カテゴリ:画家



芸術 · 14日 12月 2020
陳科偉(1984年生まれ)は台湾の画家。おもに油絵具とアクリルでシュルレアリスティックで幻想的な女性ポートレイトを描いている。台北を基盤にファイン・アートの世界で活動している。 生命の尊さの象徴として花と純粋で幻想的な少女を描いているが、垂れ下がった花と無口な姿には、甘美な中に苦しさと哀しさを含んでいる。
ありえだなおは静岡県の画家。2010年代前半から、静岡を中心にギャラリーで個展をしたり、ウェブ上に作品をアップロードするなどして活動している。 基本は一枚絵だが、立体的なオブジェや絵画、漫画など表現形式は多岐にわたる。村上隆主催のGEISAIにも参加したことがある。...