カテゴリ:軍人



【経歴・解説】マイケル・フリン将軍「戒厳令を訴える恩赦を受けたトランプ派軍人」
政治家 · 18日 12月 2020
マイケル・トーマス・フリン(1958年12月24日生まれ)は、アメリカの退役陸軍中将で、トランプ政権の最初の22日から辞任するまで、第25代米国国家安全保障顧問を務めた。また、2012年7月から2014年8月に退役するまで、第18代防衛情報局長官を務めている。 フリンは、米国のテロ対策戦略の形成やアフガニスタン戦争やイラク戦争での反乱軍ネットワークの解体に重要な役割を果たした。彼は多数の戦闘兵器、通常兵器、特殊作戦などの上級諜報員としての任務を与えられていた。 退役後はフリン・インテルグループを設立し、トルコを含む企業や政府に諜報サービスを提供していた。2017年、フリンは2016年にトルコ政府に利益をもたらす可能性のある有償のロビー活動を行っていたことを認め、外国人エージェントとして登録した。