カテゴリ:ドナルド・トランプ



【経歴・解説】ドナルド・トランプ「第45代アメリカ合衆国大統領」
政治家 · 31日 12月 2020
ドナルド・ジョン・トランプ(1946年6月14日生まれ)は、第45代アメリカ合衆国大統領。政界に入る前は実業家であり、また、テレビのパーソナリティを務めていた。 ニューヨークのクイーンズで生まれ育ったトランプは、2年間フォーダム大学に通い、ペンシルバニア大学ウォートンスクールで経済学の学士号を取得した。 1971年に父フレッド・トランプの不動産事業を継いで社長に就任し、「トランプ・オーガニゼーション」と改名し、超高層ビルやホテル、カジノ、ゴルフ場の建設・改修などに事業を拡大した。 トランプ氏はその後、おもに自分の名前をライセンス化して、様々なサイドベンチャーを始めた。これまでトランプと彼の事業は、6件の破産を含む4000件以上の州および連邦政府の法的事件に関わっている。
【経歴・解説】イヴァンカ・トランプ「トランプの娘でファースト・ファミリー初のユダヤ教徒」
29日 12月 2020
イヴァンカ・マリー"イヴァンカ"トランプ(1981年10月30日生まれ)はアメリカの実業家。2017年から父ドナルド・トランプの大統領顧問、経済イニシアチブ起業家事務所長を務めている。 イヴァンカは、ドナルド・トランプと第一夫人イヴァナのの第二子である。夫ジャレッド・クシュナーと結婚する前にユダヤ教に改宗しており、ファースト・ファミリー(大統領家族)では初のユダヤ教徒である。

【経歴・解説】ピーター・ナヴァロ「米政権きっての対中強硬派で不正選挙を主張」
26日 12月 2020
ピーター・ケント・ナヴァロ(1949年7月15日生まれ)は、アメリカの経済学者、作家。2016年の大統領選時にトランプ氏に重用され、そのままホワイトハウス入りした。トランプ政権では大統領補佐官、通商製造政策局長、国防生産法政策コーディネーターを務める。 以前は、2017年4月に大統領令によって設立された新しい役割である通商製造政策局に統合されるまで、ホワイトハウス事務局に新しく設立されたホワイトハウス国家通商会議の大統領兼局長の副補佐官を務めていた。
【経歴・解説】ジョセフ・ディジェノバ&ヴィクトリア・トーセンシング弁護士「ソロス陰謀論を広めたトランプ派弁護士」
19日 12月 2020
ジョセフ・ディジェノバ(1945年2月22日生まれ)は、アメリカの弁護士、政治評論家。1983年から1988年までコロンビア特別区の連邦検事を務めた。 妻のヴィクトリア・トーセンとともに、ワシントンD.C.の法律事務所ディジェノバ&トーセンを運営している。 彼は司法省とFBIに関する陰謀論を広めることで知られている。 ディジェノバが2019年11月にFOXのチャンネルでジョージ・ソロスに関する陰謀論を広めるようになると、彼と妻のトーセンの同ネットワークの出入り禁止を求める声が広がった。 2020年11月、ドナルド・トランプ大統領は、トランプが敗北した2020年の大統領選挙の結果に異議を唱えるため、ルディ・ジュリアーニ氏が率いる弁護団にディジェノバ、トーセン、シドニー・パウエル、ジェナ・エリスを指名した。

【経歴・解説】ジェナ・エリス弁護士「聖書でしか米国憲法は解釈できないと主張するトランプ派弁護士」
19日 12月 2020
ジェナ・エリス(1983年または1984年生まれ)はアメリカの弁護士。ドナルド・トランプ弁護士の一人。 コロラド州ウェルド郡の元副地方検事であり、コロラド・クリスチャン大学の法律学の元助教授でもある。私立弁護士として、州裁判所での訴訟を担当。 2015年には、アメリカの憲法は聖書に沿ってしか解釈できないと主張する本『道徳的憲法の法的根拠』を自費出版した。 2018年以降、エリスはケーブルニュースへの出演の際に「憲法弁護士」として自分をアピールしてきたが、ニューヨーク・タイムズ紙は彼女の経歴からそのような専門性はなく、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は彼女には連邦事件に関する経歴はないと報じている。 エリスは2015年と2016年初頭にドナルド・トランプとその支持者を厳しく批判していたが、2016年の共和党大統領候補になるころになると、メディア出演を含めてトランプを支持するようになった。 エリスは2019年11月にトランプからに上級法律顧問として採用された。 2020年11月、トランプは、エリスを2020年の大統領選挙でジョー・バイデン次期大統領の勝
【経歴・解説】マイケル・フリン将軍「戒厳令を訴える恩赦を受けたトランプ派軍人」
政治家 · 18日 12月 2020
マイケル・トーマス・フリン(1958年12月24日生まれ)は、アメリカの退役陸軍中将で、トランプ政権の最初の22日から辞任するまで、第25代米国国家安全保障顧問を務めた。また、2012年7月から2014年8月に退役するまで、第18代防衛情報局長官を務めている。 フリンは、米国のテロ対策戦略の形成やアフガニスタン戦争やイラク戦争での反乱軍ネットワークの解体に重要な役割を果たした。彼は多数の戦闘兵器、通常兵器、特殊作戦などの上級諜報員としての任務を与えられていた。 退役後はフリン・インテルグループを設立し、トルコを含む企業や政府に諜報サービスを提供していた。2017年、フリンは2016年にトルコ政府に利益をもたらす可能性のある有償のロビー活動を行っていたことを認め、外国人エージェントとして登録した。

政治家 · 10日 12月 2020
ルドルフ・ウィリアム・ルイ・ジュリアーニ(1944年5月28日生まれ)は、1994年から2001年まで第107代ニューヨーク市長を務めたアメリカの弁護士・政治家。 1981年から1983年までアメリカ合衆国准検事総長、1983年から1989年までニューヨーク南部地区連邦検事を務めた。 ジュリアーニは、1980年代にニューヨーク市南部地区の連邦検事として、ニューヨーク市のマフィアのボスを連邦検事として起訴した。 1989年のニューヨーク市長選挙で落選したが、1993年に当選し、1997年には犯罪に対する頑強な対処を公約に掲げて再選された。 1994年から2001年まで市長としてニューヨークで物議を醸した「市民大掃除」を主導する。ジュリアーニ市長は、警察庁の行政と取り締まりを改革のため、ニューヨーク市の新しい警察長官に外部の人物、ウィリアム・ブラットンを任命した。 深刻で暴力的な犯罪者に続いて、徘徊中毒者、万引き、売春婦を引き付けるために、廃墟や破壊行為のような社会的混乱を挙げている「割れ窓理論」を採用した。
【まとめ・解説】ドナルド・トランプ「民主党によるアメリカ大統領選挙の不正を告発する動画」完全版4
政治家 · 09日 12月 2020
私を大統領にしたくないのです。私は大統領に立候補すると発表した直後から調査を受けました。私がすぐに共和党予備選挙で1位になったとき、調査は止まることはありませんでした。それは4年間続き、私はそれらすべてに勝ちました。私はそれらすべてを打ち負かしたのです。 ロシア、ロシア、ロシア、弾劾のデマ、その他多数。ロバート・ミューラーは2年半の間私を調査するために4800万ドルの納税者の税金を費やして、2,800件を超える召喚状を発行し、500件近くの捜査令状を実行し、230件の通信記録の注文を発行し、500人の証人インタビューをしました。結局、共謀はありませんでした。 

【まとめ・解説】ドナルド・トランプ「民主党によるアメリカ大統領選挙の不正を告発する動画」完全版3
政治家 · 08日 12月 2020
私を大統領にしたくないのです。私は大統領に立候補すると発表した直後から調査を受けました。私がすぐに共和党予備選挙で1位になったとき、調査は止まることはありませんでした。それは4年間続き、私はそれらすべてに勝ちました。私はそれらすべてを打ち負かしたのです。 ロシア、ロシア、ロシア、弾劾のデマ、その他多数。ロバート・ミューラーは2年半の間私を調査するために4800万ドルの納税者の税金を費やして、2,800件を超える召喚状を発行し、500件近くの捜査令状を実行し、230件の通信記録の注文を発行し、500人の証人インタビューをしました。結局、共謀はありませんでした。 
【まとめ・解説】ドナルド・トランプ「民主党によるアメリカ大統領選挙の不正を告発する動画」完全版2
政治家 · 08日 12月 2020
何よりも、私たちには非常に疑わしい会社があります。その名前はドミニオンで、ダイヤルを回すかチップを交換するだけで、トランプのボタンを押すことができ、投票はバイデンに行くのです。これはどのようなシステムですか?私たちは投票用紙でなければなりませんし、多分そっちの方がもっと時間がかかります。しかし、唯一の安全なシステムは投票用紙なのです。これらのシステムではありません。多くの場合を含め、誰も理解していない。しかし、残念ながら、それらのシステムを実行する人々は、それらをあまりにもよく理解していると思います。

さらに表示する