カテゴリ:郭文貴



08日 12月 2020
「戦友」の大多数は家に留まり、あまり動かず、余計なことを話さず、外部の情報を敏感に察知し、タイムリーに情報を入手ましょう。この単純なことが他の何よりもはるかに重要です。
国際社会 · 28日 10月 2020
バイデン一族とその資金の流れが書かれた135ページにわたる資料を見ると、ハンター・バイデンがどのように中国に買収されたのかがわかる。 図を見ると、上は習近平とジョー・バイデン、お互い国同士の外交関係になっている。習近平の下に国務院という組織があり、その下に中国の銀行やいろいろな組織があるが、一番下に渤海華美(BHRパートナーズ)がある。この渤海華美と直接2010年にハンター・バイデンが設立の契約をしていた。 そのときは3000万元の出資金の10%がハンター・バイデンが出資することになっていた。300万元ですね。だが、300万元はハンター・バイデン自身のポケットマネーではなく、共同出資者からの貸し入れ、中国の出資側の無利息、無担保で貸し出したお金が300万元。しかも、貸したお金の更新は無条件に更新できる魔法の契約。貸したら返さないといけないはずだけど無利息、無担保。満期に返さないといけないときにこの条件を永遠に更新できる契約になっている。

政治家 · 28日 9月 2020
郭文貴(1970年5月10日、もしくは1968年10月5日)は中国の億万長者実業家、政治活動家、北京ゼニスホールディングスの資産管理者。 郭浩云、マイルズ・グォー、マイルズ・クオックなどの名前でも知られている。最盛期には中国の富豪の中で73位にランクインしていた。 郭は中国当局から汚職などの悪行を告発され、賄賂、誘拐、マネーロンダリング、詐欺、強姦などの容疑をかけられ逮捕令状が出た後、香港経由で2014年末に米国に亡命。国際刑事機構(ICPO)から指名手配を受けている。 郭はスティーブン・バノンの同僚となり、2人で中国の不正を監視する基金を立ち上げる。ドナルド・トランプ米大統領のフロリダのリゾート地「マー・ア・ラゴ」の会員でもある。
国際社会 · 25日 9月 2020
すでにアメリカ政府に、ソーシャルメディアの影響ついて強く話しています。でも、アメリカ人はまだソーシャルメディアに理解しきれていないと思います。中国共産党はアメリカに対して、テクノロジーや経済などを通して影響力を与えてますが、しかし、一番大事なのはソーシャルメディアです。