社会/文化

社会/文化 · 18日 2月 2019
「見世物小屋」は、都市の盛り場や寺社の境内において、日常では見られないパフォーマンスや天然奇物、工芸などの「見世物」を期間限定で展示する小屋である。海外では「フリークショー」「サイドショー」と呼ばれている。都市の盛り場に建てられた博物館や常設館とは異なる。 日本において見世物小屋は、江戸時代から明治時代にかけて特に流行し、その後、大正、昭和を経て平成の現代まで、さまざまなかたちを変えて現在も行われている。
社会/文化 · 27日 1月 2019
都市部族(urban tribe)は都市部で共通の関心事を共有する小集団。典型的な都市部族はゴス、パンクなどである。これらの比較的小さな集団は、皆、似たようなファッション、業界用語、行動パターンを持つ傾向がある。 都市部族の社会関係の大半は堅苦しくなく、感情的であり、感情に左右されない論理性を基盤として後期資本主義にブルジョア文化と大きく異なる。

社会/文化 · 13日 11月 2018
社会学やカルチャル・スタディーズにおける「サブカルチャー」とは、自分が所属している母集団と価値観が異なる少数の文化集団のこと。 正確な定義はないが、オックスフォード英語辞典では、「マジョリティ文化の信念や価値観と相違のあるマジョリティ文化内にいる文化集団」と定義されている。具体的には世界普遍的にはゲイ・カルチャーやヒッピー・カルチャー、アメリカにおいては黒人文化やヒスパニック文化などが挙げられる。 1950年に社会学者のデビッド・リースマンは、サブカルチャーとマジョリティとを区別し、「無抵抗に商業的なものを受け入れていく大多数の人に対し、積極的に少数派のスタイルを追い求めて、転覆的な価値観を提示する人たち」を“サブカルチャー”と定義した。 イギリスの社会学者のディック・ヘブディジは、1979年に出版したイギリス戦後若者文化に焦点を当てた研究本『サブカルチャー:スタイルの意味』で、サブカルチャーの意義とは「正常をひっくり返すこと」と主張。ほぼカウンターカルチャーと同じ意味と考えている。
社会/文化 · 09日 11月 2018
アンダーグラウンド(アンダーグラウンド・カルチャー)とは、自分たちの文化が、社会や文化における主流とは異なると自認しているオルタナティブ文化のこと。また、主流側から異なる文化と認知される場合もアンダーグラウンドという。 もともと「アンダーグラウンド」という言葉は、「地下(アンダーグラウンド)」という言葉は抵抗者たちの秘密活動を言及する際に使われており、特に抑圧的な体制下における抵抗者たちの水面下に密かに行われていた秘密活動を指す言葉として、レジスタンス運動の歴史の文脈を起源としている。

社会/文化 · 08日 9月 2018
ジャック・ケヴォーキアン(1928年5月26日-2011年6月3日)はアメリカの病理学者、安楽死提案者。 末期患者の「死ぬ権利」を尊重し、「死の幇助」を公に支持した人物として知られており、少なくとも130人に死を幇助したと公表している。 そのため、メディア上でよく"ドクター・デス"というキャッチで紹介される。「死ぬことは罪ではない」と彼は話す。
社会/文化 · 16日 3月 2018
アンダークラスは、2000年以降に現れ始めた日本の新しい階級。その数は約900万人。所得水準、生活水準が極端に低く、一般的な意味での家族を形成・維持することからも排除され、多くの不満を持つ、現代日本社会の最下層階級。 平均個人年収は186万。資産がまったくない比率が30%以上とほかの階級に比べて極めて高く、また、アンダークラスの60%以上は親と同居している。 アンダークラスは、ほかの階級(資本家、正規労働者など)と比較して、異質性が際だった特徴を有しており、ほかの階級が一体となってアンダークラスの上にたち、アンダークラスを抑圧・支配しているように見える。

社会/文化 · 17日 9月 2017
サイケデリック・ムーブメントは、1960年代から1970年にかけて発展したサブカルチャー運動。LSD、幻覚サボテン(ペヨーテ)、マジックマッシュルームなど、おもにサイケデリック系ドラッグを使用する人々や芸術家たちによって生成された文化である。海外では一般的に“サイケデリア”、ムーブメントのことは"サイケデリック・エラ”と呼ばれる事が多い。 “サイケデリック”という言葉は、古代ギリシアの言葉「psyche/精神」や「delos/出現」を組み合わせた造語で、本来は「魂を明らかにする」という意味である。
社会/文化 · 25日 8月 2017
The mainstream of asian rowbrow art may become Taipei in the future. The spirit of Memento Mori caused by the tension with the mainland China lit their lives.

社会/文化 · 10日 5月 2017
「洗濯船」とは、パリ18区のモンマルトル地区にあったアパートのニックネームである。正しい住所はラビナン通り13番地。20世紀初頭の美術史においてたびたび現れる有名なアパートで、パリへ上京してきたさまざまな外国人文化人が洗濯船を住居にしたり、また会合の場所として利用した。...
社会/文化 · 13日 3月 2017
「台湾アンダーグラウンド」は、台湾のアンダーグラウンド・シーンで活躍する台湾在住のアーティスト、および海外のアーティストたちで構成される文化圏。画家、イラストレーター、マンガ家、現代美術家、写真家、人形作家、モデル、ミュージシャンなどジャンルは多様。...

さらに表示する