社会問題

社会問題 · 25日 6月 2020
ブーガルー運動は緩やかなつながりで組織化されたアメリカの極右過激派運動。ブーガルー・ボーイズやブーガルー・ボイと呼ばれることもある。ハワイアンシャツと軍服のファッション特徴的な外見である。 ブーガルー運動の参加者は一般的にリバタリアンの民兵であり、米国政府を転覆させるための第二次アメリカ内戦「ブーガルー」の準備、あるいは内戦を扇動しようとしている。 この用語の使用は2012年から匿名掲示板「4chan」で見られるようになったが、広く注目されるようになったのは2019年後半になってからである。ブーガルー運動はおもにオンライン(特にフェイスブック)で組織されており、参加者は2020年の米国の反ロックダウン抗議デモや2020年5月のジョージ・フロイド抗議デモなどに参加している。
社会問題 · 24日 6月 2020
佐川一政(1949年4月26日生まれ)は日本の作家、殺人者、カニバリスト。海外では「Pang」と呼ばれることもある。 1981年、フランスのパリ在住時にオランダ人女性留学生ルネ・ハルデルベルトを殺害し、死姦後にその肉を食べて世界を震撼させた「パリ人肉事件」の犯人で知られている。 2年間公判前勾留されたあと、精神鑑定の結果、心身喪失状態での犯行と判断され不起訴処分となる。 日本へ帰国後は、自身に対する犯罪行為へ対する人々の悪趣味的な関心を逆手に利用して、おもに執筆活動などで生計を立てている。漫画家で芸術家の根本敬と親交が深く、一部のマイナー・ファンから受け入れられている。

社会問題 · 09日 6月 2020
グレタ・トゥーンベリ(2003年1月3日生まれ)はスウェーデンの環境活動家。地球温暖化によってもたらされるリスクに焦点を当て活動に取り組んでいる。 トゥーンベリは、2018年8月、15歳のときに登校せずスウェーデン議会前で活動はじめる。スウェーデン語で「気候のための学校ストライキ(Skolstrejk för klimatet)」というプラカードを掲げ、気候変動に対する積極的な行動を呼びかけ、注目を集めるようになる。 彼女のよびかけに応じてすぐにほかの学生たちも彼らのコミュニティで同様の抗議活動をはじめる。トゥーンべリとともに他の学生たちも「未来のための金曜日(Fridays for Future)」という名称のもと、学校ストライキ運動を組織化するようになった。 トゥーンベリが2018年の国連気候変動会議に出席してから、毎週世界のどこかで学生ストライキが行われるようになる。2019年には、100万人以上の学生が参加したストライキが少なくとも2つ以上の都市で確認されている。
社会問題 · 03日 6月 2020
法輪功迫害は、国家無神論の教義を維持する中国共産党が1999年に始めた中国における法輪功学習者を排除するための反宗教運動である。 中国共産党による多面的なプロパガンダ、強制的なイデオロギー変更、再教育のプログラム、恣意的な逮捕、強制労働、身体的な拷問などのさまざまな非合法的な強制的措置が特徴で、最悪の場合は死に至ることもある。 法輪功は、ゆっくりとした動きの運動と瞑想を組み合わせた現代的な気功であり、誠実さ、思いやり、寛容さ(真・善・忍)を中心とした道徳的な哲学を実践する気功教室である。李洪志が1992年5月に吉林省長春市で創始した。 1990年代の急成長期を経て、共産党は1999年7月20日に法輪功を「根絶」する運動を開始した。

社会問題 · 01日 6月 2020
アンティファ(ANTIFA)運動はアメリカの極左・反ファシスト主義の過激派政治活動運動。政策改革ではなく直接行動で目的を達成することを目的とした自律的な活動グループ。 活動家たちは、デジタル・アクティビズム、物的損害や物理的暴力、ファシスト、人種差別主義者、または極右と認定された人々に対する嫌がらせなど、さまざまな抗議戦術に従事している。 運動に参加している個人たちは、反資本主義的な見解を持ち、無政府主義(特に無政府共産主義)、共産主義、マルクス主義、社会主義、社会民主主義などのイデオロギーの範囲を支援する傾向がある。
社会問題 · 06日 2月 2020
「台湾亞文化」は、おもに台湾のインディーズ・シーンで活躍する台湾在住のアーティスト、および海外のアーティストたちで構成される文化圏。画家、イラストレーター、マンガ家、現代美術家、写真家、人形作家、モデル、ミュージシャンなどジャンルは多様。 日本のカルチャー市場に比べて台湾市場は小さいため、特に評価が高く、期待されている芸術家であっても大半はインディーズ市場での活動となっている。そのため、最近は台湾文化部が積極的に関与して芸術家を支援している。たとえば、フランスのアングレーム市で1月末に開幕する「第47回アングレーム国際漫画祭」に台湾パビリオンを出展し、インディーズの作家たちを紹介している。

社会問題 · 29日 1月 2020
ひまわり学生運動は、2014年3月18日から4月10日にかけ、台湾の立法院に対して学生と市民との連動で行われた抗議デモ運動。のちに行政院に対しても抗議デモ運動が行われた。 活動家たちは、国民党が立法議会で法案を条文ごとに検討審議することなく海峡両岸サービス貿易協定(CSSTA)を強行採決したことに反対した。 学生たちが立法院を占拠し、抗議すると、ほかの支持者が立法院の外にも詰めかけ、大きな抗議運動に発展した。3月30日には集会が開かれ、総統府前に警察発表で11万人、主催者発表で50万人が参加した。 ひまわりのデモ参加者は、この協定について、中国との貿易協定が台湾経済を損ない、また、北京からの政治的圧力に対して脆弱な状態になると認識していた。 一方、条約の支持者たちは、中国による投資の増加が台湾経済の活性化に必要不可欠であるとみなし、条約の実施に関する不透明さは台湾にとって有利に解決するもので、また条約の撤回をすると、台湾の国際的な信頼性を損なうだろうと反論した。 デモ参加者たちは当初、条文ごとに検討審議するよう要求したが、その後、貿易協定そのものの拒否、中
社会問題 · 27日 1月 2020
日本では13世紀が、日本の仏教の最後にして最大の形成期であったといってよいでしょう。ここに一人の偉大な人物を取り上げることにいたしましょう。1222年、安房の国の貧しい漁師の家に一人の子どもがうまれました。母は熱心な日輪の信者であったため、子どもは日輪の神にちなみ、善日麿と名づけられました。後の日蓮聖人です。

社会問題 · 27日 1月 2020
カール・マルクス(1818年5月5日-1883年3月14日は哲学者、経済学者、社会学者、記者、革命家、予言者。プロシア生まれで、後に無国籍者となり、人生の大半をロンドンで過ごす。 経済学においてマルクスの著作物は、現在の労働観に多大な影響を与えた。また労働と資本の関係、その後の経済思想でも多大な影響を与えている。生涯に膨大な著作物を出版したが、代表的なのは1848年の「共産党宣言」と、1867年からマルクス死後の1894年に出版された「資本論」である。 プロシアのライン州トリーアの裕福なミドルクラスの家庭で生まれたマルクスは、ボン大学とベルリン大学に入学し、青年ヘーゲル派の哲学に関心を持つ。大学卒業後、ケルンの急進派の新聞「ライン新聞」に参加し、論文を寄稿するようになる。また「唯物史観」論を書き始める。 1843年にパリに移り、ほかの急進派の新聞に寄稿し始め、そこでフリードリヒ・エンゲルスと出会う。エンゲルスは生涯の友人とりなり、著作の協力者であり共著者となった。 1849年にパリ革命に失敗し、妻子とともにロンドンに亡命。以後、死ぬまでロンドンを拠点に、大英博
社会問題 · 15日 1月 2020
2019-2020年香港抗議デモ中に抗議者たちが使用した戦術と方法の解説です。

さらに表示する