見世物小屋

見世物小屋 · 20日 8月 2018
「フィジーの人魚」、または「フィージー・マーメイド」は頭と胴体が幼ない猿で、尻から下が魚の尾になっているオブジェクト。オブジェクトの数はさまざまあるが、共通してサイドショーにおいて「人魚のミイラ」という売り文句を付けられ、展示されていたという特徴がある。 フィジーの人魚は、バーナムのアメリカ博物館における最初の展示シリーズの1つだった。1842年にバーナムのアメリカ博物館に展示された最初の人魚のミイラは、口は大きく開き、歯はむき出し状態で、右手は右の頬に、左手は左下の顎の下に置かれてた状態のものである。
見世物小屋 · 20日 8月 2018
「フィジーの人魚」、または「フィージー・マーメイド」は頭と胴体が幼ない猿で、尻から下が魚の尾になっているオブジェクト。オブジェクトの数はさまざまあるが、共通してサイドショーにおいて「人魚のミイラ」という売り文句を付けられ、展示されていたという特徴がある。 フィジーの人魚は、バーナムのアメリカ博物館における最初の展示シリーズの1つだった。1842年にバーナムのアメリカ博物館に展示された最初の人魚のミイラは、口は大きく開き、歯はむき出し状態で、右手は右の頬に、左手は左下の顎の下に置かれてた状態のものである。
見世物小屋 · 19日 8月 2018
ジョイス・ヘス(1756年-1836年2月19日)はアフリカ系アメリカ人奴隷。P・T・バーナムに買われ、"161歳のジョージ・ワシントンの元乳母"という売り文句で見世物にされた。
見世物小屋 · 19日 8月 2018
チャールズ・シャーウッド・ストラットン(1838年1月4日-1883年7月15日)は、「親指トム将軍」というステージネームで知られる見世物芸人。小人症。彼はP・T・バーナムの「バーナムのアメリカ博物館」の人気ショーの1つとして知られる。
見世物小屋 · 19日 8月 2018
フィニアス・テイラー・バーナム(1810年7月5日-1891年4月7日)はアメリカの興行師、政治家、実業家。アメリカにフェイク・テイメントを普及させたことで知られる興業「バーナム・アンド・ベイリー・サーカス」(1871–2018)の創設者。 バーナムは著述家であり、編集者であり、慈善家でもある。バーナムは自身について「私はプロの興行師です。私にとってあらゆる虚飾はただ虚飾である」と話している。彼の批評によれば、彼の個人的な目標は「自分の金庫に金を入れること」だという。バーナムは「毎分、だまされる人が生まれてくる」ということわざが付けられた。
見世物小屋 · 18日 8月 2018
ジップ&ピップ姉妹はアメリカの見世物芸人。小頭症。本名は姉エルヴァイラ・スノー(ジップ)と妹ジェニー・リー・スノー(ピップ)で、スノー姉妹と呼ばれることもある。トッド・ブラウニングの映画『フリークス』で現れるピンヘッド。
見世物小屋 · 18日 8月 2018
コモドア・ナット(1848年4月1日-1881年5月25日)はアメリカのエンターテイナー。ニューハンプシャー州で小人症として生まれた。 ニューヨークにあるバーナム・アメリカ博物館を訪問したP.T.バーナムをスカウトし、彼とともイギリスをサーカス巡業を行う。バーナムは彼に"コモドア・ナット"というステージネームを付けて、海軍服の衣装に身を包み、クルミのような形をした小さな車で現れた。ナットのパフォーマンスは博物館で最も人気のアトラクションの1つとなった。
見世物小屋 · 17日 8月 2018
パスカル・ピノン(1889年-1929年)は双頭のメキシコ人。1900年初頭に活動していたセルスフロト・サーカスの見世物芸人。その頭頂部にくっついている巨大良性嚢胞腫瘍で注目集めた。 テキサスの鉄道会社で働いていたピノンは、見世物小屋興行師に発見され、興行師が主催している見世物小屋へスカウトされる。興行師は、ピノンの頭にあった巨大な腫瘍に蝋でつくった偽の顔をくっつけて、“2つの頭を持つ男”として喧伝してステージに立たせた。なおフェイクの頭は銀製であるとも、外科手術で皮膚の下に直接埋め込んでいたもいわれ、その詳細は不明であるが、フェイクであったことは事実とみなされている。
見世物小屋 · 17日 8月 2018
アロイジア・ワグナー(1906年、もしくは1907年〜死没年不詳)は、ステージネーム"ヴィオレッタ"という名称で知られているドイツ人の見世物芸人。テトラアメリア症候群のため四股が欠損している。彼女はドイツのブレーメン州へーメリンゲンで生まれ、サイドショーやフリークショーでパフォーマンスを行なった。
見世物小屋 · 17日 8月 2018
ランディアン王子(1871年10月12日-1934年12月19日)は「蛇男」「彫像男」「芋虫男」のニックネームで知られるガイアナ生まれのアメリカの見世物芸人。テトラアメリア症候群のため四股が欠損している。 ランディアン王子のパフォーマンスでよく知られているのは、口にくわえたマッチに火を起こし、タバコに点火するパフォーマンスである。1932年のトッド・ブラウニングの映画『フリークス』にも登場しており、パフォーマンスを披露している。 伝え話によれば、ランディアン王子は見世物興行師で有名なP・T・バーナムが1889年にアメリカへ連れてきて、18才のときにコニーアイランド・カーニバルやサーカスのサイドショーなどで、45年間パフォーマンスを行ったという。

さらに表示する