モンスター

モンスター · 27日 9月 2018
ドラキュラはブラム・ストーカーの1897年のゴシック・ホラー小説『ドラキュラ』に登場するキャラクター。 ブラム・ストーカーのドラキュラは、その後さまざまなフィクションで登場する吸血鬼の原型であり、また典型的な吸血鬼(ヴァンパイア)の両方のイメージとして見なされている。 なおドラキュラは吸血鬼として扱われることが多いが、実際は吸血鬼の側面を持つキャラクターであり、吸血鬼全般をドラキュラと呼ぶのは間違いである。なお、ドラキュラは小説の中では、伝説では狼男を起源とすると描かれている。