引き起こされる致命的なマダニ病「パウワッサン(Powassan)ウイルス」
科学 · 06日 7月 2022
コネチカットの女性を殺したマダニは、ライム病よりはるかに稀で致命的な病気を持っている。それはパウワッサン(Powassan)ウイルス、またはPOWVと呼ばれるものである。PPOWVを持つマダニに噛まれると、重篤な症状を呈した人の10人に1人が死亡すると言われている。 一命を取り留めたとしても半数の人は、筋肉量の減少や頭痛の繰り返しなど、後遺症を一生受け続けることになるという。
シモーヌ・ゴールド「アメリカ最前線の医師たち」の創設者
科学 · 02日 7月 2022
シモーヌ・メリッサ・ゴールドはアメリカの医師、弁護士、作家。COVID-19パンデミック時にアメリカの医師団体「アメリカ最前線の医師たち」を創設。 2020年7月に米国最高裁ビル前で行われた「アメリカ最前線医師」の記者会見の動画が拡散され、注目を集め、ヒドロキシクロロキンによる治療を推奨した。また、コロナワクチンの問題を指摘している。 また、2021年1月5日、ゴールドはワシントンD.C.の集会で演説し、参加者にCOVID-19のワクチン接種を拒否するよう伝えた。 翌日、彼女は2021年の合衆国議会議事堂襲撃に参加。彼女は国会議事堂のロタンダから演説し、その後、建物に入ったことを認めたため、襲撃に参加した罪で逮捕された。

【経歴・Wiki】キャリー・マディ「ワクチンを利用した人類支配と進化計画を暴露」
科学 · 01日 7月 2022
キャリー・マジェ博士はアメリカの医者。ジョージア州にある2つの大きな診療所に勤務していた。 20代からワクチンに魅了されて以来、現在にいたるまでワクチンを研究してきたワクチンのエキスパート。 徹底機な研究により、組換えDNAや組換えRNAなどの新しい技術がCOVID-19ワクチンに取り入れられていることを発見し、2020年に6月にいち早く警告を発した。その警告で彼女が明らかにしたことは非常に憂慮すべきことで、SNSなどを通じて拡散され、話題になった。
【コロナ・ワクチン】長尾和宏「男性のリウマチが激増している」
科学 · 20日 6月 2022
この3ヶ月(動画投稿日は2022年6月15日)ぐらいにおこっていることを話しますと、男性のリウマチがすごく増えているんですよね。

CD38
科学 · 20日 2月 2022
CD38は、CD+、CD8+、Bリンパ球、ナチュラルキラー細胞など多くの免疫細胞(白血球)の表面に存在する糖タンパク質。細胞接着、シグナル伝達、カルシウムシグナル伝達としての機能を有している。...
プリオン「ヤコブ病などの脳疾患の原因となるタンパク質」
科学 · 13日 2月 2022
一種のタンパク質で、感染型プリオンはクロイツフェルト・ヤコブ病などの脳疾患の原因と見られている。次世代の主要な病理学的謎の1つ。人類の新しい敵、正負両用の価値を持つタンパク質、ウイルスでも、細菌でもなく、遺伝子プログラムでもなく、それが取る形によって、神経組織の保護者にも敵にもなり、神経組織がその環境に送る信号を決定する。ウイルスや細菌のようには身を守れない。形態に対するワクチンは存在しない。

さらに表示する