哲学

哲学 · 12日 6月 2020
チャールズ・ミルズ・マンソン(1934年11月12日-2017年11月19日)は、アメリカの犯罪者、カルト教団の指導者。 1967年半ばにカリフォルニア州を拠点とする準共同体「マンソン・ファミリー」と知られるようなったものを結成した。 マンソンの信奉者たちは1969年7月から8月にかけて、4つの場所で9人の連続殺人を犯した。ロサンゼルス郡の地方検事によると、マンソンは人種戦争を企てたが、その動機についてはマンソンらも異議を唱えている。
哲学 · 03日 6月 2020
法輪功、または法輪大法は、「真実」「思いやり」「寛容性」(中国語:真善忍)の教義を中心とした道徳的な哲学と瞑想と気功の実践を組み合わせた中国の気功集団。 仏教の道徳、徳の修養、気功法を重視しているがその教えには道教の伝統的な要素も含まれている。法輪功の修練者は、道徳的な規範と瞑想の実践を通じて、執着心をなくし、最終的には精神的な悟りを得ることを目指してる。 法輪功は、1992年に李洪志によって中国東北部で始められた。中国の「気功ブーム」の末期に生まれたもので、この時期には、瞑想、ゆっくり動くエネルギー運動、規則正しい呼吸法などよく似た修練が中国全土で盛んに行われていた。 法輪功がほかの気功学校と異なるのは、会費や正式な会員資格がなく、また、毎日の礼拝の儀式もない。インターネットを中心に世界中で情報の連絡や発信を行っているゆるやかなネットワーク集団であることである。

哲学 · 29日 4月 2020
幸福とやすらぎをもたらすオウムの本
哲学 · 26日 4月 2020
李洪志(1951年5月13日生まれ)は法輪功の創設者。伝統的な気功による「心身養成システム」を育成を指導している。1992年5月13日に中華人民共和国の長春市で法輪功を公的な教えを始め、次いで中国全土で法輪功の講義や教えを広めた。 1995年から李は海外で布教を始め、1998年にアメリカで永住権を獲得。李の法輪功運動は、1990年代に政府や気功界を巻き込んで大きな支持を得るようになったが、1999年に中国政府から弾圧を受けた。

哲学 · 26日 4月 2020
数の力を借りて抗議デモに立ち上がったり、こちらの方から積極的、具体的な攻撃をしかけることはできませんし、またやりたくありません。 そのような意味からも、自由と民主主義を愛する世界の人々の支援は非常に大事です。いま、弟子たちがボランタリー的にインターネットなどを通して必死に世界中の人々にメッセージを送り続けているところですが、反響は想像以上に大きく、日に日に地球規模の力強い協力と支援のネットワークが広がりつつあります。日本の皆様にも積極的に支援して頂きたいと、心から願っております。さらに、中国政府の関係者の方々とも、平和的に話し合う場をもちたいと切望しています。
哲学 · 25日 4月 2020
-やはり1億人もの人間が一つの旗の下に結集すれば、当然それなりの集団パワーを利用して政治的な野心が出てくるのではないでしょうか。 李洪志:江沢民総書記が最も恐れているのもその点ではないか、と私も推察しているのですが、少なくとも今の我々には全くそのような野心はありませんし、また『法輪大法』の教えそのものも完全に正反対のものです。

哲学 · 25日 4月 2020
我々は「病気治療」とか「健康保持」などといった現世の御利益みたいなことは、絶対に標榜しないことにしているのです。その代わり本当に修練を積んで、心性を高め、より高い次元に昇ろうと志している人々に対しては、「丹田」(Dantian)に法輪を植えてあげるとか、全く相手を差別することなく、私は何でもしてあげます。 そして、その結果、必ずといっていいくらいそのような「修練者」(プラクティショナー=ディサイプル)の健康状態は良くなり、結果的に病気も治っていきます。
哲学 · 24日 4月 2020
今から約2000年前、イエス・キリストと呼ばれる救世主の一人が登場した。彼は、いろんな奇跡を行っていることは事実である。しかし、そのようなものは他の呪術的方法でも、たまに成功するという例があることによって、すべての人たちはイエス・キリストを救世主として信じなかった。

哲学 · 24日 4月 2020
そして、このカルマの構成の集積が何かというと「戦争」である。よって、戦争における新兵器はどんどんどんどん開発され、例えば、原爆・水爆等の、光ることによって肉体がただれ、そして内臓が焼け、乾きと飢えによって苦しまなければならない。あるいは完全に焦がされるといったような現象が生じる。
哲学 · 24日 4月 2020
今から四日前、アストラル世界において、放射能を浴びるヴィジョンを見た。これは97年から2001年にかけて必ず起きるであろう核戦争の疑似体験であると考えている。そのときわたしの状態は、端から見て何の変化もない。 しかし、自分自身では明らかに放射能の影響を受けているという体験であった。周りに数名の弟子たちがいて、数名の弟子たちは一部ただれが起きていたりといった状態があった。 間違いなく、最終戦争と呼ばれる戦争は起きる。しかも、それは97年から2001年の間に必ず起きる。戦争のポイントはどこか。それは中東である。そして前回行われた湾岸戦争は、その模擬戦争であると考えるべきである。(92年9月27日 富士山総本部)

さらに表示する