カテゴリ:見世物



【見世物】「人体の不思議展」本物の死体を展示して物議をかもした展示会
見世物 · 31日 3月 2021
「人体の不思議展」はプラスティネーション(プラストミック)という製法で作られた人体標本の展示。日本では1996年から2012年にかけて36の都市を巡回して開催され、650万人以上を動員したとされている。 会場に展示された標本は模型ではなく、すべて人の死体を使用していた。全身標本は、皮膚を剥ぎ取られ、筋肉をむき出しにした状態で弓やアーチェリーを引かせられたり、前方の標本の肩に手を置いて列を組んで並ばされたり、さまざまなポーズをとらされ、死者であるにもかかわらず生きているかのような姿勢を演出されていた。
見世物 · 06日 11月 2019
「見世物小屋」は、都市の盛り場や寺社の境内において、日常では見られないパフォーマンスや天然奇物、工芸などの「見世物」を期間限定で展示する小屋である。海外では「フリークショー」「サイドショー」と呼ばれている。都市の盛り場に建てられた博物館や常設館とは異なる。 日本において見世物小屋は、江戸時代から明治時代にかけて特に流行し、その後、大正、昭和を経て平成の現代まで、さまざまなかたちを変えて現在も行われている。

見世物 · 27日 8月 2018
リック・ジェネスト(1985年8月7日-2018年8月1日)はカナダの芸術家、俳優、ファッションモデル。「ゾンビボーイ」というニックネームで知られている。 タトゥーは全身の9割に及び、ギネス世界記録では、最も多くの骨のタトゥーを体に入れた人、最も多くの昆虫のタトゥーを体に入れた人という2件の記録保持者に認定されている。 2000年代まで、カナダのアンダーグラウンドシーンで活動していたが、2011年、レディ・ガガのミュージックビデオに出演して、世界で知られるようになる。2013年にはキアヌ・リーブス主演の映画『47RONIN(47 Ronin)』にも出演した。 2018年8月1日、死去。