ブログカテゴリ:政治家



社会・文化 · 09日 2月 2020
山本太郎(1974年生まれ)は日本の政治家。れいわ新選組代表。兵庫県宝塚生まれ。高校1年生のとき、民放バラエティ「天才・たけしの元気が出るテレビ‼」に出演。独特のダンスでお茶の間の人気者になる。その後、本格的に芸能界に進み、俳優としてキャリアを築く。 2011年3月11日に東日本大震災が発生し、東京電力福島第一原発がメルトダウンする悲惨な事故にショックを受けた山本は、「反原発」の運動に身を投じるようになる。長年所属していた芸能事務所を離れ、のちには自ら政界入りをめざした。 2012年12月の衆議院選挙で東京8区から初めて立候補する。主に反原発、反TPP等を訴えて約7万票を集めるも、次点で落選。翌年2013年7月の参議院選挙で東京選挙区で立候補し、66万票を集めて4位で初当選。 はじめは無所属で活動していたが、のちに小沢一郎らと合流する。6年後の2019年4月、小沢氏がいる自由党を離党し、ひとりで政治団体「れいわ新選組」を立ち上げる。 その後、評価の高い街頭演説が話題を呼び、SNSを中心に着々と支持を広げ、2019年の参議院選挙では党として比例区で228万