カテゴリ:インド



殺人 · 23日 6月 2020
カルアはインドの殺人猿。これまで1人の男性を殺害、合計250人に負傷を負わせた。殺害動機はアルコール供給の枯渇による離脱依存症だという。 逮捕される以前のカルアはウッタル・プラデーシュ州ミルザプールでハードリカーを与えていたオカルト主義者のペットだったが、飼い主が亡くなったため、カルアはアルコールが飲めなくなった。 その後、離脱依存症が生じて猛烈な勢いで怒り出し、通りを徘徊し人々を次々に襲い始めたという。特に女性と少女を標的にし、牙で顔を噛みつき、切り裂き重症を追わせている。 合計250人に噛みつき、被害者のうちの1匹が死亡したという。整形手術をするほどの被害を負った子どもたちが何十人も出ている。