カテゴリ:陰謀論



16日 12月 2020
これは注目すべき陰謀論の一覧である。多くの陰謀論は「秘密の政府計画」や「精巧な殺人計画」と関連している。 単一の悪の組織が既存の制度に潜入し、堕落させる計画を実行するというものである。これは、ユダヤ人やフリーメイソン、中国共産党、またはカトリック教会が行っていると疑われている工作に焦点を当てた陰謀論で一般的なものである。 陰謀論は通常、コンセンサスを否定するか、歴史的または科学的方法で証明することはしない。第二次世界大戦のグライヴィッツ事件のような検証された陰謀と混同してはいけない。
【社会運動解説】プラウド・ボーイズ「白人大量虐殺の陰謀論を唱える極右グループ
地下組織 · 13日 12月 2020
プラウド・ボーイズは、アメリカとカナダで積極的に政治的暴力を推進、関与しようとする極右勢力。ネオファシスト、男性のみで構成される政治団体。 2016年、『Vice』メディアの共同創設者の元コメンテーターのギャビン・マクインズの指導のもと、極右雑誌『Taki's Magazine』で結成された。その名称は、2011年のディズニーミュージカル「アラジン」の「プラウド・オブ・ユア・ボーイ」を由来としている。 プラウド・ボーイズはオルタナ右翼の一部として現れたが、マクインズは2017年初頭、オルタナ右翼が白人至上主義に焦点を当てているのに対し、プラウド・ボーイズは「オルト・ライト」であると主張し、オルタナ右翼から距離を置いていた。 オルト・ライトはオルタナ右翼の人種・民族的ナショナリズムに対して、国民によるナショナリズムを掲揚し、グローバリズムを否定することに焦点を当てている。極右集会「ユナイト・ザ・ライト・ラリー」のあと、再構築の取り組みが活発化した。