地下組織

【解説】オルタナ右翼「2010年代に米国で発生した新しい右翼」
地下組織 · 02日 1月 2021
オルタナ右翼(オルタナティブ・ライト)は、ゆるやかに繋がっている極右と白人国家主義者の運動。おもにネット上の現象で、2010年代に米国で発生し、その後、さまざまな国でも存在感を出し始めている。 この言葉に明確な定義はなく、さまざまな自称「オルタナ右翼」、メディアのコメンテーター、学者によって使用されてきた。 オルタナ右翼は、ヨーロッパ系アメリカ人のための極右アイデンティティ政治の一形態を推進する生物学的人種差別主義者の運動である。 そのメンバーの一部は、米国で白人の多数派が継続していることを保証するための厳しい移民制限政策を支持しており、また他のメンバーは、北米で白人分離主義的な民族国家を形成するために国を分割することを要求している。
【社会運動解説】プラウド・ボーイズ「白人大量虐殺の陰謀論を唱える極右グループ
地下組織 · 13日 12月 2020
プラウド・ボーイズは、アメリカとカナダで積極的に政治的暴力を推進、関与しようとする極右勢力。ネオファシスト、男性のみで構成される政治団体。 2016年、『Vice』メディアの共同創設者の元コメンテーターのギャビン・マクインズの指導のもと、極右雑誌『Taki's Magazine』で結成された。その名称は、2011年のディズニーミュージカル「アラジン」の「プラウド・オブ・ユア・ボーイ」を由来としている。 プラウド・ボーイズはオルタナ右翼の一部として現れたが、マクインズは2017年初頭、オルタナ右翼が白人至上主義に焦点を当てているのに対し、プラウド・ボーイズは「オルト・ライト」であると主張し、オルタナ右翼から距離を置いていた。 オルト・ライトはオルタナ右翼の人種・民族的ナショナリズムに対して、国民によるナショナリズムを掲揚し、グローバリズムを否定することに焦点を当てている。極右集会「ユナイト・ザ・ライト・ラリー」のあと、再構築の取り組みが活発化した。

地下組織 · 20日 8月 2020
新中国連邦(New Fedral State of China)は、郭文桂とスティーブ・バノンによって作られた自称中国亡命政府。この国家は2020年6月にニューヨークをはじめ米国の都市上空で航空機を使ってたれ幕を掲げて発表された。 元中国のサッカースター、郝海東もまた彼の妻で引退したバドミントンスター葉釗穎と同じく、国家宣言の読み上げに関与している。 新中国連邦国家の発表は天安門事件の記念日に合わせて行われ、国家の唯一の目的は「中国共産党政府の転覆」であると説明された。