社会/文化 · 15日 1月 2020
2019-2020年香港抗議デモ中に抗議者たちが使用した戦術と方法の解説です。
社会/文化 · 09日 1月 2020
「台湾アンダーグラウンドカルチャー」は、台湾のアンダーグラウンド・シーンで活躍する台湾在住のアーティスト、および海外のアーティストたちで構成される文化圏。画家、イラストレーター、マンガ家、現代美術家、写真家、人形作家、モデル、ミュージシャンなどジャンルは多様。...

社会/文化 · 07日 1月 2020
「2019年香港抗議デモ」は、香港議会が提案した2019年逃亡犯条例改正案と呼ばれる修正法案の導入に対する反発からはじまった香港の一連のデモ活動。 2019年6月9日の「103万人デモ」、同16日の「200万人デモ」以来、現在も進行中の大規模なデモ活動である。 法案が可決した場合、台湾や中国本土で犯罪を犯したものが香港が逃げ込んだ場合、香港当局は犯罪逃亡者を拘留し、本土に引き渡すことが可能となる。 香港人たちは、この法案は香港居住者や訪問者を中国本土の管轄権にさらすもので、香港の自治権や市民の自由を損なうことを懸念した。 抗議活動の進展につれ、抗議者たちは「5つの要求」を議会に求めた。要約すると警察によるデモ参加者に対する不正行為や暴力行為を罰することや、2014年の雨傘運動以来停滞していた普通選挙による民主的政治の再開が含まれる。 中国中央政府は、1997年の返還以来「香港で最悪の危機」と抗議運動を表明している。
社会/文化 · 07日 1月 2020
2019−2020年香港抗議デモ芸術は、2019-2020年香港抗議デモで活動家や芸術家たちが使った作品、絵画、音楽、そのほかさまざまな芸術表現のこと。2019年から現在にいたる香港で発生した抗議デモとその内容を多くの人に知ってもらうための戦術的芸術。 ストリート・アートと同じく政治的メッセージが強く伴うが、ストリート・アートのように個人を主張するような傾向は見られず、そのため代表的な芸術家は存在しない。 抗議芸術を制作した芸術家は共通で「宣伝グループ(中国語:文宣組)」と呼ばれ、ほとんどのメンバーは匿名で活動している。

日記 · 07日 1月 2020
世の中の大半の人が、食べることが好きなことあらためて知って、マイノリティティ感を感じる。みんな本当に食べ物の写真撮っている。私は腹さえ膨れれば何でもよく、写真なんかも撮影したいとも思わないので食事に関心ないのだろう。...
漫画/挿絵 · 06日 1月 2020
リトルサンダー(1984年4月17日生まれ)は香港を基盤に活動している漫画家、イラストレーター。中文名は門小雷。 高校卒業後、香港の雑誌やイラストレーションや漫画を描いて活動を始める。その後、Instagramなどインターネットプラットフォームを積極的に活用して作品を発表し、多くの支持を得るようになった。 2019年7月に作品集「SISTERHOOD」(玄光社)を日本で出版。わずか3ヶ月で3刷りとなるほどの好評を博した。作品集の発売に合わせて、原宿のギャラリー・ルモンドにて「個展「PEEK」を開催。 また、同年7月に6年ぶりに漫画作品「WAKAME AND WAVE AND INFINITY」を香港で出版。長らく漫画活動を停止していたが、本作を機に漫画家再起を誓った。

社会/文化 · 03日 1月 2020
山本太郎(1974年生まれ)は日本の政治家。れいわ新選組代表。兵庫県宝塚生まれ。高校1年生のとき、民放バラエティ「天才・たけしの元気が出るテレビ‼」に出演。独特のダンスでお茶の間の人気者になる。その後、本格的に芸能界に進み、俳優としてキャリアを築く。 2011年3月11日に東日本大震災が発生し、東京電力福島第一原発がメルトダウンする悲惨な事故にショックを受けた山本は、「反原発」の運動に身を投じるようになる。長年所属していた芸能事務所を離れ、のちには自ら政界入りをめざした。 2012年12月の衆議院選挙で東京8区から初めて立候補する。主に反原発、反TPP等を訴えて約7万票を集めるも、次点で落選。翌年2013年7月の参議院選挙で東京選挙区で立候補し、66万票を集めて4位で初当選。 はじめは無所属で活動していたが、のちに小沢一郎らと合流する。6年後の2019年4月、小沢氏がいる自由党を離党し、ひとりで政治団体「れいわ新選組」を立ち上げる。 その後、評価の高い街頭演説が話題を呼び、SNSを中心に着々と支持を広げ、2019年の参議院選挙では党として比例区で228万
社会/文化 · 30日 12月 2019
「2019年抗議デモ」は、2019年に世界中で巨大な街頭抗議デモが継続して行われた現象のこと。「2019年グローバル・プロテスト・ウェーブ」とも言う。 米ワシントン・ポストのジャクソン・ディールは2019年を「ストリート・プロテストの年」と定義し、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのジュリー・ノーマンは2019年を「動員の級」として歴史的に注目すべき年だと述べた。 英ガーディアン紙のミファエル・サフィは、2019年10月下旬の抗議デモを「今日、この1ヶ月で世界中の都市のストリートで起きている抗議デモは、どれも似たようなさまざまな引き金や燃料を宿している」と説明した。

日記 · 27日 12月 2019
「山田賞金王決定戦競争」は年に1度、これは面白い、気になった、これから来るだろうと思うものを6つ紹介するページです。人物だったり、作品だったり、イベントだったり選定ジャンルは特に決まっていません。
日記 · 12日 12月 2019
2020年に向けてギリギリ現在と未来の記事「2019年グローバル・プロテスト・ウェーブ」と「2019年香港抗議デモ」をアップ。

さらに表示する