カテゴリ:タトゥー



A ee mi(アーイミー)は台湾のイラストレーター、漫画家。サイケデリックでカラフルな色彩と形態でファンタジックな世界を描き出す。台湾文化や社会問題を主題にした作品を描く事が多いアクティビティストでもある。 A ee miは、ニューヨークで芸術分野の修士号を取得し、短期間の就労を経て、2017年に台湾に戻る。その後は自分の心の声に耳を傾け、男女同権や同性結婚、政治といった社会的な問題を主題としたイラストレーターとして注目集めるようになる。 以前は政治や社会問題に関心がなかったが、台北で発生したひまわり学生運動や香港でも反政府デモに影響を受け、現在の作風になったという。 そのため、一見すると欧米のサイケデリック・アートの文脈で評価もできるが、台北独自の美的感覚や文化、場所など土着要素が強く含まれている。万華区のカラフルな看板やネオン、昔ながらのマッサージ店や理髪店など風情ある町並みは作品に大きく影響を与えている。
靈子同學は台湾のイラストレーター、タトゥーアーティスト。手描きのドローイングにシールや新聞、雑誌などの断片を装飾的に貼り付けて制作している。ポートレイト画が多いイラストレーターの中でも、彼女は少女の妄想部屋のようなシュルレありスティックな空間表現が巧みなのが特徴。

11日 12月 2020
ローリー・ヴァン・ウルフトは7歳(2020年時点)のカナダのジムナスティック少女。現在はおもに重量挙げと新体操にいそしんでいる。 身長約120cmながら80Kgのデッドリフトが可能で、また61kgのスクワットもできるという。彼女はもともと新体操でスカウトされたが、5歳の誕生日の後にウェイトトレーニングを始めたという。 先日、米国で行われた30キロ級の重量挙げ大会に出場した際は13歳の中学生らと競い合い、最年少優勝者のタイトルを獲得。 しかし、彼女にとって重量挙げは「趣味」であくまでも自分のメインは新体操だという。ローリーと両親と5歳の弟とともに、カナダのオタワに在住している。彼女は毎週9時間新体操のトレーニングを行い、重量挙げのトレーニングに4時間を費やしている。 なお、大会出るときローリーは消えるタトゥーをいれている。
06日 12月 2020
タトゥーとは、皮膚の真皮層にインク、染料、顔料を挿入して表面を変化させる不滅的、または一時的な身体改造の一形態。日本語では「刺青」「入れ墨」。 タトゥーは、大まかなに3つのカテゴリに分類される。 純粋に装飾的なもの(特定の意味を持たないもの) 象徴的なもの(着用者に関連する特定の意味を持つもの) 絵画的なもの(特定の人物やアイテムの描写) またタトゥーは、家畜、捕虜、罪人を識別するために使用されることもある。

見世物 · 27日 8月 2018
リック・ジェネスト(1985年8月7日-2018年8月1日)はカナダの芸術家、俳優、ファッションモデル。「ゾンビボーイ」というニックネームで知られている。 タトゥーは全身の9割に及び、ギネス世界記録では、最も多くの骨のタトゥーを体に入れた人、最も多くの昆虫のタトゥーを体に入れた人という2件の記録保持者に認定されている。 2000年代まで、カナダのアンダーグラウンドシーンで活動していたが、2011年、レディ・ガガのミュージックビデオに出演して、世界で知られるようになる。2013年にはキアヌ・リーブス主演の映画『47RONIN(47 Ronin)』にも出演した。 2018年8月1日、死去。