ブログカテゴリ:精神医学



医学・科学 · 19日 9月 2018
GABAは天然アミノ酸のひとつ。γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略称である。アミノ酸といえばたんぱく質を構成することでよく知られているが、GABAはおも脳や脊髄でドーパミンなどの興奮系の神経伝達物質の過剰分泌をおさえ、興奮を沈めたり、リラックスをもたらす。「抑制系の神経伝達物質」として効能を持っている。