カテゴリ:シャム双生児



【完全解説】アンドロギュヌス「男性的な特徴と女性的な特徴を組み合わせた両性具有」
20日 12月 2020
アンドロギュヌスは曖昧な形で男性的な特徴と女性的な特徴を組み合わせたものである。アンドロギュヌスという言葉はおもに「性差」「性同一性」「性表現」「性的アイデンティティ」として使われることがある。日本では両性具有(りょうせいぐゆう)と訳され、乳房を持った少年、あるいは男根を持った女性などの形男女両性を兼ね備えた存在の事を指すことが多い。 アンドロギュヌスという言葉が、人間の混合した「性差」を指すとき、それは多くの場合、ふたなり、両性具有などのインターセックスの人々のことを指している。インターセックス とは生物学的特徴として、雌雄の特徴を持つ部分が区分されている「雌雄モザイク」とは異なる状態である。ふたなり、両性具有など。ヒトの場合半陰陽雌と呼ぶときもある。
見世物 · 20日 8月 2018
デイジー&ヴァイオレット・ヒルトン(1908年2月5日-1969年1月4日)はイギリスの見世物芸人。結合双生児。 彼女たちは子どものときからヨーロッパ中で展示され、また1920年代から1930年代にかけてはのアメリカのサイドショーやヴォードヴィル、アメリカン・ヴァーレスク・サカースに周遊出演した。 一般的には、1932年の映画『フリークス』や1952年の映画『人生の連鎖』に出演してよく知られている。 2人は1908年2月5日、イギリスのブライトンにあるライリー・ロード18番地に生まれた。母はケイト・スキナーで独身のホステスだった。2人は尻と腰がつながった状態で生まれた。2人は血液循環は共有し、また骨盤は融合状態にあったが、おもな内臓器官はひとりひとり独立した状態にあった。 2人は"シャム双生児"、"ヒルトン姉妹"、"ブライトン双生児"、"ブライトンのシャム双生児"などさまざな呼び方が使われている。

見世物 · 16日 8月 2018
ラザロ&ジョアンネ・バプティスタ・コリドー兄弟(1617−1647年)はイタリア。ジェノヴァ出身の結合双生児。17世紀のヨーロッパ大陸を巡遊していた見世物芸人。 ジョアンネ・バプティストの上半身と左足は可動可能なラザロの身体から突き出した状態になっている。ジョアンネは寄生性双生児で、話すことできず、目は閉じだたまで、口は常にひらっきぱなしでよだれを垂らしている状態だった。2本の腕があったが、各手の指は3本しかなかった。