パフォーマンス

パフォーマンス · 14日 2月 2019
土方巽(1928年3月9日-1986年1月21日)は日本の振付師。「舞踏」と呼ばれるダンス・パフォーマンスの創設者。「舞踏」は「暗黒舞踏」や「前衛舞踊」ととも呼ぶ。 1960年代後半までに土方は、これまでの舞踊(ダンス)を彼の故郷である北日本の子ども時代の記憶を元にして独自に開発した身振りを付け加えた新しい形態「舞踏」に発展させた。 舞踏はヨーロッパの舞踊の真似ではない日本的な舞踊の創生を目指したものだった。剃髪、白塗りをトレードマークとし、重心をぐっと低くし、リズムにとらわれず、身体をひねり、丸め、床に転がるのが特徴である。 舞踏はヨーロッパに大きな影響を与え、「Butoh」という言葉で世界中で使われている。